ポニーキャンプ

 この夏 体験だけのつもりで参加したポニーキャンプが、この秋の綾花のアクテイビテーのひとつに加わりました。この1件、ポニーに乗っている綾花の笑顔に感激したトニーの後押しが非常に強かったんです。

 乗馬において綾花は、以前 大きな馬を所有している方から個人レッスンを受けた事が数回あったのですが、乗馬中すごいスピードで走られて以来、馬を好きな気持ちと、体が自然に拒否する状態が続き、その後馬に乗っても恐怖感でいっぱだったんです。でも、なんというか、それを克服したい気持ちが彼女の中にあったのは確かで、この夏ポニーキャンプに出会えたのは、本当に運が良かった♡ 小さなポニーにまたがって、自信を取り戻す事が出来ました。

 ポニーキャンプでも初日の開始前は非常に緊張していた様子だけど、レッスンが終わったら、「これまでステイブルのにおいを嗅ぐと緊張したけど、今は、このにおいを嗅ぐとすごく落ち着く」と言った程でした。それにしても、においが感情を左右するその感覚、私は、忘れかけていました。

 さてさて、夏のポニーキャンプ後も引き続き 週1回、ポニーレッスンを継続中です。なんと言っても、ポニーレッスンは、7歳までという規約があるので、来年は参加出来ませんからね。それまで、参加出来るだけ参加したいのだそうです。現在のレッスンは、5週間のプログラムですが、このプログラム期間中に綾花にあてがわれたのは、ロッキーというちょっと気性の荒い雄のポニーです。

DSC06780

毎回、鼻で挨拶するロッキー。☝

 

DSC06796

 ロッキーは、泥に寝転がるのが好きなのか、いつも泥だらけで、乗馬前のグルーミングの際には、体中の泥を落とし、ぼさぼさのたてがみをとかすのに、すごく時間がかかります。そんな手のかかるロッキーですが、綾花はうれしそーに、ロッキーの世話に勤しみます。そんな風に日本語やヴァイオリンも頑張ってくれたらなあ、、、、とぼやいたら、「バイオリンは30年、日本語は10年経ったらやめるけど、乗馬は、一生やめない。私の人生だから、お母さんは、私が決めた事に口を出さないで!」とおっしゃる。バイオリンも、日本語もそんだけ続けてくれたら、万々歳です。で私は、「一生乗馬のお金、払わないからね。18歳過ぎたら、どこかでバイオリン弾いたり、日本語教えてお金を稼ぎなさい!」と建設的なアドバイスをしておきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。