Pony-Crazed Princessシリーズ  Princess Ellie to the Rescue

DSC00521.jpg

 2、3ヶ月前から、綾花は、チャプターブック(数章によって構成されている本と言えばいいのかしら?)を読む事に挑戦している。 今のところ、トニーが一通り読んであげて、気が向くと、自分の好きな部分をつまみ読みしていると言う感じだけど。
 
 たまたま私が買い物に出かけた古着屋のすみにあった、古本コーナーでこの本を見つけて来たのがきっかけだった。買った本を、とりあえず綾花の部屋に置いておいたら、ある晩のストーリータイムでトニーが読んであげたのだ。 この80ページもある本を、トニーは、1回で読み切ってしまったという。それ以降、綾花は、何度もこの本を読んでくれとおねだりするようになった。ある時は、私に読んで、と言ってくるので、渋々読んであげたら、私の下手な英語など聞いていられなかったようで、自分で読み始めてしまった。(読めるなら、最初から自分で読んでよ!ぷんぷん)

DSC00522.jpg

で、ある時突然、「今度は、ELLIE’ secret が読みたい」といいだした。 「そんなのあるの?」と聞くと、「あるよ」と自信満々。「だってほら!」 と開いてみせてくれたのは、手持ちの本の最後の方。なんと、次のシリーズの第一章目がプリントされているではないか! まあ、商売上手な、、、、、 そこで、アマゾンで調べてみると、このシリーズ、7冊近くの本が出版されている。それを知った綾花は、全部欲しい!と 何でも収集家魂がかなり燃えている様子。 でもねえ、古本だと 1冊25セントなんだけど、これって1冊$3,99もするのよねえ。ちょっと悩みます。 「まあ、これは、サンタさんに相談しましょう!」と、まずは、話を終わらせました。 果たして、サンタさんは、よいこの綾花に、ELLIE’ secretをはじめとする、このシリーズの本を持って来てくれるのでしょうか?

健康は、すべての素ですね

 ここ数日、私は、とっても不機嫌なのです。 理由は、子供っぽいのですが、トニーに相手にしてもらえない!こと。 トニーは、ストレスが溜まると、すぐに風邪を引いてしまうのですが、ここ数週間、週末の重労働がたたって、今は、最悪の風邪の真っ只中。それでも、仕事は、続きます。熱が出ても、咳が止まらなくても会社に行かなければ行けません。なので、「相手にしてもらえない」なんて、わがままを言っている場合ではないのは、百も承知なのですが、、、、
 
 でもでも、今月は、クリスマスシーズンという事で、家族中で子供を預け合い、どこの家族も、夫婦でデート(大抵、クリスマスショッピングで終わるのですが)しているのに、、、私達夫婦の最初のデートの約束は、先々週の日曜日、当初6時間で終わるはずの仕事が18時間となったことでキャンセルされました。 そして、この金曜日、日曜日の変わりに休暇をもらえるという事だったのに、朝になって、急遽出勤決定。 この日の綾花のウインタープログラムには、かろうじて参加出来ましたが、午後から出かける予定だった美術館デートもキャンセル。 土曜日には、前々からチケットを買っていた、セントバーナード、カトリック教会にて行われた ”クリスマスキャンドルライトコンサート” (合唱による、クリスマスコンサートでした) に出かけましたが、余りの風邪にひどさに、コンサートを防御してはいけないと、咳を我慢していたトニーに取っては、拷問のようなコンサートで終わってしまいました。(私は、天使のような歌声に、うっとりできましたが) で、重くなる一方の風邪でありながらも、日曜も出勤。大雪警報の中、スノーベルトにある会社へ出かけて行きました。

 こうなると、体を休められないので、風邪は、重くなる一方。 昨日は、綾花もトニーの風邪がうつって、のどの痛みを訴え、学校を休むこととなりした。 で、2人の病人の看病+犬の散歩などなど、私への負担は、重くなる一方。 しかも、いつも寝る時に、おしゃべりしながら寝る相手は、薬を飲んで、私がベッドに行く頃には、ぐっすり眠り込んでいるし。 一人って、悲しいなあ。 健康である事は、本当に大事な事なんだと、つくづく思い知らされております。