ブレイデイ 〜出来損ない犬の大きな目標〜

brady1st.jpg

 昨年、10月22日にブレイデイが 我が家の一員に加わって 早くも1年が経ちました。 来た時から、いたづらが多く、この1年でブレイデイに壊されたものは、数えきれません。1年経った今でも、回数は、減ったものの、まだまだ油断大敵です。 先日は、キッチンのカウンター上にあった、パンを食べられました。

 こんなブレイデイですが、かなり難関と思われる大きな目標があります。 実は、将来 セラピードッグとして、ボランテイアに参加させたいと思っているのであります。 これは 元々犬を飼う時に、私の中で決めていた事なので、ブレイデイを選んだ事自体、自分自身を荒波の海に飛び込ませたようなものです。 (見る目がなかったんですね)

 現在、ブレイデイは、2歳。 人間で言う所の青年期真っ盛り。 性格的には、割と頭はいいものの、気持ちが高ぶりやすく、一旦ハイパーになったら、相当高いレベルでコマンドを与えない限り、手に負えない状態となってしまう。なんとも、とほほ。。。。なものです。 この1年で、他の犬への接し方は、かなり向上したものの、トレーナー曰く、かなりの人間好きでありつつ、人間への接し方のマナーを持っていない(セラピードッグとしての理想とは、まったく反対)、ある意味致命的な犬であります。 しかし、私の心から尊敬する、シーザー、ミランの言葉では、どんな犬も、きちんとしたリードのもとで、バランスの取れた理想的な犬になる、というものを信じて、日々の散歩に勤しんでおります。 これは、犬と言うよりも、私に課された目標なのであります。

 今の所の目標は、5歳までに、人間への理想的な接し方をクリアーさせ、セラピードッグの用の試験にパスさせる事。 今から3、4年後に、セラピードッグとして活動できれば上出来かと思っています。 セラピードッグとしての活動は、地元アクロンのチルドレンホスピタルでとりいれている、長期入院患者のお見舞いを考えています。いつの日か、こんな日が来る事を思って、日々の散歩に勤しんでいる私とブレイデイであります。