初のマスタークラス

 昨晩は、定期的に行われている、ジュニアーミュージッククラブのミーテイングに出かけてきました。このクラブは、アクロンにあるチューズデーミュージックという、クラシック音楽のコンサートを主催する団体が、クラッシック音楽を勉強する子供向けに提供しているクラブで、メンバーは、クラブ主催のイベントに参加出来るほか、この団体主催のコンサートには、メンバーは無料、保護者は、$10という破格の値段で入場出来ます。

 昨晩は、ハウスマンカルテットというグループによるコンサートと、ストリング(弦楽器)を習う生徒向けのミニマスタークラスが行われました。このクラスに参加したい生徒は、事前に申し込む必要があるという事で、綾花も10日前に意を決して申し込みました。選んだ曲は、最近取り組んでいる、ゴセック作曲のガヴォットです。私くらいの年齢層なら、昔のコマーシャルで、♪タイガーボードは、火に強い♪という音楽と言えば、ピンと来ると思います。

 ところで、マスタークラスというのは、生徒は、自分が仕上げた曲を弾き、その場で先生の手ほどきを受けるというものです。パールマンやマキシムベンゲローヴなんかもよくやっていますが、これくらいのレベルになると、参加する生徒たちの実力もかなりのもので、綾花の様な経験の浅い生徒でも、こういう体験が出来るのも、このクラブの素晴らしいところです。

 さて、ハウスマンカルテットとは、オハイオのケントという街をベースに活動しているグループですが、昨日、これから数年カルフォルニアに一時的にベースを移す様な事言っていました。 何はともあれ、全米をコンサートで渡り歩いているプロなので、音楽は、素晴らしいものです。また、昨晩は、特に子供向けの設定だったためなのか、会場にステージがあるのにも関わらず、私たちが座っている目の前で演奏してくれました。そのため、各アーテイストの楽器を弾く姿が非常に間近で見られ、とても感激しました。で、私の目は、もちろんヴァイオリンに釘付けだったのですが、ヴァイオリニストの一人のボウイングに、若干気になる箇所を発見。これは、最近綾花も同じ様な癖があり、ただいまそこを徹底的に矯正しているのですが、演奏終了後、綾花がひそひそ声で、「あの人のボウイング、ちゃんとなってなかったよね、、」と言ったので、自分の事棚に上げて、、、、と思ったものの、笑ってしまいました。

 さてさて、マスタークラスの時間になると、余りの緊張で、綾花は弾くのを拒んでいましたが、最初に7歳の男の子が、同じ様なレベルの曲を弾いたので一安心して、演奏に臨めました。綾花の様なレベルの子供には、非常に優しく手ほどきしてくれるのも、何とも有り難いものでした。ゴセックのガボットは、弦を挟んで弾くのが多いのと、1/16音符が連続であるのが難関なのですが、ここ3日程、この点を徹底的に練習した甲斐あってか、これまで弾いた中でも特に素晴らしい出来映えでした。先生から、「リズム感が非常によい」というお言葉を頂き、私もそう思っていたけど、やっぱりそうだよねって感じでとても嬉しかったです。(親ばか許して〜) また、コンサートに同行したトニーともしみじみ話したのですが、あの場で弾くということは、かなりの勇気がいる事で、我が娘ながら、よく出来たなあ、と2人して感心してしまいました。(またまた親ばか、許して〜_

 コンサート終了後には、ハウスマンカルテットのメンバーの一人、ビオラ担当のアンジェラさんが、綾花に話しかけてきてくれ、「とても素晴らしい演奏だったわ。これからも練習を怠らない頑張ってね」と励ましの言葉をかけて下さりました。こういう言葉、特にプロの方からの言葉であればなおさら心に残ります。今回の演奏を糧に、これからもまたまた練習に励んで行こうと、母娘で誓った次第であります。

広告

雪山遭難シュミレーション

 寒い寒い。もう、天然冷凍庫になって数週間? これまで降った雪は、溶ける事もなくそのまままで、さらにスノーストームでパワーアップ。一面見渡す限りの雪景色です。それにしても、今年は、なんだか雪も多いし、長い事低気温が続いている。先日、DCで開催予定だった、アルゴアーに寄るグローバルウオーミングの講演も、スノーストームのためキャンセルされてしまった。(説得力ありましぇーん)

 こんな寒い毎日ですが、犬の散歩は欠かせません。さすがに1時間なんて言う長時間の散歩は、無理ですが、それでも1日2回、30分ずつ歩いています。 しかし、30分と行っても、歩く距離は、たいしたことなし。なんと言っても、深い雪の中を歩かなければ行けない事が多いので、30分で体力使い果たしてしまいます。 
 
 昨日は、隣の公園の、銀世界に足を踏み入れたが最後、、、、、犬は、喜んでいるのかなんなのか、ぴょんぴょん跳ねて、私を引っ張り、私は、膝まで雪に埋もれながら、ぜいぜいいいながら歩きました。野球場のど真ん中まできて、「この銀世界を独り占め!」なんて思って胸を弾ませたのもつかの間。その後、園内を横切って家路につこうと歩き出したものの、ものすごい疲労と、おまけに雪に反射した日の光が眩しすぎて、めまいが、、、雪山で遭難する人ってこんな感じなんだろうな、、、と思い、さらに、最近読んだ、砂漠で遭難した人の回想録を思い出し、砂漠で遭難するのと雪山で遭難するのは、どっちがましかな?なんて真剣に悩んで、なんとか公道までたどり着けました。

 普通の住宅街にいながら、遭難の恐怖を垣間みることができるなんて、自然とは、偉大なものであります。恐れ入りました。

どんぐり倶楽部 〜我家風にアレンジ〜

 昨晩からの雪で、本日は、今シーズン3度目の休校となりました。雪は、昨晩から始まって、今日1日降り続く模様。早朝4時に出勤したトニーは 仕方ないとして、私と綾花は、どこへも出かけず家にこもっております。

 こんな風に 降って湧いた休日は、のんびりしながらも、色んな学習に取り組めます。なんと言っても普段の週末には、トニーがいるので、どうしてもコンピューターとかテレビとか使ってしまい綾花の気が散る要素が多いので、じっくり何かに取り組む時間がないんですよね。

 さて今日は、思い切り朝寝坊したあと 簡単な朝食後に取り組んだのが、夏休み以降、余り手を付けていなかった 「どんぐり倶楽部」のプリントです。どんぐり倶楽部は、ウエッブサイトで見つけた学習サポートサイトですが、ここで得た子供への具体的な教育哲学は、我家の家庭教育の大黒柱的哲学とも言えます。ちなみに、どんぐり倶楽部のサイトは、こちら。どんぐり倶楽部

 

 どんぐり倶楽部に関する内容に興味のある方は、上のリンクで直接サイトをたずねてみる事をおすすめします。 こちらでは、各年齢に会わせた学習方法を紹介していますが、綾花ぐらいの年頃の子供に暗記で知識を詰め込む事の危険性について、私に気がつかせてくれたのはこのサイトです。

 

 ここのおすすめの学習法で、特に私の目についたのは、算数学習です。ここでは、応用問題をとかせるのですが、問題の文章が非常にひねってある(学年が上がれば上がる程)ことと、問題を解くために、絵を書かせます。 問題を映像化する事が、抽象的な問題を具体的に解いていくという過程を、自然に身につけさせるのが狙いだと思います。どんぐり倶楽部のサイトには、サンプルの問題集が見られるようになっていて、もっと問題が必要な人は、購入も可能の様です。

 

 何でも、とりあえず自分でやってみたい私は、問題を自分で作っているのですが、これは、算数の学習以上に、日本語の勉強になっております。 自分で問題を作る事の長所は、問題内容を子供の身近な事に出来るので、想像もしやすくなります。また、子供が知っている漢字を入れたり、覚えて欲しい言葉を意識的に織り交ぜて行く事で、無意識のうちに国語の学習にも繋がる事です。

 

問題1

dsc04396

 上の問題では、私の誕生日を話題にしました。十月十日(とおか)の読み方が、新しい言葉です。ここで、二十日の読み方も簡単に紹介します。今の段階では、十日と二十日は、特別な読み方をする、という事だけ覚えていてくれていれば言い訳です。あくまでも目的は、書かれてある文が理解出来ることなので。

dsc04397

 綾花は、算数中毒といってもいいくらい、算数が大好きです。モンテソーリ式の算数の教え方は、ビーズカウントや積み木重ねなど、手先、視覚を多いに使った物なのですが、これは、プリスクールの時からの積み重ねです。小学生になるまでに1この積み木にもう1つを加えたら2になるという事を、経験で理解してきているので、足し算と言えば、それを数字に置き換えるだけなのですが、今の段階でも、そろばんににたビーズフレームという教材を使って、数を感触と視覚で脳に教え込んでいるわけです。

 

 そんな綾花なので、問題を解く際描く絵の何ともお粗末な事。どちらかと言えば、アート系に育てたつもりですが、こればかりは 遺伝子なのでしょうか?

 

問題2 この問題を作ったのは、昨年の秋頃でした。綾花がお寿司にはまって、毎週末お寿司を食べに出かけていたころです。でも、その後、どんぐり倶楽部のプリンに取り組む時間が無く、使うのが今に至ってしまいました。なので、使っている漢字もかなり少ないし、問題の内容自体が非常に簡単なものです。

dsc04398

dsc04399

 今日は、作りだめてあった5枚のプリントを、あっという間にこなしてしまいました。またまた、私の今週の課題が増えました。でも、ある意味、有り難い悲鳴であります。今後は、少しずつ かけ算問題も加えて行こうと思います。

お父さんの歴代大統領講座

 トニーは、物知りです。なんでそんなことまで知っているの?というくらい、くだらないことから、「私、天才と結婚したの?」というくらいすごいことまで知っています。で、物知り父さんは ここ数日、綾花の アメリカ歴代大統領についての質問におもしろおかしく答えてくれるので、私も大いに楽しんでおります。

 今日もお昼ご飯を食べながら、「ねえ、お父さんは、ジョージHブッシュ元大統領のこと知っている?」の質問に、張り切って答えていました。コネチカット出身で、第二次世界大戦のとき、航空隊として戦争にいた際、飛行機が墜落して母島に数日いたことから、戦争から戻ってテキサスに移住したいきさつなどなど、、、、で、大統領になって、湾岸戦争をおこしたなどなど、、、、、まあこのあたりだと、最近のことなので、誰にでも結構語れるものですが、非常に面白かったのは、レーガン大統領の話。 彼の家族構成から、その昔、プールだか海辺だかの救助隊のアルバイトをしていて、その間16人の命を救ったとか、、、、で、ジェリービーンというお菓子が大好きで、彼が大統領だった時、ホワイトハウスには、常にジェリービーンがおかれてあったとか、、、、、また、年老いてからは、アルツハイマーという病気になって、自分の家族も、自分が大統領だったことも、すべて忘れてしまったんだと。まあ、次から次へと、子供の興味をそそるような話題が出てくる出てくる。

 私が特に笑ったのは、ベンジャミン ハリソン大統領の話。彼は、歴代大統領の中でも、就任期間が数週間という短期間なのが特徴だそうですが、その理由は、といいますと、、、、、ハリソン大統領は、自分の声を聞くことが何よりも好きで仕方なかったそうです。で、大統領の就任式のスピーチで、自分の声に酔って、思わず3時間半に渡るスピーチを行ったのですが、余りの寒さの中で長時間のスピーチを行ったがために肺炎を煩ってしまい、それが原因で死んでしまったんだとか、、、、、あらまあ、な話ですよね。

 

 こんな感じで、歴代大統領の名前を挙げると、まあ雑学が出てくる出てくる。テレビを見ているより、遥かに興味深いです。綾花の興味も尽きたところで、いったん終了しましたが、また今度もよろしくね、と綾花に念を押されたため、ますます歴史物の読書に力を入れようと誓っておりました。 私は、もともと政治に興味などなく、歴史も然程興味がない(音楽史と美術史は別)ので、歴代大統領を覚えろなんていわれたら、たまったもんじゃない!ですが、こんな感じで、お茶目に紹介してくれると、親近感が湧いてくるものですね。また、トニーの話の上手いところは、その大統領の時代背景も何気に上手く紹介してくれるので、(例えば、馬が自動車の変わりだったとか、テレビがない時代だったとか)、想像がつきやすいんですよね。トニーの大統領講座を聴きながら、新たに惚れ直してしまった次第であります。ふふふ。

Keyliy the Clam

 昨日のランチは、ボンゴレビアンコでした。このメニューは、時間がない時のお助けメニューとして、我家では 週末などに度々登場するものです。

 で、これを食べた後、綾花は必ず、クラム(あさり?)の貝殻を残して、貝殻の瓶に保管します。子供って、本当に変な物を大事にしますよね。ちなみに、アサリの貝殻の他に集めている物はお菓子の包み紙、プレゼントのラッピングペーパーの切れ端等々、、、、

 

 で、こちらは、昨日のランチの後の収穫物。私がいつも買っている冷凍クラムは、中身の入っていない貝は、切り捨てられております。なので、対の物はありません。食後に、貝殻をよく洗って、タオルで乾かした後は、一通り並べて、一番可愛いクラムを探していました。どれを見ても、同じ様な貝殻なのに、それぞれの特徴を細かく観察します。 ところで、貝殻の表面に現れているでこぼこの線、この数で、木の年輪の様に、貝の年が分かるんでっすって。ご存知でした?それぞれの貝の線を 飽きもせず数えては、「これは、40才、これは45才」とか、、、、、貝1つで、相当時間がつぶせるのも才能ですよね。

 

dsc04394

 

で、そんな風に貝殻とたわむれる事、数十分。その中に、KEYというアルファベットに似た様な模様をしている物を発見。で、名前なんぞつけちゃいました。その名もKeyliy(キーリー)。

dsc04395 

 うーん、こうして、他の貝と区別して 名前なんかつけちゃうと、それなりに愛おしく見えてくる物ですね。不思議です。

脳のフル活用

 ここ2週間「脳の発達」についての本を読んでいます。うまれたての赤ちゃんから青年期を迎えるまでの人間の脳の発達と、それに伴う特徴的行動などが、ある程度の年齢層に分けて書かれてあるのですが、実に興味深い内容であります。ただ、英語で書かれているので、読書に時間のかかる事、、、、、(トホホ)

 

 ところで、なぜこんな本を読み始めたのかと申しますと(誰も聞いていないか)、綾花の学校の担任の先生に、三者面談の際、家庭に置いてのテレビやコンピューターゲームの視聴、使用時間がどんな感じなのか聞かれたので、なぜそのような事を聞くのか逆に質問してみたのがきっかけであります。 先生曰く、テレビやゲームは、脳の発達を後退させるものなので、出来る限り、子供達に触れさせないで欲しいということです。

 この点、もう少し詳しく書きますと、7才位までの子供の脳は、沢山の情報を個別に保存しつつも、同時にそれぞれ関連しているものが繋がっていく行為を繰り返し、必要な情報は、木の幹の様にどんどん太くなって行き、その一方、自分が生きて行く為に必要でないと思われる情報は、いらない木の枝を剪定する様に、何とも繋がる事無く、記憶からなくす行為が行われているのだそうです。 で、この脳の活動は、興味のある事など繰り返しているうちに、どんどん活発になりますが、テレビなど見ていると、活発化されないどころか、これまで集めた個々の情報を、何ともつなげる事無く消去してしまうのだそうです。ここで、ポイントなのが、脳を活発化させるのに、運動や手先を動かす事が非常に重要なのだそうです。

 で、余りに興味深い内容だったので、先生は、そういう事をどうして知っているのか聞いてみた所、今読んでいる本を薦められたわけです。

 

 で、先生のお言葉に加えさせて頂きますと、人間は、7才になるまでに、小脳から大脳へ情報をつなげる回線を作り終えるそうですが、この段階までに、大脳まで回線がつなげられないと、やがて思春期を迎えトラブルが発生するという事です。で、非常に興味深いのは、大脳までの回線を作り上げるのに非常に大切なのは、バランスの取れた栄養の接種は、勿論のこと、運動や手先を十分に動かす事なのだそうです。(加えて言えば、親の愛情もとても大事な要素だそうです)運動と知的な行為をバランスよく繰り返す事で、この回線は、どんどん太くなって行き、逆に、運動もなく、知的な事のみ(単なる暗記がよい例)の刺激を与えると、小脳のみの発達が進み、脳の発達の段階において、大脳を使う必要性をないものと見なし、回線を延ばさなくなってしまうのだそうです。

 

 自分の子供や周りの子供を観察していると、面白いくらい、皆同じパターンで行動します。例えば1才過ぎ頃から、棚の物をすべて出してみたり、持ってるおもちゃを落としたり、2−3才では、積み木やクッションなどを一列に並べる行為。4、5才位では、ちょっと高い場所から飛び跳ねる。5、6才では、ソファーの背もたれなどに立ってバランスをとったり、木登りしたり、くるっと片足で回転したり、、、、こういう行為は、脳を活性化させるために必要な行為で、いたづらなどと思うことは、いけない事なんですよね。

ぼくのウンチはなんになる?

 先日、スリランカに里帰りしていた友人から、お土産を頂いた。アメリカ人には、知人にお土産って言う感覚が余りないけど、私が仲良くしている友人たちは、外国籍の人が多く、彼女たちは、里帰りするたびにお土産を用意してくれる。そういう点で非常に親近感を覚える。

 

 ところで、スリランカ人のお友達は、よくゾさんの話をしてくれる。若い頃、スリランカのジャングルでキャンプをしていた時に、ゾウの縄張りと知らずテントを張って寝ていたら、夜中に警察がやってきて、ゾウに見つかったら命が危ないから、今すぐそこを撤退しなさい!と言われたとか、、、、私にとっては、本の世界でしか聞けないことを、面白おかしく聞かせてくれるのだ。

 

 スリランカでも、環境の破壊は、深刻な問題だそうで、ゾウの住んでいるジャングルが少なくなり、そこに住む動物達と人間社会間の問題が色々浮上している。 以前、食べ物を探している間にジャングルから遭難した子ゾウが、とある村に迷い込み人間に殺されてしまったことがあったそうだ。その後、その村にゾウの群れが押し寄せ、その村のすべてを踏み尽くし崩壊してしまったそうな、、、、今でもスリランカに語り継がれる、ゾウの復讐であったそうです。

 

 そんな問題の解決に繋がればと、ゾウのウンチをリサイクルして紙にするという発想が生まれた。草木を大量に食すゾウのウンチには、紙を作るのに適しているセンイが沢山含まれていることに目を付けたらしい。 何年か前に、日本の友人が、ゾウのウンチから出来たメモ帳を送ってくれたので、さっそくそれを友人に見せると、なんと彼女の旦那さんの友人が、その工場を経営しているのだという。 It’s a small waorl after all! とは、このことか!

 

今回の友人のスリランカ土産は、ゾウのウンチから出来た紙で出来た本、タイトルは、 「ぼくのうんちは、なんになる?」。 英語と日本語で書かれていているのを選んでくれたのも、嬉しい心遣いです。

この本は、スリランカの社会問題である動物と人間の間の問題が、どうして起こったのか、どうしたら解決出来るのか、その対策の1つとして、ゾウのウンチから紙を作るという発想が生まれ、どのようにウンチを紙に変えて行くのか、という過程を、分かりやすく説明した内容です。

dsc04388

暖かな紙質がいい感じです。

dsc04391

黒いインクのみのイラストも、単純ながら、非常に分かりやすくて気に入りました。

dsc04392

イラストのページの見開きに、日本語での訳が書かれています。事実を淡々と述べたお話。この単刀直入さが、魅力です。

dsc04389

この絵を見て、綾花は、泣いてしまいました。単純だからこそ、子供達の心に強く呼びかける内容だと思います。

dsc04390

 環境問題とその解決策を、シンプルに訴えかける内容のお話。綾花くらいの子供にも、ある程度の説明を加えたら、十分に理解出来るお話です。

前へ 過去の投稿