Notte Italiana

17日の晩、綾花の学校の小学生部門の生徒の企画パーテイー、Notte Italiana (イタリアンナイト)が開催されました。この企画は、小学生高学年(3、4、5、6年生)による経済勉強の一環で、回収したお金は、すべて春の遠足の費用に使用される予定だそうです。

パーテイーの企画には、イタリア人保護者が協力し、イタリア語フレーズのクイズやイタリア語による『イタリアンアイドル』(アメリカの人気番組、アメリカンアイドルのまね)、子供達が作ったアートのオークション、手作りクリスマスカード、ニューイヤーズカードの販売やら、、、、まあ盛りだくさんでした。このショーを見ながら、夕食も提供されました。そのメニューはというと、オリーブガーデンの寄付によるサラダ、マカロニグリルの寄付による、ミートボールパスタ、そしてデザート(冷凍食品セクションで売られているクリームパフ)が出され、ゲストは、夕食を頂きながらショーを楽しめると言うもの。ちなみに、大人1人につき$10がチケット料金でした。

この日は、私も料金を支払って夕食を頂きましたが、子供達のショーにも加わり、食事中に立ったり座ったり、、、、まあ落ち着かない状態でありました。

イタリアンアイドルの幕開けに、綾花と私は、イタリア民謡「サンタルチア」の2重奏を披露しました。

ショーの最後は、ここ1ヶ月間早朝練習を重ねて来た、子供オーケストラによる「ジングルベル」の合奏です。これまで、5回程練習した甲斐あり、皆なんとか弾けていました。

翌日の料金集計結果報告によると、なんと一晩で$3000近くの収益が上がったとの事。まあ、オークションで、子供の折り紙の作品に$100近く出す人が続出したので(私は、掛け金$20までがいい所でした、、、)まあ、それくらいは、集まって当然ですね、、、、、春までにもう一度、このようなイベントを行う予定ですが、なんとなく話が、日本関連になっているようで、、、、いつ声がかかるのか、ちょっとびくびくしている私です。

ちなみに、小学校高学年の子供達の経済勉強は、集まった金額の予算を元に、皆で話し合って遠足先を決め、実行して終了となる、なかなかユニークな勉強法です。これも、小さな私立校の特徴と言う所でしょうか。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。