歓びと哀しみ

今回の旅の締めくくりは、東京デイズニーランドで過ごす2日間である。 綾花は、このイベントを、日本に行く前から楽しみにしていた。 日本についてからも、カレンダーを眺めては、指折り数える程だった。 ただ、この楽しいイベントも滞在の最後という事で、山梨の実家を発つ際には、「綾花は、嬉しい気持ちと悲しい気持ちがあるの。」と、自分の気持ちを彼女らしい言葉で表していた。  

 ふと思ったことだが、この感情の二面性という経験は、感性の育成において、とても貴重な体験だ。 

 今は亡き、バイオリニストで作曲家のクライスラーという人の作品に、「愛の歓び」。「愛の哀しみ」という2曲がある。この2曲は、共に恋愛をテーマにしたものだが、先の作品は、「恋する事により感じられる歓び」をうたい、もう一曲は、「恋する事によって感じられる哀しみ」をうたったものだ。 神童と呼ばれ 幼いうちからその才能を世の中に見せつけた(特に日本において)五嶋龍が7歳か8歳の頃、この2曲を 感情を込ませて弾ける様にするため、当時の先生は、チョコレートを使ったと聞いたことがある。「君がの箱詰めチョコレートをもらったらうれしいだろう?」「箱に沢山入っているチョコレートをどれから食べようか、考えるときには、なんとも心弾む思いでしょう?」「では、このチョコレートを、3日間食べては、いけないよ、といわれたら、どんな気持ちになる?」こんな感じで、恋愛の持つ二面性を、幼い子供に実体験に近い感じで説明したらしい。  

なには、ともあれ 生きてく上での変化に は、哀しみ、歓びがつきものだ。 私も、どちらかと言うと幼い頃から感受性の高い人間でしたが、この時期は、特に感情の浮き沈みが大きかった様に思えます。 人生の別れと出会いが交差し、その背景に桜の花などちらちらと散った日には、何とも言えない感情がこみ上げてくるものですが、本日、何年か振りに、綾花の一言をきっかけに、懐かしい感情がよみがえった体験であります。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。