大晦日

私たちの住むアクロン市では毎年、市の中心地を会場にした、The First Nightというイベントで大晦日の夜をお祝いします。我家では、ここ4年、大晦日はこのイベントに参加するのが恒例になりつつあります。1ヶ月程前からアクミというスーパーで売られているThe First Nightのバッジを胸につけていれば、市内を徘徊しているバスには、乗りたい放題、至る所で行なわれているコンサート、ダンス、演劇、クラフト等も楽しみたい放題です。ちなみにお値段は、バッチ1個$10。大人は一人一個のバッジが必要で、12歳以下は、同伴の大人がいる場合には、無料です。このバッジは、大晦日の晩だけでなくとも、イベント前後1ヶ月間は、洋服に付けていると、市内のいろいろなお店やレストランでの割引特典もあるという事に、今年始めて気がつきました。

まず最初に図書館で「赤ずきんちゃん」の演劇を観てその後、クラフトが充実しているビルへ移動し、そこで3つのクラフトを制覇!☝で綾花が作っているのは、「夢を叶える枕」。クッションカバーみたいなものに、ハギレやレース、ボタンをのりでくっつけてデザインを作り、そのクッションの中に綿を入れる際、願い事を書いた紙も一緒にいれ、会場で忙しく働いている、ミシン係の人に封印をしてもらうというもの。綾花の願い事は、「ポニーキャンプに早く参加したい」という事だそうです。

願い事を叶える枕を作った後は、仮面作りです。これは、私も真剣に取り組んで作りました。

クラフトの後またまた図書館に戻って、コンサートを聴いたり、風船おじさんに風船で蝶々を作ってもらっているうちに、9時近くになりました。毎年、9時には、子供向けのカウントダウンが行なわれ、ミニ花火大会も行われます。あわてて、屋外にでてカウントダウンに参加し、真冬の花火を楽しんできました。

花火大会の後は、またまた図書館に。地元の演劇団による、「ネズミを学校へ連れて行ったら、、、」という演劇の会場で開始時間まで待っていたら、通りがかりのピエロがマジックショーを披露してくれました。この手のエンターテイナーは会場の至る所にいて、ふらっと歩いているだけでも歌を歌ってくれたりと、お祭り気分満載の大晦日です。この日は、ピエロの他、風船おじさん、世界一大きな小人、太鼓たたきのグループ等々に巡り会いました。

ところで、昨日までは気温が非常に低かったのですが、本日の気温は摂氏−1程度と、この地域にしては暖かな気温に恵まれ、イベントへの参加者も記録を更新した様です。ちなみにこのイベントへ参加している方々は、皆ボランテイアで行なわれていて、この不景気なご時世でも、多くの企業、団体、個人の人々が参加してくれたとの事。私とトニーも、綾花が大きくなって2人だけになったら、このイベントへボランテイアで参加しようか?なんて、老後の計画に花を咲かせておりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。