私は、スタッフか?

 この季節、どこの学校でも、サンクスギビングのイベントから始まって、冬の催し物の準備に忙しい事と思う。 綾花の通う学校も例外では、ない。 現在、校長先生が長期療養で不在のため、各クラスの先生方が、催し物の準備に明け暮れているのだが、なぜか、私がこのメンバーに加わっている。 自分でも、摩訶不思議?!?!状態です。 
 
 話の始まりは、綾花のクラスの生徒たちに 折り紙で作るクリスマスツリーに飾るオーナメントを教えるだけの事だった。 が、冬の催しもののテーマが、「世界の国々について」という事で、先生方の出身の国(この学校の先生は、様々な国籍の方がいます)を選び、その国々の生活やイベントなどの話を子供に聞かせ、それを絵に描いたり、文にまとめたり。さらには、それぞれの国のクリスマスにまつわる歌を、生徒たちが歌うというものだ。 が、そこに、なぜか、「日本」が入っていた。 綾花の担任の先生と私は、まあまあの友達(どんな友達?)ということで、彼女に「Mrs. Coffman, I hope you don’t mind」の一言で、押し切られてしまったわけだ。 (私が、こういう事を引き受ける度、トニーには、「ノーと言える、恵美になりなさい!」とよく言われる。が、私は、しがない、「ノーと言えない日本人なのであります」)

 で、今週は、2回にわたって、折り紙を教えに出かけてきました。 4種のオーナメントを作ることにしたのだけど、そのうち1つは、綾花に教え込み、綾花が各生徒に教えて回ってくれた。なかなかの戦力だ。 折り紙は、昨年も何度か教えたりしていて、何人かの生徒は、非常に上手く折れたので、その子供達に、上手く出来ない子のサポートをお願いしたりして、全20人の子供達に、何とか4つのオーナメントを折ってもらう事ができた。

 やっと折り紙が終わったと思ったら、今度は、日本語で歌う、クリスマスソングのお手伝いだ。私は、本当に音痴なので、「歌は、絶対に教えられない」と言っておいたのにも関わらず、そんなのは、全くの無視である。来週、また歌を教えに来てくれということになってしまった。(どうすりゃいいのよ?)

 で、1回目に折り紙を教えに出向いた際、小学校部門の先生から、「私の生徒達も、折り紙を折りたいってうるさいから、何か教えてくれないかしら?」と言われ、ものは、ついでなので了解したら、それだけでは、済まされず、「日本の独特のイベントってもの、何かないかしら?それを子供達に話してあげてれ」って、なんでそうくるかな? で、来週は、このクラスに、ひな祭りについて、お話しすることになった。 まあ、小学校部門は、来年の綾花の進学校を検討中なので、是非見学してみたい気もあったので、こういう機会に、色々見ておくのもいいかな?と思うのであります。 

 そんなこんなで、何かと忙しくしている私ですが、さらに追い打ちをかけたのは、意外にも意外! ヴァイオリンのレッスンについての質問が、生徒の親御さんから、結構来るのだ。 なんでも、綾花が学校でレッスンを始めるようになってから、ヴァイオリンを習いたい子供達が、4人も出てきた。その生徒さんたちの親から、先生ではなく、何故か私に、色々な質問が寄せられる。 簡単なものでは、学期のレンタル先と価格について、からはじまり、3歳半のお子さんを持つお母さんは、綾花がヴァイオリンを始める前までに行なってきた準備(環境を整える事、感情表現を豊かにする事など)について、詳しく聞かせて欲しいとか、まあ、様々である。 ヴァイオリン教育については、私もド素人で、かなりどん欲に、いろいろな方法を探ってきたので、ド素人だけど、子供に習わせたいお母さんの気持ちは、十分理解している。しかし、私の行き着いた最良の方法は、私も習う事であり、これを話すと、ほとんどのお母さんは、引いてしまうのだ。 そうなるとねえ、もう何も言えないのが正直な所。 まあ、皆さんも、独自の方法を見つけられたらいいと思う。(私も是非それをヒントに、新たな練習方法など見つけられたらいいなあ)

 こんな状態で、ここ何日か過ぎているわけます。 それにしても、本日、20人の子供達に質問攻めで、クラスの終了とともにげっそりしていたら、友人で担任の先生に「持つべきものは、インターナショナルな親なのよね。助かるワー」と励まされた。 が、インターナショナルな親なら、他にインド人がたくさーんいるのだ。彼らは、何処にいった? まあ、皆、共働きしていて大変なんだろうな。 でも、こういう機会があると、綾花が、半分日本人であることを、意識してくれるだろうと、言い聞かせて 頑張れるわけであります。

 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。