夏休み小旅行 1日目 Ann Arbor

 本日、綾花の補習校終了後、我が家の夏休みの小旅行が始まりました。 今回の行き先は、ミッシガン湖畔のリゾートタウン、Saugatuck(ソーガタック)。 アクロンからは、6時間かかるため、本日は、アンアーバーという町に宿泊することにしました。 この町は、ミッシガン州立大学がある町で 2、3年ほど前に話題となった、「国家の品格」の著者、藤原正彦氏も その昔 この大学の招待教授として活躍されていました。その時の経験を綴ったエッセイ集が「若き数学者のみたアメリカ」です。

オハイオの高速道路もそうですが、ミッシガンの高速道路は、よりいっそう平らな感じがします。 トレドをすぎてからアンアーバーに向かう道路では、どこまでも見渡せ、なんとも退屈なドライブでした。

 

で、アクロンを出て2時間半。 本日のお宿に到着です。 チェックインの後は、ドライブの後のエクササイズということで、プールに入って カロリーを消費させました。 夕食時だったため、ホテルは 満室なのに、プールは、閑散としていてちょっとお得な気分♡。

 プールで適度な運動をした後は、夕食。 日本企業の多いデトロイト郊外ということもあって、日本食屋さんは、インターネットで調べたところ6件もありました。 うち、滞在先のホテルから一番近い、Cherry Blossumに決定。ホテルからなんと、車で3分ほど。 元、メキシカンレストランだった建物だったので、外観は、日本レストランに見えにくかったものの、いったん中に入ると、日本語が飛びかっていて、注文も日本語で可能。そんな状況に、綾花は、ちょっとびっくりでした。 こちらのレストランは、お寿司から、丼もの、定食、ラーメン、うどん、そば、そしてお茶漬け、雑炊とレパートリーが広く、我が家の注文の品も、海老フライ定食(綾花)、サンマの塩焼き定食(トニー)、天ぷらうどん(私)と様々でした。特にヒットだったのは、サンマの塩焼き定食かな、、、、まるまる太ったさんまが2匹もついてきました。

 

 夕食後は、ミッシガン大学のキャンパス内をドライブしてみました。 全米でも3番以内に入る規模の、フットボールスタジアムをさらに増築していました。 今のままでも、7万5千人は収容できるらしいのですが、さらに何人収容可能となるのでしょうか? いやあ、驚きです。

 と、驚いたところで、ホテルに戻り、プールに入りたがる綾花を なんとかなだめ、お風呂に入ってお休みです。明日は、いよいよ本来の目的地、ソーガタックへ向かいます。 お休みなさーい。