ギャングエイジ

子供の成長に於いて、2歳から3歳頃に起こる第1次反抗期、そして12歳位の思春期から始まるのが第2次反抗期だということは、一般的な知識だと思う。しかし、この両反抗期の間にも、”ギャングエイジ” と名付けられた年頃があるんだそうです。個人差はあるけど、だいたい7、8歳くらいがこのギャングエイジと呼ばれているらしい。もう、、、、、よかったっ。何がって? うちの7歳半の娘の最近の生活態度の悪さにむかつきながらも、私の育て方が悪かったのかと自己嫌悪に陥ったりしていて、精神的なエネルギーが、ブラックホールに吸引されてしまったかの様な日々を送っておりました。

恥ずかしい話ですが、昨日も、朝起きて着替えを済ましたまでは良かったんです。そのあと、ヘアーバンドを頭にセットしても、思う様にいかない!と言っては大泣きして洗面所に立てこもる始末。結局、鬱憤ばらしに、自分の前髪をバサバサと切って、髪の毛がかなり変になってしまって、我に返った模様、、、、、朝からすごい白熱した娘ですが、私は、もう疲れきっていて、何も言えませんでした。最終的には、無視したのが良かったようで、その後は、けろっとして朝食を食べていました。

それにしてもねえ、すぐに泣いたり、怒ったり、(笑うってことはないなあ、、、、)この変わり様が凄いんです。ここ数ヶ月って所でしょうか。これって、私が土曜に仕事をしていて、綾花のバイオリンのお稽古への同伴が’出来なかったり、要望を満たしてあげてないからなのか、、、、、ずいぶん悩んでおりました。(今もそうだけど) でも、このギャングエイジの事を知り、少し気が楽になりました。正常な成長過程で一過性なものだといことらしいので。で、最近藁をもすがる思いで読んでいた、英語版の7歳児の心理学の本のサブタイトルを、冷静に読んでみたら、Life in Miner Key と書かれてました。なるほど、今の綾花は、短調系の音楽の様に、悲しげで惨めな年頃だわ、、、、それにしても、この親子共々辛い日々に終止符が打たれる日はくるのでしょうか?

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。