ワシントンDC旅行4日目 ボルチモアー偏

 昨晩、ボルチモアー空港近くのホテルに向かう車の中で 深ーい眠りについてしまった綾花は、結局 朝まで眠り続けました。 DCでは、よく歩いたので、とても疲れてしまったようです。 

 

 今日は、空港近辺からボルチモア−のダウンタウンへの移動から。 観光案内のウエッブサイトなど読んでいると、ボルチモアー市内は、駐車料金がべらぼうに高いとのこと。 私たちが停めた所も、1日$18と、田舎者には、目の飛び出るような値段でした。 しかし、本日の目的地のハーバーから一番近い場所だったので、綾花には、余り歩かずに済んでほっとしました。 でも、昨日までの暑さが嘘の様に、気温が下がり、しかも港町という事で、ほおに当たる空気もひんやり。

 ネットで調べた限り、多くの人の意見は、ボルチモア−は、横浜チックっていうものでした。 なんでも、ボルチモア−が再都市開発する時には、横浜を参考にしたということらしい、、、、、 このハーバーの周りには、水族館、船の展示、モール、レストラン街がありました。 

私たちが、まず訪れたのは、ボルチモアー水族館。 ここは、私がアメリカに来たばかりの頃、こちらで出来たお友達に、すすめられた所で、いつか行ってみたいと思い、10年の月日が経ってしまいました。

さて、率直な感想ですが、ちょっと幻滅、、、友人がすすめてくれた10年前の基準では、きっとすごかったんだろうけど、展示の内容も、イルカのショーもいまいち。 そして、何より建物のデザインが、じっくり楽しめる感じでは、ありませんでした。 都会という環境におかれているだけに、4階建てにて展開してあるのですが、一方方向に動いてしか、見学出来ないデザインは、ここアメリカにおいては、相当の無理があるような、、、、 昨日までの、DCの博物館が、すべて無料だっただけに、ここでの入場料(+イルカのショー)3名分約$60は、かなり高すぎます。(私って、相当のケチかしら?)

 水族館を後にし向かった先は、港の周りにあるレストラン街。 どんなランチを食べようか考えつつも、ほぼ行き先は、決まっておりました。 ここでは、シーフードを食べる事と決めていたのと、夕べ泊まったホテルで、同じエレベーターに乗り合わせた人たちのおすすめの、フィリップスというシーフードレストランだ。 アメリカ人の「美味しい」は、余り当てにしては、いけないのは、分かっているものの、まあ旅先だし、、、って感覚で出かけてみました。 

 で、フィリップスにて、私が頂いたのは、アペタイザーに、カラマリ(いかの天ぷらです)、メインでベイクドクラブケーキです。 ボルチモア−二行くと決まった時から、クラブケーキを食べると決めていたので、メニューを見ても何の迷いもありませんでした。 ちなみに、写真に納めてある 私のクラブケーキのお皿にのったロブスターは、綾花のもの。 メインのお料理を注文すると、特別価格でロブスターのサイドオーダーができたので、綾花のは、それを利用させて頂きました。 お味については、まあ、こんなもの?って感じですね。 アメリカって、こんな海辺にいても、結局 オハイオ辺りで食べるクラブケーキと然程変わりは、ないんです。まあ、驚いたのは、料理の多さと、最後に頂いた請求書に記された金額ってところでしょうか。

 

 食事を済ませた後は、港周辺をプラプラ歩いていると、足こぎボートが嫌でも目に入ってくる。 実は、この街についた時から、綾花は、このボートが気になって気になって仕方なかったようだが、私とトニーは、あえて無視しておりました。 そして、いよいよ 「そろそろ帰途につこうか、、、」というところで、これに乗るまでは、オハイオなんぞに戻れないと言うような勢いで、綾花の交渉が始まる。 私は、まあいいか、、、というか 実は、乗りたい派だったので、「しかたないなあ、、」なんてそぶりを見せましたが、トニーは、全然乗り気でない。 実は、後にトニーは、体調を崩すのですが、この時から既に、体の様子が変だった模様。

 

 それでも、まあ旅の最後の締めくくりという事で、30分$16という、ドラゴンボートに乗りました。私とトニーが、せっせとペタルを漕ぎ、綾花は、ハンドルを握って操縦係です。食後の30分の運動は、結構きつかったけど、まあ、この後、車で寝ればいいか、、、と思っていた私。 ところが、駐車場に戻ると、トニーが、体調が不調だから、ちょっとだけ運転してと。で、私の運転で、ボルチもアーを後にし Iー76まで運転する事1時間。 トニーの様子がますますよろしくない。 途中のガソリンスタンドのトイレで、1時間半程立てこもりです。 この時、気がついたのですが、我がダーリン、この1年半、シーフードレストランに行くたびに、食あたりのような症状があったのです。 これまでは、軽い食中毒と思い、食したレッドロブスターにクレームの電話をかけて文句をぶーぶー言っていたのでしたが、「ひょっとして、これって、魚介類アレルギー?」と気づいたのでした。 でも、ダーリン、私の料理する魚介類では、具合が悪くならない。 過去3回、必ず食べたものは、キングクラブですが、これをある一定量以上食べると、体が反応を起こすのかな? まあ、そんなこんなで、助手席で苦しんでいるハニーを横目に、家まで6時間程のドライブは、私の担当となったわけであります。 

 

 

 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。