次女のゆとり

先日出かけたグレートウルフロッジにて、綾花と私は、もの凄いけんかをした。そのけんかを、一緒に連れて行った5歳の姪は、間近で目撃したのだが、、、、、

今日、その姪の母親、ジェニーと電話で話をしたので、姪のセラは私たちのけんかにさぞかし驚いただろう、、、と言うと 意外にも、セラは何も話していないという。私は、恥かきついでに、そのけんかの内容を一部始終話して聞かせると、意外な反応が。

「その程度の事なら家も毎度の事で、セラも見慣れているから、驚きにまで至らなかったのよ、きっと」

なるほど、、でよく考えてみると、けんかを目撃していたセラは、目撃するだけでなく、非常に賢いコメントをこぼしていた。そのコメントとは、綾花が、『家出してやる』と言うので、「どうぞどうぞ、勝手に出て行って、警察に捕まりなさい。そしたら、孤児の施設に入れられるか、里親の元に連れて行かれる事になるんだから」といった所でセラの賢いコメント。

「里親って、子供の事等これっぽっちも愛していない人が多いんだよ。でも、州がお金をくれるから、その為に里親をやっているんだって。」

このことをセラの母親に話すと、実はこの会話、ジェニーと長女(セラの姉)の間で日常茶飯事に交わされている会話だとか、、、、、次女って、長女と母親のぶつかりを観察する機会が多いから、親の説教言葉を上手く使うんですよね、、、、で、子供が一人しかいない私には、1人目と2人目の子供の違いがどんな物なのか(母親の立場から)知らないので、この機会に色々聞いてみた。ジェニーの家の場合、次女は、とにかくお母さんを喜ばせる言葉使いに長けていると、、、で、長女とだったら確実にぶつかりあう様な事も、さらりと交わしてしまう事が多いんだとか、、、、これは、性格というより、生まれた日からの環境から組み込まれた技術としか言いようがないと、、、、なるほど、、、、そういう私も要領のいい次女であります。何となく分かるわ、、、、セラの衝突回避技術、、、、、

でも今は、そんなことに納得している場合でなく、綾花との衝突をいかに避けるか、、、、こちらの問題を解決する事の方が重要なんだよね