矯正報告 〜1年2ヶ月〜

kyousei0710.jpg

 早いもので、矯正を始めて1年2ヶ月になりました。前回、矯正歯科に行った後 写真を取り損ねたので、ブログ上の写真だけ見ている方は、この変化に かなり驚きではないでしょうか?
 今回は、この月曜に矯正歯科に出かけてきました。上の、奥に生えていた歯を 引っ張り出す作業を、3ヶ月程前から試みているのですが、今回は、スーパーフレキシブルワイヤーなるものを、引っ込んでいる歯に装着し、一気に引っ張り出すという作戦で、先生は、「今日は、家に帰ったら、即 頭痛薬を飲んだ方がいいよ」とおっしゃられました。 その帰りに、車をぶつけたせいか(詳しくは、22日のブログをどうぞ)、そちらのショックのせいで、頭痛は、余り感じませんでした。

 昨日になって、下の歯に装着したワイヤーの端が、(今回も、切ったまま状態でした)口の内側を刺し、時には、そのまま抜けないような状態になってしまう事に気がつき、改めて、矯正歯科へ出向いて、ワイヤーの端の処理をお願いしました。 前回の訪問から3日しか経っていないのに、下の歯の隙間がほぼなくなっていると言う事です。(そのため、ワイヤーが、歯の端から抜き出るような状態になったのだとか。でも、ワイヤー切ったまま状態は、止めてくれ!) 上の奥に引っ込んだ歯も、大分前に出て来ていると指摘されたので、鏡でじっくり見てみると、何となくそんな感じです。 これまでの経験で分かったのですが、矯正装置の締め付けをした後、3日位の間に歯が動きます。 その後は、そこにとどまって、根を歯茎に固定させる感じです。だから、矯正歯科に行った後3日間は、歯が全く使えなくて、おかゆの生活が続くんですね。

 今朝の診察の際、先生が、「今回は、痛んだでしょう?」と言われたので、「それが、ここに来た後、車をぶつけて、そちらのショックの方が大きくて、気がつかなかったんですよ」 と言うと、「じゃあ、ジェニファーと君は、たいそう話が合いそうだね」と一言。 月曜日に私にワイヤーをつけてくれた助手のジェニファーさんも、最近車をぶつけたのだとか。 お互いに、悪いエネルギーを渡し合っていたのかしら? ちょっと性格悪いかもしれませんが、「私だけじゃないんだなあ」と胸を撫で下ろしたりもしました。 次回の訪問は、12月4日です。今後の歯列の変化に乞うご期待!

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。