ハメハメハ大王

 普段はクラシック音楽ばかり聞いている私ですが、先週は、日本の童謡を聞く機会が多かったです。実は、週に1度、日本の子供達を面倒見るお仕事をさせて頂いているのですが、そのお仕事が、夏休み明けで再会されることとなり、頭の切り替えを計る為に、日本の童謡を聞く環境を自らつくっていたんです。

 で、もの凄く素晴らしい歌に出会ったんです。それが、「ハメハメハ大王」。その中でも特に私の心を奪った部分がここ

♪ロマンチックなおうさまで

風のすべてが かれのうた

星のすべてが かれのゆめ♪

なんて素敵な王様なんでしょう! 思わず胸が高鳴り、目がハート。まだ見た事もないハメハメハ大王への思いは 募るばかりです、、、、が、王様には、既に奥様がいらしたんです

 ♪とてもやさしいおくさんで

朝日のあとにおきてきて

夕日のまえにねてしまう♪

もージェラシーで目に炎がメラメラメラ。王様の奥様であるだけでなく、私の理想の生活をしている!

 童謡を聞きながら、ずいぶんと私の心は、かき乱されました。やはり言葉のある歌は、いかん!そこで、我家のバックグラウンドミュージックは、またまたいつものクラッシック音楽に戻った訳です。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。