イタリアからのはがき

 先日(29日)に、イタリアから絵はがきが届きました。それは、私の母から送られた物でした。 昨年から計画を立てていた、私の叔母と母のイタリア旅行が、この秋実現され、21日からイタリアへ出かけて来たとのことです。驚いたのは、23日の消印で29日にアメリカに届いたという事。イタリアからの郵便物は、結構長く時間がかかるのが特徴で、私のイタリアンの友人ジューシーからの手紙などは、20%は、届かなかったりします。

 母からのはがきには、ほとんど意味のあるメッセージなどは、書かれていなかったけれど、とりあえず無事イタリアに到着して、壮大な建物に圧倒されているということが書かれていました。 でも母と叔母は、確かにイタリアに旅行しているんだと実感出来て、なんだか嬉しくなりました。ヴェネチアのサンマルコ寺院の絵はがきを眺めながら、自分が昔、ヨーロッパを放浪した頃の思い出に、ついふけってしまいました。 

 私は その昔、18歳から20歳までの2年間に、4回、1ヶ月以上のヨーロッパ放浪に出かけました。今思うと、よく両親が許してくれたものだと思います。旅行に出かけるたび、旅先からはがきを両親宛に何度か出した物ですが、イタリアからのはがきは、私が家に着く頃に届いた物でした。今までは、母が私の旅を心配する立場だったのに、今回は、なんだか逆だったので、不思議な気分です。

 

観測記録

 咳と微熱で、ブログなんぞ書いている場合ではないのですが,,,,今年の記録として、本日雪が降った事、書いておこうともいます。アクロンでは、舞った程度ですが、学校の駐車場で、北の方から通勤してきた先生の車を見たら、なんと1〜2センチ程度の積雪が観測されました。秋ももうさよならですか、、、、道理で、風邪なんか引いているわけだな、、、わし。

夜の授業参観

 昨晩は、”ペアレンツナイト”ということで、6時半から綾花の学校に出かけて来ました。 この会の主旨は、ここ3週間、子供達が取り組んで来た ”有名人物のリサーチ”の披露と、先生からモンテソーリ教育についての説明でした。 

 子供達は 自分たちが調べ上げた有名人物の仮装をして学校に登校し、父兄の前で、リサーチペーパーを読み上げました。読み上げた最後には、父兄宛に、自分が読んだ内容の中から、1つ質問を出すので、父兄も真剣に聞き入っていました。 ところで、この仮装、『家にあるもので済まして下さい』と先生からの手紙にあったのですが、皆なかなか、素晴らしいアイデイアで上手く仮装していて、ハロウイーンの仮装より見応えあるものでした。

ちなみに、綾花のエレノアールーズベルトは、すべて買った物で済ましてしまいました。(自宅で撮影☟)

(私の体調が良くなかったので、ぼーっとしていてカメラを持っていき忘れました。)

 

 子供の発表が一通り終ると、子供達は 別の教室へ移動し、今年新しく就任された担任の先生より、父兄の為に、分かりやすいモンテソーリ教育理念と、普段の授業内容についての説明がなされました。この学校の特徴は、教科書やプリントという物が一切与えられません。週に1度持ち帰ってるファイルにも、プリントは、2、3枚程度。子供達に、「今日は、何をした?」と聞いても、「算数のスタンプゲームレベル2だよ」という答えが返ってくれば良い方で、「。。。。。?」と子供にも答えられない様な事をやっている。 なので、日頃から疑問を募らせている父兄が多いのだろう。 先生は、算数に関するアクテイヴィテイーゲームを2種類デモンストレーションしてくれました。それは、いずれかけ算や割り算に繋がるものであるけど、今の段階で「かけ算、割り算」と言う枠に収めず、その概念を、手と目と脳を使って実感させている段階である事を教えてくれました。自ら発見させる事を育むのが、モンテソーリなのだそうです。

また、今回の有名人物リサーチに置いては、まずは、本を読む事に重点をおき、その次に、情報を集めること、集めた情報をいかにしてまとめるのか、という学習に重点を置いたという事で、今週末家に持ち帰るファイルに入っている、情報収集のメモを家族で一緒にみて、読みかえしてあげてくださいとのことだ。 きれいに仕上げたリサーチペーパーは、確かに個人の努力の結果では あるけど、その過程に注目し、励ましを与えたた方が、子供達もやる気がでるはずだ。 話は、ずれるけど、天才ピカソも似たような事言っていた。「私の作品は、出来上がった時には、それは死体であって、私には、なんの価値もない。制作途中の試行錯誤が、私には、最も重要なのだ。」と。確かにね、、、、、

 

一通り先生のお話も終わったところで、お茶、ジュースなど飲みながら他のご両親との懇親会もありましたが、私とトニーは、2人とも体調がよろしくなかったので、顔見知りの父兄にだけ挨拶し退散させて頂きました。まあ、夜という事もあって、慌ただしく帰っていく家庭が多かったですが、、、、、、

 

 

初のアイススケート

ここ数日のハードスケジュールのせいか、昨晩から私は、寒気がして喉も痛くて、、、、、イヤーな予感。で、夕べは、背中にカイロを張って お部屋も暖かくして寝たのですが、体調はさらに悪化しつつあります。 今週は、先週に輪をかけてのハードスケジュール+トニーの仕事も非常に忙しい週であります。(彼は、来週末両日共に、早朝から働かなければいけません) なので、休んでいる暇などないのですが、どうなるのでしょうか?

 

 そんなわけで、今日は1日体を休めることにしようということで、ゆっくりお休みさせてもらう事にしました。トニーは、ジェニーンの家から帰って来た綾花を、インドアーのアイススケートリンクに連れて行ってくれました。 綾花に昨年買ったスケート靴が、今年もまだはけたので、それを持って2人楽しそうに出かけてゆきました。私も風邪が治ったら、是非一緒に出かけたいものです。 

 

 

Halloween と スープコンテスト

今日は、我がネーバーフッドで、トリックオアトリートが行われました。

これまで、ハロウイーンのパーテイーを開催してくれていた義姉の子供が、今年から大学生になったのを機に、今年から、弟の家が ハロウイーンイベントを引き継ぐことになりました。 そこで、今年は、”第1回コフマン家スープコンテスト”なるイベントを行い、各家庭の自慢のスープを持ち寄って、一人1票の投票でスープ大賞を決めることになりました。 私には 大統領選の投票権はありませんが、今回のスープコンテストには 堂々の投票権があるので、味見も真剣になります。 我が家からの出品は、ステーキを使ったチリスープです。 実は、私のチリスープは、トニーの会社のチリスープコンテストで、2年連続2位をとったもので、出品にも張り切っていたのですが、木金土と、私のスケジュールは、ノンストップ。 そこで、料理はトニーにおまかせでした。そのせいか?我が家の出品作には、わずか3票しか投じられませんでした。 堂々の大賞は、ケリー作、ポテトスープでありました。 

 

大人がスープの味見に熱を入れている間、子供達は、トリックオアトリートへ繰り出しました。 私は、子供達の付き添い役だったので、他数名とともに、近所を練り歩きました。 今回は、コフマン家の子供達の他、弟のお嫁さんの兄弟も加わったので、総勢20名の子供達です。これだけ集まると年齢差も非常に大きくなるので、3グループに分かれての練り歩きでありました。

私たちのグループは、綾花の年齢(6歳)前後の中間層の子供達です。

☝インデイアナジョーンズ、魔女とその飼い猫

 

☝黒いスパイダーマン

 

☝クモ

 

 

☝魔女と黒猫

 

練り歩きが終わったところで、子どもたちは、ジェニーンおばちゃん(トニーの一番下の妹)のアパートに移動して、今夜は、オールナイトのパーテイーだそうです。何が行われるのかは 不明ですが、とりあえず 子供から解放された私たちは リッラクスできるので 有り難いです。

郵便屋さん

 今年も、落ち葉かきの季節がやって来ました。 この金曜日(今日)、市の落ち葉収集車がこの地域にやってくると知ったのは、3日前の事。 昨日 慌てて、落ち葉かきを一人黙々としていました。ここ3週間程、イベントと仕事が忙しく、芝刈りを怠っていたので、落ち葉かきは、非常に大変な仕事でありました。 

 前庭の落ち葉かきが終わりにさしかかろうとした頃、郵便屋さん登場! この郵便屋さんとは、かれこれ10年近いおつきあいで、我が家のペット事情(犬)や綾花の誕生からこれまでの成長など、何でも知っているおじさんです。 私が前庭にいたので、直接郵便物を受け取ると、開口一番 「バイオリンの練習は、すすんでいるかね?」。 本当このおじさん、よーく覚えています。以前、郵便やさんが来たとき、丁度、綾花と私のバイオリンを抱え、車に乗り込むところだったことがあり、「何と何の楽器なの?」と郵便さやんに聞かれ、「娘と私のバイオリンなのよ」と言った事があった。 おじさんは、「僕はね、君たち親子の様に、一緒に何かを習うのは、大賛成だよ。それにね、君の出身の国の文化を娘に教えるっていうのも大賛成なのさ」(なんで、そんな事まで知っている?) 

 

なんでも、このおじさんの両親は、ロシア移民だったそうだけど、おじさんが子供の頃というのは、移民は、1日でも早くアメリカに馴染むということに精一杯で、自国の文化の伝承については、全く手を付ける余裕がなかったとのことだ。 そういう事を聞くと、今は 本当に良い時代であり、私たちのような異国の人間にしても、アメリカは、住みやすい国だと思う。 おじさんは、自分には、なんだかルーツがないような気がしてならないと、ぼやいていたけど、これって、まさしく私が、バイカルチャー環境で子供を育てる上で、一番気にかけている事だった。 子供の中にルーツを作り上げていく事って、まだまだ試行錯誤中で何とも言えないけど、綾花が大きくなった時に、「私は、アメリカ人です。(または、余り期待はしていないけど、日本人です)」と迷わず言える人間作り、これは、子育てに於いて、私に課せられた、一番重要な課題だと思っておりましたが、郵便屋さんの一言で、確信出来ました。

 

そんな、ロシア語を全く介さない、ロシア系アメリカ人の郵便屋さんですが、彼の25歳になる息子さんは、なんと6カ国語話せるそうで、現在どこかの学校で、通訳になる訓練を受けているのだそうです。それも、なんだか皮肉な話ですね。

仮装パーテイー

 先週から綾花は、有名人物のリサーチということで ”エレノアー、ルーズベルト”について、色々調べている。 これは、学校から与えられた課題なのだが、先生が、生徒の数だけ、歴史に残る?有名な人物をまず選んでおき、その中から各生徒が選んできたようだ。 この課題での親のサポートはというと、この有名人物について、小学生レベルで説明されている本または、インターネット記事を探し、コピーすること。 課題を与えられると早々に 近所の図書館に行って司書の人に本を探してもらったので、特に問題は、なかった、、、、、はず。

 

 ところが、今週のお便りでは、”来週に予定されている仮装パーテイーに、生徒がリサーチしている人物の衣装を着させてくるように” と書かれている。 なんとも、まあ、、、、、、今年は、魔女の衣装でいいと安心していたのに、、、、、しかも、但し書きに、”買ったり作ったりせず、家にあるもので済ましてください、” って、、、、普通のアメリカ人宅には、”エレノアールーズベルト”の衣装などあるものなのでしょうか? しかもほかの有名人物では、アイススケートのクリステイヤマグチ、宇宙飛行士のルイアームストロング、綾花のベストフレンドのマヤなんかは、なんとかって言う聖職者。まあ、マヤのママは、映画監督という職業柄、結構小物など家にありそうなので余裕かも。

 

 先生からのニューズレターに書かれていた ”買ったり、作ったりせず云々”という言葉が気になるものの、我が家には、エレノアルーズベルト風の服なんか全くない。(っていうか、どんな服なの) とりあえず、この女性、ヨーロパにて教育を受けたため、ヨーロッパに影響されたファッションだということで、帽子を必ずかぶっていたというのが、トニーの知識。 まずは、帽子から始めようと、近所のグッドウイルという、寄付でもらった服を安価で売っているお店へ行き探してみました。何となく昔風の帽子があったので、その中から一番エレガントなのを買いました。帽子価格$1。そして、20%割引クーポンがあったので、税金を含め約$1でゲット。これなら、買ったというほどのものでもないだろう、、、、、、そしてドレスです。エレガントなドレス、、、、、、これは、家にある古着を適当に使って作ろうと思います。結局買って、作らなきゃ、ないです。ああ、今週も、また要らぬ用事が一つ増えたではないか! 

ナイアガラの滝、アメリカンサイド

 ナイアガラの滝2日目は、朝食後即ホテルをチェックアウトして、アメリカ側に渡りました。カナダ側は、非常に観光地化されていて、我が家の好みではありません。 アメリカに戻る前に、カナダのお金を使おうと、デューテイフリーのお店に立ち寄りました。カナダでは、宿泊費、買い物にかかった税金還元プログラムがあるため、このお店にて、税金還元の手続きをしようと思ったら、ガガーーン!このプログラム、1年ちょっと前になくなってしまったとの事。でも、カナダ政府のウエッブサイトには、そう書かれてあったのに、、、、、、(ひょっとして、このデューテイフリーのお店でのサービスがなくなったのかも。。。)

 

お店を後にし、レンボーブリッジを渡りイミグレーションを通過後は、即アメリカのナショナルパークへ。ここで、昨日乗り損ねた、Maid of the Mistに乗って、滝の近くまで行くことにしました。この船は、今年は、今週いっぱいで運行が終了します。そのためか、それとも朝早くからの搭乗のためか、お客さんもまばら。最後に乗り込んだ私たちも、2階のデッキに余裕で上がることが出来ました。 1年程前に、デイスカバリーチャンネルで見たのですが、ここ数年ナイアガラの滝のカナダ側に高層のホテルが多く建設されたため、滝壺内に流れ込む風向きが変わり、最近は、カナダ側の展望デッキは、常に滝の霧が降り注いでいる状態だと言っていた。そのため、滝周辺に生息する植物もこれまでと変わったものが見られ始めたと言っていた。そのせいなのか、今回の Maid of the Mistの搭乗では、非常に濡れました。(まあ、これに乗って濡れないってことは、あり得ないけど。) これは、滝を近くで眺めるって言うより、風と雨に耐える試練 って感じですね。 でも、やっぱり面白いです。

☝カナダ側の滝を後にして、アメリカ側の滝にたどり着いた時点で、やっと写真を撮れる体制になりました。

☝船からおりて、改めて展望デッキから滝を眺めましたが、やっぱり遠くから見ていた方がいいです。(かなり年寄りな意見?) そうそう、私のお誕生日にもらった、ウエブキンズのお馬ちゃん ”ハート”も、今回の旅にお供させました。

 

トニーも私も綾花も、ポンチョでカバー出来なかった、膝から下を、びしょぬれにしたまま、ナイアガラナショナル公園内の散策開始です。

アメリカ側にあるナイアガラナショナルパーク内には 遊歩道があって、滝と川に沿って散策が楽しめます。園内には、有料でトローリーバスもありますが、大人の足で歩けば、2時間位で園内をゆっくり一周出来ます。この季節は、紅葉も非常に美しいので、私は、兼ねてからこの園内を散策したかったで、綾花が自転車に乗って同行してくれるのは、非常に有り難かったです。(でないと、トニーのだっこに頼って、トニーが腰を痛めてしまうから)自転車運転歴の浅い綾花ですが、こんな大自然の中で運転出来るのは、大きな特権ですね。

(迷子になる事などあり得ない程 小さくてシンプルな島ですが、こうして地図を眺めると、探検気分がにわかに盛り上がります)

展望台方面から、滝に向かって歩いていくと、まずは、橋を渡って、カナダ側の滝とアメリカ側の滝の真ん中に位置するゴートアイランドに入ります。この島内には、見どころがいっぱい。アメリカ側の滝のなかに小さく残された島、ルナアイランドは、私のお気に入りの場所です。

この島は、いつ崩れるかもしれないというリスクが高かった為に、大きなワイヤーで、島を固定しているという事です。この島からは、アメリカの滝が流れ落ちる様子を真横を眺められたり、また滝と反対側の川の急流を眺めたりできます。

ルナアイランドに渡る橋から眺めた、渓流のようす。私には、アメリカにいながら、日本を感じさせる、不思議な景色に見えます。

 

ルナアイランドを満喫した私たちは、次なる目的地、三姉妹島(Three sisters islands)へむけて、歩きます。この間は結構長い道のりで、途中、お土産屋さん、カフェ、Cave of Winds(滝の横にある階段を歩くアトラクション)、ホースシューホールズ(カナダ側の滝)を通過していきますが、6歳の子供連れの場合、まっすぐ目的地へ、、、というわけにはいかず、カフェでアイスクリームを食べたり、お土産屋さんで、観光地でありがちな、馬鹿でかい鉛筆を買わされたりと まあ寄り道に花が咲きます。

そんな折、我が”ハート”ちゃんが、草むらに何か動く物体を発見!!

よーくみると、猫ちゃんでした。ハート、お手柄!お手柄! って、こんな風に1人遊びして、綾花がアイスクリームを食べ終わるのを待っている私であります。

 

最後に私たちがたどり着いたのは、三姉妹島。これは、カナダ側の滝の上流にある、本当に小さな3つの小島です。この島の名前は、その昔、この地を侵略しようとしたフランス軍に立ち向かった勇敢な戦士(名前分かりません)の3人の娘さんの名前をそれぞれの島につけ、まとめて三姉妹島と呼ばれているらしいです。(詳しくは、現地に看板あり。) この島は、本当に小さくて道などもないので、冒険気分に浸れる、とても楽しいところです。そして、何より水面に非常に近く、これから滝に向かってまっしぐら!という水の流れを、すぐ近くで感じられる場所です。私たちが特にこの島を目指した理由は、8年前にここを訪れた時に、名前を刻んだ丸太を探すため。丸太自体は、健在でしたが、私たちの名前は、もうとっくになくなり、その代わり、この8年の間に訪れた人々の名前がいっぱい掘られていました。今回は、綾花も加わったので、TEAとイニシャルを刻み込んできました。次ぎにくる時までには、まだ残っているのでしょうか?楽しみです。

と、こんな風に アメリカ側でナイアガラの滝を楽しんだ後、午後4時に家路へ向かいました。 行く時のコースに余りに時間を費やしたせいか、帰りの運転4時間は、非常に短く感じられましたが、家に着いたら、やはり疲れがどっとでました。ちなみに、自転車を乗りまくった綾花は、帰りの車の中では、熟睡していました。6歳児には、かなりの運動だったと思います。 

ナイアガラの大観覧車

ロンドンを発って2時間後、無事ナイアガラの宿泊ホテル(ダブルツリーホテル)に到着しました。 到着後、空腹でかなり不機嫌の綾花のお腹を満たすため、隣のイタリアンレストランにてお食事しました。空腹の子どもって、本当に恐ろしいです。

お腹も満たされレストランを後にすると、目の前の大観覧車がいやでも視界に入って来ます。 我が家では、綾花とともにナイアガラに来るのは、かれこれ5、6回になると思うけど、実は、カナダ側のメインストリートとも言える、クリフトンヒルには、一度も足を踏み入れた事がありませんでした。なので、今回は、余り気が進まないながらも、クリフトンヒルへ出かける事に。目的は、観覧車という事で、その他のお店やゲームセンターなどは、絶対に禁止と心に誓って、出かけました。

 

スカイウイールこと大観覧車は、クリフトンヒルのど真ん中にあります。料金は、大人、約10ドル、子供約6ドル(これに税金が加算されます)で、かれこれ10分近く乗っていたと思います。この観覧車って1周したかと思うと、反対側に動き出したり、下まで下がりきらないうちにまたまた逆回転とか、非常に不規則な動きでした。

 

勿論、滝の眺めもなかなか。 今回のホテルは、滝から若干離れているので、ここで滝を存分に眺めておきました。でも、綾花は、真下に見える、クリフトンヒル名物の?キングコングやピンクパンサーなんかの人形を眺めたり、下を歩いている人たちが小さくなっていくのを見て楽しんでいました。 ま、楽しみ方は、人それぞれです。で、トニーは、と言えば、本人は認めませんが、どうやら、高所恐怖症の様で、やけに静かでした。たしか、何年か前に愛知万博で観覧車に乗った時も静かだった気がする。

 

観覧車から降りたあとは、滝の近くまで行ける船に乗ろうと、クリフトンヒルを下り始めたのですが、午後5時近くで、なんとなく微妙な感じ。そうです、本日のサービスは、既に終了でした。このボートに乗ると、びしょぬれになる事は、100%保証されているため、出来れば、1日の終わりに乗りたかった、、、、、、で、アメリカ側の滝を眺める展望台にて滝を眺めた後、ホテルに戻りました。 ところで、この展望台は、クリーブランド出身の人を記念して作られたものでした。このクリーブランド出身の方は、滝に落ちた人を助けようと真冬の冷たい水の中に飛び込み、命を落としてしまったそうです。(合掌)

 

 結局、その後はホテルに戻って、昨日楽しめなかったプールで思い切り遊んでお腹をすかせ、ホテルの向かいにあった焼き肉屋さんで、カルビをたらふく頂いて、1日の幕を閉じました。zzzzzz……sweet dream…..zzzzzzz

 

ロンドン、オンタリオ

 昨日の多忙なスケジュールと、長時間のドライブにによる疲労のため、今朝は、皆8時半までぐっすり。朝起きてから、朝食をとるものとばかリ思っていた私ですが、トニーと綾花は、いきなり水着に着替えてプールへ。本当にタフである。で、私は、荷物をまとめながらテレビを見て時間をつぶしておりました。が、予想外に早く2人が戻って来ました。プールの水が超冷たかったそうだ。で、着替えを済ませ荷物をまとめ、ホテルをチェックアウト。その辺にあるようなフツーのファミレスで食事をした後私たちが向かったのは、街の北側にある、スプリングバンクパーク内にある、ストーリーブックパーク。この園内には、ナーサリーライムに登場するキャラクターやお話のテーマパークらしいのと、夏の間は、ちょっとしたウオーターパークもあって、綾花くらいの年頃の子供には、非常に楽しめそうな場所なので、是非行ってみようと思ったのですが、見つけられませんでした。途中地元の人に道を尋ね、なんとかスプリングバンクパークには、たどり着いたものの、そこで、プレイグランを発見してしまったため、綾花は、そこで遊べば良い!といって、そうそうに、自転車にのって、プレイグランドへまっしぐら。

 まっ、これなら無料だし、いいか! ということで、ストーリーブックガーデンは、あきらめ、このプレイグラウンドで、1時間程遊ぶ事に。特に、ロンドンまできてこんな事も、、、と思いつつも、まあゆっくり楽しめれば良いか、とあきらめです。 それにしても、ここの公園の宏大な事と言ったら、すごかったです。 この公園は、ロンドンの街を横切る大きな川沿いにあり、温室ガーデンがあったり、(私たちの行き損ねた)ストーリブックガーデンがあったり、川沿いその他のトレイルがあり、小さな子連れの家族連れ、犬の散歩、ご老人の散歩など、どんな年齢でも楽しめるところです。

 

 ところで、ホテルでテレビを見ていた時に、オンタリオ州のクリーンエネルギーについてのコマーシャルが目につきました。オンタリオ州は、ナイアガラの滝やエリー湖、オンタリオ湖と水源が豊富なので、水力発電が売りの様です。なかなか環境に優しい州のようで、気に入りました。

 

 ロンドンのプレイグランドを思いきり満喫し、またまた車に乗り込んで、今度こそ ナイアガラの滝へ! ロンドンからは、約2時間のドライブです。 昨晩は、カナダに入ってからは、真っ暗だったので、高速道路から風景は見えませんでしたが、カナダって道がまっすぐすぎです。運転時間2時間のうち、1時間半は、上の写真のような感じ。単調な風景の連続で、思わず眠気が、、、、、、、そして、プレイグラウンドで遊びすぎた綾花は、私たちより遥かに空腹だったようで、非常に機嫌がわるく、それは それは、恐ろしい2時間でありました。

 

前へ 過去の投稿