今日も朝から、、、、、

 余りの忙しさ(気ぜわしさ?)に、夕べは、9時半に寝てしまいました。しかし、夜中に、恐怖のベルの音。それは、ブレイデイが、私達が引き取る前にいた 救済団体に仕込まれた、「お外に出してくれー」の合図。ドアノブにかけたベルを、トイレにいきたくなると、鳴らすんです。で、時間を見たら1時半。ブレイデイを外の鎖に繋いで、即ベッドに戻りました。で、彼は、朝起きるまで、外にいてくれたので、それはそれで良かった。それとも、中に入れて欲しい合図を出しても(鳴くだけ)私が気がつかなかった?

 今朝は、 途中邪魔は、あったものの、快適な睡眠をとれたので、寝起きもさっぱり。 まずは、メールチェック。なんと今日は、珍しく5通ものメールが。 早速チェックしてみると、すべて同じ人物から。しかも、クレームのメール。順番を増すごとに、内容がひどいものになっていて、読んで行くうちに、げっそり。 こういうものは、朝から読むものでは、ないですね。 ところで、何のクレームかって? それは、E-BAYで売りに出していたラップトップコンピューターの購入決定に伴って、先週送ったはずの品物が届いてない!という、怒りの内容でした。 いやあ、確かに10日前に送ったのにね。 私は、E-BAYでコンピューター関連商品を頻繁に売りに出しますが、この手のクレームが結構多いんです。いわゆる、詐欺ってやつです。(特に、普通郵便で送ってしまった日には、郵送された証明が得られないので、足下みられます。)

 色んな経験があって、コンピューター関連商品を送る際には、必ずプライオリテイーメールと保険のセットを付けていますが、今回も例外では、ありません、、、、しかしっ。 プライオリテイーメールのトラッキングナンバーの書かれた用紙をどこかに!(こういう所が、お間抜けな私です) で、仕方なく、保険のレシートをスキャンして、メールで返信。 すると、(予測していたけど) 「保険のレシートじゃあ、トラック(商品がどこにあるか、ネットで検索する)出来ないんだよ〜」メールが速攻で届いた。 この対応の早さには、感心させられます。 そこで、「郵便局に行って、追跡調査を依頼してもらってくるから、もうちょっと待っててねえ」と返信したら、「そんな事言って、本当は、送りもしなかったんだろう!」 これには、かなり ”むかっ” と来たけど、本当に届いていなかったら、それくらい怒りたくもなるだろう($100近くの取引でしたので)と言う事で、グッとこらえました。

 このような場合、郵便局で どこまで協力してくれるか懐疑的でしたが、サービスの良さそうな、本局に出向いて、保険のレシートを見せ事情を話すと、「ちょっと待っててね、どうなったのか調べてくるから」と窓口から姿を消す事5分程。やがて、紙を片手に、「19日には、届いているわよ。 あなた、騙されてんじゃない?」 と、お届けの証明用紙を渡された。 「やはり!」。 早速家に戻って、証明用紙をスキャンしてメールした。その際の内容は、 相手を攻めたい気持ちを抑え、追い込まれた犯人に、逃げ場を与える気持ちで、(トニーからのアドバイス) 「あなたが、私を疑っている事にかなり失望しました。 そこで、郵便局に行って調べてもらった所、19日には、そちらの住所に届いているという事です。 その内容は、添付した用紙に記されています。 そちらは、ビジネスで、ラップトップコンピューターの売り買いが頻繁に行なわれているようなので、そちらの事務所のどこかに、置き忘れられているのでは、ないでしょうか? もう一度、よくお確かめになって下さい。 私に出来る事は、すべて行ないましたし、私のした行為に欠陥は、ないと主張出来ます。」と 最後に ”敬具” まで付けて、メールしてやりました。

 すると、それまで、私のメールの1分後には、即返信されてくるメールが送られて来ない。 私は、嫌みのつもりで、事務所内を探したら?と書いたのだけれど、本当に、探しているのか? そこで、1時間程、ブレイデイの散歩へ。戻ってきてメールを確認すると、来ていました。(今回は、どんな手で脅してくるのか?)と心の準備をしてメールを開くと、「心より、深くお詫び申し上げます。」から始まっていました。 かなり怪しい理由付けのようなきもするけど、隣の事務所に届けられていたと。で、中身は、E-BAYで説明した通り、破損もありませんでしたとの事。 しかし、19日からこれまで、だまって預かってくれるような人(または、会社)があるでしょうかね? この方は、私の予想通り、中古ラップトップコンピューターの売買を仕事にしていて、E-BAY上でのビジネスを行なっていらっしゃるようだけど、買ったはずの荷物が届かない事が、立て続けに起こっていたので、今回もその手の詐欺にあったのかと思ったという事です。だから、基本的にE-BAY上の人は信用しないんですと。(じゃあ、ビジネスやめなさい!) しかし、本当に申し訳なかったと3回も書かれてあって、早速、私のフィードバックに良いコメントを残しておいたとの事。(確認したら、信用に値する売り手だ、とありました)

 今回の一見は、かなりむっとしたけど、最後まで、相手の言う事が嘘かどうか分からないので、まあ結果が良ければ、、、という事にしておきます。 でも、この人との取引は、もう2度としません。ちなみに、最後のメールで、「信用を獲得するのは、非常に大変だけど、失うのは、簡単なものですねえ」とコメントさせて頂きました。(遠回しに、どんなに口で上手くいっても、あんたは、もう信用しないよ)という事です。 それにしても、昨日から本当に、私の貴重な時間が、どんどん消えて行く。 明日は、綾花の学校の遠足の付き添い。その後、バイオリンのレッスンが、、、、 明日の夕食は、そうめんに決めた!(今から、料理拒否の主張という事です)

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。