Summer Vacation 2日目 その1 Saugatuck Down town

まずは、宿泊先のお話。

昨年同様、今年も Beachway Resort  http://www.beachwayresort.com/    に滞在しております。 このホテルは、ダウンタウンには、川を渡れば行け、湖のビーチへも徒歩20分程度、そして何よりプールがついている事とキッチンつきの部屋があるのが決め手でした。 (やはり、外食の回数を控える事が、節約に繋がりますからね。)

dsc06234

キッチンには、食器、シルバーウエアー、料理道具一式、キッチンタオル、食器洗い用洗剤とスポンジが揃っていて、ある程度の料理なら問題なく作れます。私が自宅から用意して来たものは、ソルト&ペッパー、オリーブオイル、テイーバッグ入りのお茶、ジップロック、小さいタッパウエアーです。これらを用意して来たおかげで、1日目の買い出しの際、余計なお金を使わずにすみました。もし来年も似た様な状況になるなら、ステーキ用のシーズニングと、アルミフォイル、小さい炊飯器(+お米)も持ってくれば、かなりのものまでこなせそうです。 我が家の場合は、プール遊びの後の小腹が空いたときには、おにぎりが一番ですから、、、、

 

2日目の朝は、ホテルのロビーの用意されていたドーナッツとフルーツに、キッチンで用意したベーコン、スクランブルエッグ、サラダを加えた朝食を、お部屋でいただきました。 その後、ホテルのプールで一泳ぎ。 やはり、お部屋で食事が出来るのは、子連れにとっては、かなりフットワークが軽くなるので、グーっ!です。ところで、このホテルには、1年振りに戻った訳ですが、綾花のプール遊びの様子を昨年と比べると、この1年の成長が手にとる様に分かります。昨年は、深い所には、怖がって行けなかったのに、今年は、足が届かなくたって前々平気。こういう変化に気づかされるのは、親としては、うれしいものですね。

 

プール遊びが一段落した後は、川の向こう岸にある、ダウンタウンに向かいます。ダウンタウンへは、この町名物の、チェインフェリーに乗って出かけるのが一番の早道。その他、送迎バスや自家用車使用という方法もあります。

dsc06201

チェインフェリーは、川の両岸をつなぐチェインを川底に沈め、そのチェインをファリーについたギアーに通して、フェリー上でハンドルを回してあっちへこっちへと行き来する渡し船の様なものです。(自転車のペタルを漕ぐような感じです。)

 

昨年、花瓶を購入したお店の中庭です。今年は、お買い物は控えようと、素通りする予定でしたが、素敵なお庭は無視出来ず、ついつい写真撮影です。

dsc06216

 

昼食は、昨年も来た、Punper Nickles (パンパーニックルス)      http://www.pumpernickelssaugatuck.com/   にて、ハンバガーを頂きました。ボリュームたっぷりで、これを食べたら午後のアクテイビテーもなんなくこなせる!と思いきや、お腹がいっぱいでいい気分となって、いい昼寝が出来ました。(私だけ)

dsc06217

 

アートの町、Saugatackなので、町中にもアートがいっぱい。子供達も気軽に触れ合えるのが、これまたいいですね。

dsc06221

dsc06224

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。