Are You My Mother?

Dr.Suessの絵本に、幼児向けのお話で Are You My Mother? という可愛らしいお話がある。 ママバードがえさ探しに出かけた間に、ベイビーバードが巣から落ちてしまい、そこからママ探しの旅が始まる。 ベイビーバードは、出会う動物達1頭1頭に ”Are You My Mother?” とたずねる。 で、たずねられた動物は、”No,I am not your mother. I am a cow.” といったパターンで話が進められていく。 

このお話は、私にとって非常に思い出深いものがある。 綾花が3歳近くの頃よく読んであげたお話なんだけど、この話の中で、ベイビーバードが出会う犬に似た、大きな犬のマスコットが、一時、オールドネイビーという洋服屋さんに展示されていた。ある時綾花とこの洋服屋さんに買い物に出かけた時、洋服探しに夢中な私の耳をかすめる、我が子の不思議な言葉、 ”Are You My Mother?”  ”Are You My Mother?” そこで、「おかあさんは、ここよ」と言っても、私の事等一向に気にしない我が子。で、綾花が一生懸命語りながら見上げる先を見ると、大きな犬、、、、「あっ」と気がつくと同時に、私の顔は、笑顔でいっぱい。 だって、綾花は、 ”Are You My Mother?” のお話のベイビーバードになりきっていたのですから。 絵本の読み聞かせの思い出の中でも、特に私のお気に入りの思い出です。

 

ところで、なんでこんな昔の話を掘り起こしたかと申しますと、今日、また ”Are You My Mother?” 現象が我家に起こったんです。それは、朝一番のブレイデイーの散歩の後半に起こった出来事でした。お散歩も後半にさしかかり、ブレイデイーもかなり落ち着きを見せ始めたころ、ちょっと先の歩道の真ん中に棒立ちしているロビンを発見。私たちから見ると後ろ向きだったので、それがベイビーバードとも思わず、もうちょっと近寄れば逃げるだろう、、、、と思いながら歩き続けても全然逃げる気配無し、、、、、で結局鳥の真横に来てしまいました。そうなるとブレイデイーは、においを嗅がずにはいられません。ロビンの頭にそっと鼻を近づけると、ベイビーは、お口を大きく開けて食べ物を要求してきます。まだまだ、お母さんの区別がつかない赤ちゃんだったんですね。ブレイデイーは、興味津々、赤ちゃんは、「えさくれ〜えさくれ〜」 でも次の瞬間、木の上から、「ピーっピーっ」と警告する様な強い鳥の声。そう、ママバードが怒っていたんです。何となく、ママバードの頭の毛が逆立っている様な、、、、、、、、、そんなわけで、匂いを嗅ぐのに名残惜しそうなブレイデイーを引っ張って、我ら退散。 で、そのあとすぐに、 ”Are You My Mother?” のお話を思い出した訳です。この絵本は、私にとっては、思い出の宝の様な本になりつつあります。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。