ウインタープログラム パート2

本日行われた、ウインタープログラムの後半は、コンサートです。 クリスマスにちなんだ歌、15曲を、小学生部門の子供中心に、ノンストップで歌いました。半分以上の曲には、生徒や先生方による、楽器の演奏があり、綾花もジングリベルをヴァイオリンで担当しました。

DSC00474.jpg

私が伝授した(ってほどのものでもないけど)、サンタが町へやってくるは、なぜか、一番元気に歌え、会場の皆様にも大受けでした。 実は、この曲、さびの部分のソロを 綾花が担当したのですが、私やトニーが驚く程、大きな声で歌い上げていました。

DSC00500.jpg

ジングルベルのバイオリン演奏も、いつも通りに弾けていました。この様子を眺めていた、私とトニーは、やはり、会場で一番の笑顔を作っていたようで、後に、ミセス、ハンコックに、「私は、子供達の顔よりも、あなた方の顔をみている方が、幸せでしたよ」と言われ、照れてしまいました。 ミセス、ハンコックは、綾花が初めてこの学校に来た時の担任の先生ですが、担任以上に、私たちが壁にぶつかった時には、心温まるアドヴァイスを下さったり、一緒に悩んでくれたり、時には、私の泣き言を受け止めて下さったり、先生以上の存在です。

そんな、ミセス、ハンコックが、今日は、こんなアドヴァイスをくれました。 綾花がいいというのなら、私と綾花で、ナーシングホームを訪ねて、ご老人のために、ヴァイオリンを弾いてあげたらどうか?と。 ミセス、ハンコックは、ここ数日、リハーサルのため、学校にバイオリンを持参している綾花が、ランチタイムになると、クラスの皆に、ミニコンサートを開いている姿を見て(そんな事、今日知りました)、綾花は、人に与えることを歓びとする性質があるから、それを育てて行くために、ナーシングホームなどで演奏させるのがいい、と言う事だ。 人への奉仕、という事は、私が普段から綾花に教えたい事の1つでした。 今日のこのアドヴァイスは、そんな私の心を大きく揺れ動かすものとなりました。 これも、近い将来の夢として、是非心の中に留めておきたいものです。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。