我が家の雪祭り

今朝、綾花の学校で知人が

「札幌の雪祭りの様子をグーグルで見たんだけどね、、、、一面の雪だるまが凄かったわよ〜」

って話しかけて来た。これを発したのはアメリカ人で、もちろん英語だったけど。

世の中、グローバル化されボーダレスな時代だけど、まさかアメリカ人から私の国のイベントの話をされるとは、、、、それにしてもこの言葉を発した彼女は

「この時期、日本の寒い地域では、雪祭りなんて粋な事したり、フィンランドでは、サウナで暖まった後、冷たい湖に飛び込む、なんていうことしたりして、寒さを楽しんでいるのに、この地域の人たちったら、家の中でピッザを食べてフットボール観ているくらいしか楽しみがなくて、情けないわよね、、、」

と、もっとすごい事を言い出した。確かに、外国からやって来た私には、そういう事をいう資格というか、そういうものがあると思うけど、この地域で生まれ育ったアメリカ人からそんな意見を聞くとは、、、なんだか不思議な感覚を覚えました。

さてさてそんな会話で1日が始まったので、学校から帰宅した綾花と、おいしいものばかり食べてまったりしていても気が引けるので、雪祭りと称して、折り紙で雪の結晶を色々作って窓に飾り付けました。本当の雪の結晶の様に、ユニークな形のものがいっぱい仕上がり、次はどんなのが出来るか?と2人で夢中になりました。

この結晶の作り方は、http://www.origami-club.com/xmas/snow2/snow2/index.html こんなのを参考にして、作りました。皆さんも是非是非、お試しあれ!!

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。