今年の夏は、アートです

 日本と比べたら、嘘の様にながーいアメリカの夏休み。元は、ファーマーが多いこの国だったので、何かと仕事が忙しくなるこの時期に、子供達を畑で働かせる為に、こんなに長い夏休みになったのだという事だそうです。農業に携わっていない地域では、夏休みをもう少し短くしてもいいのではないかな、、、、というのが私の意見。まあ、親としては、そちらの方が断然有り難いわけです、、、、

 まあ、こんな願い事を言った所で、今すぐ叶うわけでもなし、、、、、、やはり夏休みの子供相手は、避けられない運命なんです。この夏は、今の所うんとまったりしています。なんだかやる気が出なくて、、、、、綾花も特に通う所もなく、毎日、朝ご飯の後、45分間の犬の散歩をして、そのあとバイオリンの練習、後は自由にやりたい放題。で、こういう自由を与えられ彼女が率先してやりたがる事は、物作りや絵の具のお絵描きです。学校のあるときは、アートに2、3時間も没頭させてあげられないので、この夏は、好きなこと存分にさせてあげる事に決めました。

dsc05494

 横1メートル以上もあるこの大きな紙に、思い切り描きました。おかげさまで、私のアクリル絵の具、すべて使用されました。で、本人は、小さい頃使っていたウオッシャブル絵の具と思い込んでいて、洋服にも絨毯にも、はたまた髪の毛にも、、、、絵の具を思い切り飛び散らせて豪快に作業を続けていました。が、アクリル絵の具って、使用の手軽さは、水彩絵の具っぽく、仕上がりは、油絵の具って言うのが特徴の絵の具なので、乾いてしまうと、かちんこちんに固まって、なかなか落とせないんです。絨毯は、シミが残っていますし、髪の毛は、切りました。それもアートという事にしておきましょう。

 

 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。