世間のお母様方、朗報です!

 突然ですが、私には、誇れる学歴、職歴、趣味暦というものが全くありません。あえて言うなら、放浪歴(肉体的にも、精神的にも)が唯一 面白おかしく語れる程度ってところでしょうか。 アメリカに来て以来、仕事もしていない、これからする予定もなければ自信もない。 でも一応充実した人生を送っているのは、子供がいて犬がいて、それらを対象に色んな壁を乗り越えることを目標にしているからだ。子育てとか、犬の訓練とか知らない人から見たら、もっと自分の事を考えろよ!とか思うかも知れない。家の弟なんか、そんな事言う人々の一人である。

 母親兼主婦業というのは、社会的に見ても、かなり価値の低い職業かも知れない。なんと言っても、一見すると社会と直接結びついていないから。でも、一応、不動産営業を5年間した経験からいうと、母親業の方が、余程社会と結びついている。単に、金銭的な生産を見いだしていないので、煙たがられるんだろう。 しかし!こんな事言ってくれる人がいるんです。 耳を良ーく掃除して、聞いて下さいよ。

母親の役目は何にもまさる貴重なものです。母親こそ子どもをどんな人間にでも育てることができるのです。言葉をかえれば母親は偉大な芸術家であり、医者であり、牧師でもあります。そして何よりもすぐれた教育者であってほしいものです。母親は子どもを授かった瞬間からその子の人間形成にしかっりした目的意識を持ち、できるだけの環境を整えて子育てを実行することが大切なことと言えましょう。次の世代を担って立つ子どもたちがすぐれた人材に育つよう、世の中の母親一人ひとりに胎児から始まっている幼児教育の重要性をよく知ってほしいと思います

 

 この言葉は、ソニー創設者であり、教育者としても有名な 井深 大氏が残した言葉です。 井深氏は、人類の発展にとって、教育の大切さを強く訴えていた人物で、特に赤ちゃんを育てる母親の教育に力を入れた方であります。有名な本では、「幼稚園からでは、遅すぎる」「0歳、教育の最適期」などです。 幼児教育と聞くと、幼児への詰め込み教育とネガテイブな感想を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、これは、早期教育というものです。井深氏の訴える幼児教育は、鈴木メソッゾの鈴木慎一氏の訴えと非常に共通するものがあり、人間愛が基本となっています。幼児教育を推進する為に、母親への教育を施したその内容は、上に示した、井深氏の言葉に集約出来るものと思います。

 

 こんな言葉に出会うと、母親業とは、まさに次世代作りに影響を及ぼす、なんとも責任感の大きな職業だと思いませんか? 私のような、何の取り柄もない人間でも、こんな言葉に後押しされれば、まあ胸を張って生きて行けるというものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。