ぽたっ、、、、、ぽたっ、、、、、、

dsc00917_2.jpg
 今日は、また雪がしんしん降っているのですが、2、3日前までは、お日様も出て、気温も0度以上に上がり、窓の外に見えるつららが形を変えて行く様子を、あったかな家の中から楽しむ事が出来ました。
 つららから溶けた水の落ちる音を描写する言葉って何かな?とふと疑問に思い、頭の中であれこれ考えてみました。「ポトン、ポトン」、「ぽた、ぽた、」「ぽしゃん、ぽしゃん」、「DRIP, DRIP 」。いろいろな言葉が、思い浮かびました。
 
 話変わって、10代の頃、日本に留学経験のあるトニーは、日本語で特に悩まされたのは、擬音語だと言います。「なんだか、わくわくする」とか、静電気いっぱいの毛布をさして「ぱちぱちして痛いね」とか、「その服、だぶだぶすぎるよ」とか、「がりがりに痩せたね」(この言葉は、あり得ないけど)なんて、例を挙げればきりがない。 擬音語って、私也に考えると、感覚を言葉に表しているものだと思う。 これは、日本の文化背景を理解しなければ、外国の人が使いこなすのは、なかなか難しいような気がする。 5年程前に通っていたアクロン大学で、英作文のコースを取った時に、講師が言っていた言葉、「日本人の書く文って、何を言っているのか分からない。」という言葉が思い出される。 私は、このコースで、アメリカ人に理解されやすい文の書き方の手ほどきを受けたが、何のひねりもなく、単刀直入に書かなければいけないことが、非常に悲しかった。


 さて、私が、写真の光景を描写する為に選んだ言葉は、
「ぽたっ、、、、、、、、ぽたっ、、、、、、、」
「ぽた」の後の 小さな「つ」。これは、つららの先から落ちた後に残る名残惜しさ(写真で見られる、大きな玉の後につられて落ちた、小さな玉)を描いている。そして、次の水玉がつららの先までやってくる間のわずかな時間が「、、、、、、」です。
 5歳の綾花に日本語を教える上で、どこまでをどのように、と悩む日々が続いていますが、日本語の理解というよりは、こういう日本語独特の感覚的な言葉を 是非、理解して欲しいものです。 このような感覚を身につけることは、バイリンガルと言うよりは、人間的に豊かな人になること、間違いなし、だからです。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。