お小遣い

この冬休み、従兄弟の家にお泊まりにいく機会が多かった綾花は、年上のいとこ達がお小遣いをもらっていることを知った。そこで自分も、お小遣いを欲しいと、耳にタコができるくらい言い続ける、、、、、

お小遣い、、、、、これって結構難しい問題です。(我家では、、、、)第一の問題は、与える金額です。まずは、お小遣いについての一般的な平均金額と言うものを知らないし、何歳くらいからあげるのかも知らない、、、、加えて言うと、この国は、自主的な判断を行なう傾向が強いのと、貧富の差、価値観の差が大きいので平均というものがあってない。トニーに言わせると、月に年齢×$1くらいが相場では?という、、、、であれば、綾花は、$7ということか、、、、でも、我家では、綾花の文具、おやつ等必要なものは、買い与えているので、こんな大金が必要なのかしら? それに、ただ時間が経過するだけで、お金がもらえるってことにもちょっと気が引ける。

そこで色々話し合った結果、お小遣いをもらう為のチャートを作ることにしました。 普段から綾花の日常の業務としていい続けている、ベッドメイキング(朝起きたら、ベッドをきれいにすること)、朝晩の歯磨き、食後の食器の片付け、この3点は基本ということで、これが毎日出来れば、$1。その他、自主的にしたお手伝い(部屋の掃除、洗濯物をたたむ、食器洗いなど)、と日本語、バイオリンの練習については、ポイント制にして、取り組んだ時間や内容に対し、金額を加えていくことに決定。毎週日曜日にチャートを見ながら、お小遣いの金額を出して、支払う事にしました。この2週間で、だいたいの週平均は、$1.80。結局、トニーが言ってた相場、$7/月 に近い金額になりました。でも、単にお小遣いがもらえるのではなく、自分の責務を果たしてもらえるということで、親としても納得して渡す事が出来ています。

お金の教育、、、、、そろそろ本格的に始めた方がいいですね。どのように教育していくのか、、、、またまた親の課題が増えました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。