乗馬レッスン開始

 1年程前、綾花が夢中になって読んでいた、ポニーに夢中のプリンセスのお話。 その本を読んでいくうちに、乗馬に憧れる様になり、その後2回 馬に乗る機会に見舞われました。 そして、乗馬への憧れを押さえきれなくなり、長い交渉の末、”お金に余裕がある時にのみ” ということで、乗馬レッスンをすることになりました。 かなりせこいですが、毎週行うなんてことしたら、我が家は 破産してしまいます。 綾花の学校の生徒さんのお父さんが提供してくれるレッスンですが、この点を率直に話し、ご理解頂きました。

 乗馬用のブーツとヘルメットを用意して、今日が初のレッスンでした。 我が家から車で20分程のステイブルにてレッスンを行いました。 価格は、ワンセッション$40ということで、何分くらいなのかは、聞かされていませんでしたが、今日は、馬のフーフ(足の裏)の掃除、ブラッシングと最後の餌を与えるという事まで含め、約1時間のレッスンでした。 ミスターロブは、彼が手綱をひいて馬を誘導する時にも、綾花に色々な荷物を持たせたり、ランニングスペースへ入る際には、ドアの開け閉めを指示したり、馬に乗る事だけでなく、乗馬に関する仕事全般を指示していました。これも、立派なレッスンですね、関心です。 

 綾花のレッスンの間、私はといえば、馬を走らせる場所(なんて言うのかな?)を一望出来る見学者用の小部屋にて見学していました。この部屋には、椅子が用意されていたのにも関わらず、最初は、落ち着いて座る事もできずに立ったまま見ていました。 今日のところは、ミスターロブは、手綱を放さないだろうと思ったら、最初の2分もしないうちに、綾花一人で馬を誘導させるように指示していて、かなり焦りました。 そのうちに、コーン(工事現場におかれている、アイスクリームコーンを逆さにしたようなやつ)を3メートル位の間隔で5つ置き、ここをS字で歩く練習やら、さらには、トロット(かなりゆっくり目の小走り)までやっていました。 こうなると手に汗モンです。 同じ地域に住む友人で、お子様に乗馬レッスンをさせている方が、「馬を走らせるところなんて、恐くてみてられない」とおっしゃっていた事がありましたが、その気持ちが、良ーく分かりました。 実際、こんな経験をしていなかった時には、子どもが馬に乗っている姿を見て 微笑んでいる自分の姿しか想像出来ませんでした。 端から見ていると、トロットの際は、綾花の体が上下どころか前後にかなり揺れていて、「たいそう恐いだろうな」と思っていましたが、綾花は、「全然平気。アップ アンド ダウンのリズムがつかむめるでが、ちょっと大変だけどね」と言っていました。なるほど、、、、

 今日は、初レッスンだったのにも関わらず、私は、カメラを持っていくの忘れてしまい、せっかくのシャッターチャンスの機会を逃してしまいました。 自分の勇士を、トニーに見てもらいたかった綾花からのブーイングは、かなりひどいものでした。(そうですよね) 次回は、忘れない様に手に「カメラ忘れるべからず」と書いておこうと思います。(次回までに消えちゃうよね)

 

広告

ピッツバーグの教会

 昨日は、綾花が産まれて始めて、夫婦2人の丸一日デートだった。(いつもは、夕食とか映画とか 時には 会社のある日のランチなど) なので、コンサートが始まる前に、どこかでゆっくりランチをしようと計画を立て、”素敵なレストラン選び” をトニーに任せました。このお店選びの結果に寄っては、今後の夫婦生活に影響が出る可能性もあるのよ、、、、と冗談で言ったら、トニーは、かなり力を入れて、レストラン探しに取り組んでくれました。 が、素敵な所は、日曜のランチがやっていないところが多い。 で、結局、トニーが探して来た数件の中から、2人で意見のあったところに決めました。

 

 そのレストランがこれ The Church brew Works  日本で言うところの、地ビールを売りにしているところです。 しかし、お酒がダメな私と、ビールはIPAしか飲まないトニーには、そんな事は、選ぶポイントでは ありません。 でも、結局ここに決めたのは、そのユニークな建物にあります。 実は、このビアーレストラン、昔のカトリック教会をビアーホールにしてしまったんです。 教会の祭壇の部分には、ビール製造器具が飾られていて、その昔は、マリア像が飾られていたであろう箇所には、こんなフレスコ画が描かれています。

この教会は、経営難にぶつかり建物を売ったという事ですが、その際、特別な儀式を行って、この建物は、今後は聖なる建物ではない、という風にされているということですが、カトリックファミリーで育ったトニーは、「ここには、お父さんとお母さんは、絶対これないだろうな」と、ビールを持った天使のフレスコ画をみてつぶやいていました。金閣寺で焼き鳥など食べるなんて光景を想像してみると、トニーのつぶやきは、何となく理解出来ます。

 

さてさて、ここで私が頂いた物は、ピッツバーグサラダに神戸牛をトッピングしたものです。 最近、アメリカのレストランでも「神戸牛」って言葉を、ごくまれに見かける様になったのですが、実際に食べるのは、今日が始めて。 しかし、口の中でとろけるような、ジューシーな食感を期待しては、いけない。肉の脂肪分を異様に嫌うお国柄だけあって、あぶらがぜんぜん乗っていなくって、乾ききったお肉でした。神戸牛の醍醐味ってものが全くない神戸牛。これを神戸牛と呼んでいいのだろうか? 大きな疑問の残った食事でありました。ところで、私たちの周りのテーブルを観る限り、ここは、地ビールを売っているだけあって、お試し用サイズのビールがあり、周りのテーブルでは、結構このサイズのビールを何杯も飲んでいる人が多かったです。で、お食事に関しては、石釜焼きのピッザが好評の様で、食べている人も多かったのですが、ピックアップで持ってかえる人もかなり多かったです。

 味に関しては、私たちが食した、サラダ、ジャンボライヤは、おすすめでは ありませんが、雰囲気とユニークさを味わうのでしたら、1度は、おすすめかもしれません。勿論、この様なセッテイングに違和感がなければ、の話ですが。ちなみに、ビールについてのコメントは、不可であります。

シーズン初オーケストラ

 今日は、はるばるピッツバーグまで コンサートを観に出かけて来ました。世界的に評価の高いクリーブランドオーケストラの近郊にいながら、ピッツバーグまでオーケストラを聴きにいく必要もないのでは? と 音楽に詳しい方に指摘されたりもしましたが、、、、、、この週末は、ジョシュアベルが登場するのです。なので、もうこれは、かなり前から狙っておりました。

 今回ジョシュアベルが弾いたのは、チャイコフスキー コンチェルト フォー バイオリン アンド オーケストラDメイジャー。 我が家では、綾花の夜の子守唄コレクション(子守唄としては、かなり激しい気もしますが)の中の1つで、 アンネ=ゾフィー ムター と言うドイツ人バイオリニストのものをよく聴いています。 この曲を、ライブで聴くのも、ジョシュアベルを観るのも今日が始めてでした。ジョシュアベルの第一印象は、想像していた以上に長身だったこと。この夏に娘さんが生まれたという事で、結婚したという事だと思いますが(その点未確認)、何となくあごの下の肉付きが目立った気もしました、、、って、ヴァイオリニストとしての感想ではないですね。(失礼しました。)舞台の方は、やはりプロです。今回は、普段聞き慣れている曲だったので、2カ所の間違いに気がつきましたが、それでも、ほれぼれするフィンガリングです。あれを綾花が観ていたら、速攻自分のバイオリンで真似していたでしょうね。ああいう、インポッシブルな物を目の当たりにすると、とりあえず試してみたくなるのが、彼女の素性なので。(私もそうなんですが)

 ところで、最近すごく思うのですが、アメリカで活躍しているヴァイオリニストって、ヨーロッパのヴァイオリニストに比べて 何か物足りなく感じられます。 私のような素人耳で、こんな大胆な発言をしてしまうなんて ちょっと失礼かもしれませんが、ジョシュアベルなどは、余りにスマートに弾きこなして、美しい、、美しすぎる。おまけに、ハンサムすぎる彼の容姿も手伝って、観ている分には もう完璧。いつの間にか、目がハートになっている自分に気がついて、はっと、我に返る、なんて事、良くあります。でも、何か物足りない。 完璧でなくても、強くハートに響くメッセージがないんです。聞き終わった後に、「素晴らしかった」で終わってしまう。そこが、何かひっかかるんです。この物足りなさ、なぜなのか、もう少し探っていく必要がありますね。今後の課題として残しておきましょう。

 ところで、先に書いた様に、クリーブランドオーケストラのお膝元にいながら、ピッツバーグにオーケストラを聴きにいくなんて、とコメントされた方の言葉、よーく実感しました。 私は、これまでオーケストラと言えば、ロンドンとスコットランドで各1回聴きにいった他は、クリーブランドオーケストラしか聞いた事がなかったので、その素晴らしさを普通と思っていましたが、やはり格の違いが分かりました。見た目の事を言ってはいけませんが、ピッツバーグオーケストラのヴァイオリニストには、アジア系のおじさんが結構目立っていましたが、このおじさん達、新橋駅周辺で見かけても全然不自然じゃないような感じで、なんか地味でした。そして、チェロ奏者の一人に、NHK教育番組ゆうがたクインテットに出演している、スコアーさんにそっくりなおじいさんがいました。ちょっと不謹慎ですが、演奏の最中にトニーにこのおじいさんの事話して、2人で大受けしてしまいました。

(スコアーさん)

 

 今回は、ジョシュアベルということで、ピッツバーグまで出かけて来ましたが、行き帰りの車中 トニーと2人、芸術を語り合う時間が(とは言っても、世間話がメインです)持て、実に楽しい日曜日でありました。 ちなみに綾花は、グランマ、グランパ付きでいとこ達と(別名、猿の軍団)動物園に言って来たそうです。

 

 

 

自制心はいづこへ、、、、、

昨晩ブッシュ大統領は、テレビ演説で7000億ドルにも及ぶ公的資金を投入して、今問題となっている不良債券を買い取る法案を指示してくれる様に、国議会に訴えました。

 

これねえ、、、、なんか腑に落ちない。 日本も90年代前半のバブルで不良債権が続発し、それを国ではなく、会社や銀行が抱えていて、長期間に渡って 大きな会社が倒産に至ったり、経済復興にもかなり時間がかかりました。(今でも、抜け出てはいないか) ブッシュ大統領は、この問題を国で解決していこうという事だと、私なりに理解しているけど、、、、、確かに負債を負った会社は、倒産を真逃れ、なんとか立て直すことが出来るかもしれません。しかし、そうすることによって、経済の混乱は、避けられるものなのだろうか? こういう事に無知な私には、想像を遥かに超えることで、予測すら出来ません。 でもねえ、公的資金を使って ってこれ、ようは税金ですよね。 しかも、アメリカは、既にかえせる見込みのない国債をバンバン発行して、そのほとんどを中国が買っているという現実を無視していないか? 中国に既に身売りをしていながら、この期に及んで、公的資金を使用するとは、どんなばかものなんだ! 私が怒っている理由は、この多額の借金を返すのは、私たちの世代だけでは、終わらないからだ。これから育っていく、我が子達が、アメリカ国民というだけで、既に多額の借金を抱えてしまうわけです。 余りにもかわいそうではありませんか。

 

そもそも、この借金はどこから始まったものなのか? それは、無理して購入した無駄に馬鹿でかい家や、車なんだと思う。 アメリカでは、ここ数年、ハウジングブームって言うのが記録的に続いていた。郊外の自然を破壊して、無駄に大きな家を建て、本来は、購入など出来ない人々に、最初の1年だけ安い金利のローンを(サブプライムローン)、あの手この手で売り込んで、とりあえず買わせておこうって、、、、、で、大きくて立派な家を持ったら、やはり立派な車に乗らなきゃやってられないよ、って、感覚が麻痺しちゃうんですよね。こんなでかい家も買えたんだから、車をもう一台くらい、、、、って感覚。 私には、理解出来ないけど、この経済混乱を巻き起こした要因は、こういう人々がいっぱいいたからってところなんでしょう。もうちょっと、自制心ってものがあってもよろしくないか?

 

日本のバブルがはじけたとき、私は、リゾート関連の不動産業に携わっていた為、バブルがはじける前の人間のどん欲な姿、そしてはじけた後をも、「後1年で元に戻る」と信じ続けた同僚の、「なんとかあの黄金時代にかしがみついていたい」という欲を目の当たりにして、余りに冷静になった自分を覚えています。 この時私が悟ったのは、この低迷した経済状態を普通と思って生きていくのが楽でいい、ってことです。そう思う事で、バブルのような時代が到来した時には、ボーナスと思えば言い訳です。バブルをスタンダードにしては、いけませんよね。

 

で、話は、ちょっと政治的な方面になってしまうのですが、ランポールさんの政策が、国の再建に一番むいている様に思うのですがね、、、、マケインさんも、オバマさんも根本的な改革を訴えていないし。ここまで混乱状態になってしまったら、表面だけこちょこちょやっても、なんにもならない様に思います。そうそう、ランポールさんを支援している人は、気違い扱いされるケースが多い様ですが、私も気違いなんでしょうか? でも、本日、あえてこのようにかかせて頂いたのは、単に、子を持つ親として、こんな不公平な世の中はない!と言う怒りを、微力ながらも訴えたかったのであります。

ガレージドアー修理しました。

 先週のストームで壊れた(と思っていた)ガレージですが、専門の人に見てもらったら、ドアーを持ち上げる大きなねじ(本当に大きいし、重いです)が、まっぷたつに切れていたのです。で、この専門家のおっちゃん(って感じだった、本当に)曰く、「これは、ねじの寿命で、ストームとは 関係ないね」だって。 で、大きなねじと、その他、そろそろ消耗しそうな細かい部品を変えてもらいました。 そういえば、前回同じことがあって直してもらったとき、「これで、6年ぐらいは、大丈夫かな」と言われていたのですが、それから、7年経っていました。なので、寿命と諦めて、支払いも快く出来ました。

 支払いと言えば、現金を用意していなかったので、クレジットカードでしたのですが、私のクレジットカードに表記されている名前を見てひとこと、「あんたとここの家主の関係って?」と いきなりです。 そうそう、この修理の依頼をしたのは、トニーで、注文依頼人の名は、トニーコフマンとなっていました。で、私のクレジットカードの表記名は、エミ サトーコフマンです。 「ここの家主は、私の夫ですよ」というと、「なんで、同じ名前にしないの?」とぶしつけな質問。 でも、こういうの好きです。 このおっちゃん、50代前半くらいですが、「ぶしつけで悪いんだけどね、こういうの気になるんだよね。」と頭をかきながらいうので、「私は、日本出身なので、自分のヘリテージを残す為かな。 それに、子どもにもこの名前を与えられるから、子どもも、自分が半分日本人ってこと、意識出来るでしょう?」と答えておきました。実際、これが私が、2つの名前を姓にしている理由です。 するとおっちゃん、「そうだよね、それっていいかもね」 と納得したような、しないような、、、、、、 でも、結婚した時に、自分の名前をどうするのか、かなり悩んで選んだものなので、あえて、こう聞かれると嬉しいものです。 おっちゃん、有り難うよ!

My wish list

来月10日は、私のお誕生日。ふふふ、、、、(謎の笑い)

毎年、プレゼントなんて要らないよ〜と言いながら、自分で勝手に色々買っているのですが、今年は、ウィッシュリストなる物を作ってしまいました。(でも、欲しいものは、1つだけだけど) それは、ウエブキンズ。 流行からかなり遅れて、私も反応してしまいました。 事の発端は、綾花がこれにはまってしまったことです。 アメリカの子ども達の間で流行中のウエブキンズとは、その昔日本で流行った、ポストペットに似ています。 まずは、ウエブキンズのぬいぐるみを購入、そのぬいぐるみに、IDタグがついて来ます。そのタグの中にある番号を、ウエブキンズのサイトにて登録すると、ウエッブサイト上でペットを飼える状態になります。 そのペットの世話をしたり、また友人のペットなどを訪問する事も出来るんです。 他にもいろんなことが出来ますが、大人の視点から見て、一言でまとめてしまうと、インターネットを使いこなす為の練習ソフトですね。 買い物、ゲーム、チャット、メール等々本当に、様々なことが出来ます。 ちなみに、我が家では、1週間のうち3日 1回15分を基準に、綾花に遊ばせてあげています。

 

 ところで、私が欲しいウエブキンズは、オカピか怠け者がいいのですが、そんなレアーな動物は、ないみたいです。

オカピは、今年の春 横浜のズーラシアで見て来ました。この動物、一見するとシマウマに似ているので、馬科かと思いますが、身体的には、キリンに近い動物なんですって。足のかかとの部分、そして舌をみると、納得です。またお食事する時にも、地面の草を食べるのではなく、木の枝から葉っぱを食べます。これもきりんと一緒。 ところで、オカピは、これまで野生で目撃される事がなかったため、ほぼ絶滅したのではと思われていたのですが、最近のニュースで、アフリカのコンゴという国で、野生のオカピの始めての写真撮影に成功したというものがありました。まだまだ、野生のオカピが健在である事を願っております。

 

私のウイッシュリストの2つめの動物は、怠け者。 私が始めて怠け者について知ったのは、20年近く前の事、上野動物園に、始めて怠け者がやって来た時です。輸送されて来た檻から園内の展示場に怠け者を移動させようとしたけど、怠け者は、折の入り口まで来たらそのまま寝てしまい、またコンクリートの地面の上で寝てしまった為、床ずれが生じたというニュースを聞いて、非常に関心を持ったのです。 そこで、当時インターネットなどなかったので、図書館ヘ出かけ怠け者について調べたのですが、怠け者は、熱帯雨林のジャングルに生息していて、天敵のジャガーから身を守るため、木の上にぶら下がってのんびりと暮らす様になったという。また、動作を鈍くする為に、外気に会わせて体温調節する事が出来、怠け者の昼寝は、冬眠状態に近いという。 この怠けることによって生き抜く知恵って、一般的な考えと逆行しているようで、常にメイノリテイーでありたい私にとっては、非常に魅力的な生き物であります。

 

まあ、私のプレゼントについて 最終決断権は、綾花に握られている為、何がわたしのウエブキンズ1号になるかは、お楽しみです。今年は、久々にお誕生日が待ちきれないぞ!

 

そうそう、ウエブキンズの他に 今年は、トニーと綾花をクリーブランドオーケストラのコンサートに、無理矢理お供させる事にしました。 私の誕生日である週末に、ベートーベンシンフォニー5番が披露されるのです。このシンフォニーについては、綾花とわたしは、この夏お勉強したばかりなので、絶好の機会です。ちなみに、綾花は、子供向け以外のフォーマルなコンサートは、今回が始めてであります。途中飽きてしまうかもしれないけど、お母さんのお誕生日という事で、頑張って観て頂きたいと思います。ほほほほー。

家庭内コンテスト

 2週間程前から、綾花の下前歯が1本ぐらつき始めた。 同じ学校に通う同級生は、ほとんどが1、2本は抜けているので、はじめの1本がかなり出遅れた綾花は、結構焦っている。 そんな折、ぐらついた歯にまつわる本を2冊程読んであげた。そのうちの1冊は、Little bear’s loose toothというタイトルで、なかなか抜けない歯を抜く為に、リトルベアーの友人が色々(かなり無茶な事)と試みるのだけど それでも抜けずに諦めてしまいます。で、夕食にトウモロコシを食べたら、いとも簡単に歯が抜けた、というものでした。 その話を読んであげた翌日、学校に行く車の中で、「今夜は、トウモロコシを食べたい!」というので、願い通りにしてあげたのですが、ゆですぎてしまい、柔らかなトウモロコシになってしまって、歯が抜けるどころでは、ありませんでした。 そこで、翌日の帰宅後のおやつは、その名も ”石作” という、かた〜いおせんべいを用意しました。 綾花は、「これなら大丈夫かも、、」とつぶやきながら、ぼりぼり頑張って食べましたが、やはり歯は、そのままです。

 ここまでは、トニーの出張中の先週の話。 綾花は、トニーが帰ってくるまでに、歯を抜けさせて、歯抜けの笑顔で、トニーを驚かせたかったらしい。でも、綾花に似て頑固な歯なので、抜ける事はありませんでした。 そこで、今度は、いつ抜けるのか、皆で当てっこすることにしました。 トニーの予想は、本日9月21日(日)、私が23日(火)、綾花が25日(木)です。当たった人には、抜けた歯を、一番先に見せてくれると言う、なんとも言いようのない景品がついて来ます。さて、このコンテスト、いったいどうなるでしょうか。皆様、乞うご期待!

前へ 過去の投稿