初心忘るべからず

 ヴァイオリンの発表会を2週間後に控え、1ヶ月程前から取り組んで来た課題曲も そろそろ仕上げを、、、、なんて思っていたら大間違いでした。 問題は、私の課題曲。 最近、弓を持つ右手首に、腱鞘炎を思わせるような痛みを感じていたのですが、弓の持ち方が、全くなっていなかった事が判明。 このことに最初に気がついたのは、先生でした。(当たり前か) 先生に寄ると、「音が全然なっていない!」ということで、私が弾いている際に、一つ一つの箇所をチェックしていったら、弓の持ち方だと言う事が分かった次第です。 

 バイオリンの弓の持ち方って ちょっと不自然で、正しい持ち方に慣れるまでは 「弓がいつ落ちるのか?」って不安でいっぱいです。でも綾花は、それを全く普通に持っています。やはり、始めた歳の差ですね。私には、あの不自然な持ち方を自然に変えられる、環境適応能力がないようです。

 そこで、今日のレッスンは、弓を正しく持った状態で、課題曲を何度も弾く事の繰り返し。ヴァイオリンを始めた頃の、弾いているうちに、いつ弓が落ちるんだろう?て不安が、頭の中に充満して、ほぼ完成の域に達していた課題曲のリズムがめちゃくちゃでした。こうなると、焦ります。でも、これって毎日続けるしか、この壁を越える手段はないんですよね。これから2週間(その後もだけど)、初心を忘れないに課題曲に取り組んで行きたいとおもいます。

 

 こんな私とは一変、綾花は 課題曲を早々に仕上げてしまったので、音に飾り付けを行なっているところです。音の飾り付けって、私が勝手に作った言葉ですが、感情的に盛り上がるところは、音をふるわせる”ビブラート”っていうテクニックを随所随所に組み込んで、よりいっそう素晴らしい音楽に仕上げていくこと。 こういうテクニックを使えるようになると、聞き手の心にも、深く印象に残るものとなっていきます。 で、先生から、「どこにビブラートを使えば素敵な音楽になるか考えてみよう」って、課題を与えられ、私も一緒に考えたのですが、2人の意見は、一致しませんでした。 で、前回のレッスンの際、私の提案と、綾花の提案の2点を用意して聞いてもらったのですが、先生は、綾花の提案に賛成でした。(かなしー) ヴァイオリンに関する提案は、そろそろ綾花も、私の手元から離れてもいいのかも、、、、、、そして今度は、私が後を追っていく身となるのだわ、、、、、

 

 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。