One at a time

 先日 「フィンガルの洞窟」というタイトルで日記を書きましたが、最近、なんだか、メンデルスーンについてよく耳にすると思ったら、今年の2月3日が、彼の誕生200年だったそうな、、、、この週末は、私の知っている限り、2カ所で、メンデルスーンのコンサートが行われる。我家では 多分、ウースターシンフォニーのヴァイオリン協奏曲を聞きに行くと思う。これは、私の特に気に入ったオーケストラ曲なのでかなり楽しみです。

 

 ところで昨晩、テレビで ニューヨークのハーレムでここ30年、貧しい子供達にヴァイオリンを教えている女性の特集をしていました。(この方の生き方は、「Music of  the Heart」というタイトルで映画にもなりました。)番組の中で、彼女は、ヴァイオリンは非常に難しい楽器であること、だからこそ、細かい課題を丁寧にじっくりこなして行くことによって、1曲弾ける様になり、それが子供達に大きな自信と達成感を与えると、語っていました。 私は子供ではありませんが、大人の私も、経験上、誠にその通りであることを実感しております。

 この方のおっしゃらる細かい課題、これは、本当に忍耐が必要とされます。 例えば、たった5章程度のパッセージでも、まずは、弦を押さえる左手の指の動きを筋肉に覚えさせる為に、100回、200回は弾きます。その次に取りかかるのは、右手です。弓の振り方も楽譜に書かれているので、その通りに振れる様、覚えるまで何度もひきます。そして音楽全体として強弱を入れる作業が続きます。そうこうしているうちに、暗譜は出来るものですが、最終的に弾く時には、楽譜を見ないで弾く所まで持って行きたいものです。

 課題を与えられるたびに、この作業の繰り返しなのですが、やはり曲が弾ける様になるのは、非常に嬉しいもので、読んでいると単調で詰まらなそうな練習も、結構はまるものです。

 

 One at a Time (一度に1つ)この言葉は、綾花の練習の時にも、最近アルバイトで始めた、コーチングでも、自分自身にもいつも言い聞かせるのですが、なんでも1つづつ、じっくりこなす事が上達への第一歩です。毎日5分で、続けていれば、必ず結果がみえてきます。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。