嬉しいニュース

 私たちのような年頃の人間は、子育てやら、仕事やら、人生の中でも非常に多忙な時期にいて、学生時代の友人などは、疎遠になりがちだ。 私も、こうして実家に戻ってきても、気軽に電話できるような、昔からの友人というのは、はっきり言ってひとり、ふたり、、、、、、、中学時代、テニス部であんなに燃えたのは、なんだったんだろう?とか、年寄りくさいことに思いふけったりしている。

 昨日、アメリカの住所宛に届いた友人の手紙を、トニーがスキャンしてメールで送ってくれた。 それは、3月14日付けの日付で書かれた、地元に住む、短大時代の友人からのものだった。 彼女とは、年に、1,2度手紙のやり取りをし、5年に1度くらいのペースで会うお友達だ。 この友人は、膠原病とう難病を持ち、ここ数年も2年おきに入院をしていて、こちらに戻っても、なかなか会えなかった。 そんな友人の手紙には、病気も今は、落ち着いているとあったので、昨晩、早速電話して、今日のランチの約束をした。

 私たちは、同じ年でありながら、両極端といっていいほどの対照的な性格と人生で、私自身、彼女から学ぶことは、とても多い。 小学生の時から、難病と生活してきた友人は、自然と行動範囲が狭くなりつつも、ものごとを、奥深く探る思想を徹底している。 そんな彼女の立場にたって、物事を考えるようになると、自分の考えだけでは、気にも留めなかったことに、自然に気がついたりする。

 ここ数年、病気の治療を通して知り合った、アメリカ帰りのドクターに、彼女は、非常に勇気付けられ、一人で生きていく覚悟をもって、医療事務の仕事を始めたと聞いてまだ、1年もしていなかった。 トニーがスキャンして送ってくれた手紙にも、嬉しいニュースというだけで、それ以上は、何もかかれていなかったのけど、今日、友人と会うと、なんと婚約したというニュースを知らされた。 余りの驚きと嬉しさで、思わず泣いてしまいました。 婚約者の方は、彼女の病気を理解するため、掛かりつけの医師の下に、3度も足を運んで、彼女の様態、病気の実態、今後の生活で考えられることなど、誠意を持って、話を聞いてくれたと聞いて、私も、その方の魅力がなんとなく分かったように思えた。 

 友人は、よく、「なんでも挑戦して道を広げて行く私のことを、自分には、有り得ない、他人の生き方だ」 といって、私の話を楽しそうに聞いてくれていたけど、「どんなに難関があっても、それなりに、挑戦すべき壁は、あるし、行動を起こせば、どんな形であれ結果は、でるものなんだねえ、、、、、」 と自身の嬉しい知らせを、なんだか他人のことのように語っていた。 私にしてみると、これも、やっぱり彼女らしい。

 この春は、本当に思いもよらない、嬉しいニュースが舞い込んで、私にとっては、忘れることのできない春になりそうです!!

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。