飼い主としての責任 〜犬の散歩をしよう〜

 昨日、犬の愛好家として、想像するのも恐ろしい出来事がありました。 トニーのお姉さんの家の犬が、隣の家の犬の襲われたのです。 お姉さんの犬は、ポメラニアン雑種の小型犬。 そして隣の犬は、ジャーマンシェパード2匹。 隣の家の裏庭には、金網が張ってあり、ジャーマンシェパードは、大抵、この裏庭に放し飼いされているのですが、1匹の犬が、金網の下を掘り起こして、若干の隙間があった所に、お姉さんの小型犬が 匂いを嗅ぎに行った所を、運悪く、ジャーマンシェパードに捕まって、そのまま、金網の向こうに引っ張られ、2匹の犬に噛みたい放題噛まれてしまったとの事です。 最後は、お隣夫婦が、ジャーマンシェパードの上に覆いかぶさって、何とかお姉さんの犬を取り戻したのですが、鼻の骨が、めちゃめちゃに折れ、即救急病院行きとなったとの事。 即手術をして、鼻を直す事も可能だった様ですが、$2000もかかるという事で、とりあえずの応急初志と、抗生物質をもらって帰宅。お姉さんは、自然に治癒するのを選んだとの事。

 それにしても、犬を飼っている者として、我が身に振り替えて考えてみれば、なんとも恐ろしい話です。 ここアメリカでは、1ヶ月程前に、有名な俳優さんの飼い犬 マステイスが、使用人をかみ殺したというニュースがあったのも、記憶に新しい。 私の尊敬する ドッグトレイナーのシーザー、ミランは、問題のある犬の原因は、犬の運動不足にあると言っている。 犬と言うのは、大小のサイズに関係なく、歩く事が仕事であり、歩く事をしないとストレスがたまり、そのストレスのはけ口として、凶暴になったり、何かに執着したり、という問題が浮上する。 彼は、1日最低45分の散歩を推奨している。(というより、飼い主として、最低の責任だと。) また、歩く際には、飼い主が犬のリーダーとして、正しい位置で歩かなければ、それは、歩いたことにならないとう事も、強く強調している。 このテクニックについては、私は説明出来る立場でもないので、控えさせて頂くが、飼い犬を、リーダーのフォロアーとして歩かせる事は、肉体的な運動と同時に、メンタル的な運動も行なわれ、これに寄って、犬は、心身共に疲労を感じ、それでバランスのとれたものとなる、という事らしい。

 ちなみに、不幸な出来事に見舞われた お姉さんの隣家の ジャーマンシャパードは、庭で自由に遊べるから、と散歩をした姿など見た事がない、とお姉さんが言っていた。 ジャーマンシェパードなどの労働犬は、もともと「働く」という事が、脳にしみ込まれているので、散歩なり、何か、肉体的な運動をさせないと、特に凶暴になりやすいという。 犬を飼うという事は、彼らの要望もしっかり満たし、また他の市民に迷惑(特に危険な状態にさらす)をかけないよう、100%の努力をする覚悟を持たなければ行けないと思う。 

 ところで、アメリカで、人を殺した犬の種類で、かなり上位にあがっているのが、リトリバー系だということ、ご存知でしたか? これには、ラブラドール、ゴールデン、共に含まれますが、この犬種は、盲導犬、サーヴィス犬などとして活躍していて、人なつこく穏やかなイメージがあります。 そのイメージが先攻し、ペットととしての人気が高いのですが、彼らは、もともと働き者の犬種なので、ただ単にかわいがられて、働くという事をさせないと、ストレスのはけ口として、凶暴になったりハイパーになったりしてしまうそうです。 犬をペットとして迎え入れる際には、どれだけの時間を、犬の為に費やせるのか、また、自分のいる環境にあった犬を冷静に考えて選ぶことが、非常に大切だと、今回の事件で痛感した次第です。

広告

Bunny goes around the tree

 育ち盛りの子供の足の成長は、とても著しいものだ。夏前に、綾花が赤ちゃんの時からお世話になっている靴屋さんで 足の測定を行ってもらったときには、サイズ10と言われたのに、今日、また足の測定に出かけると、今度は、10.5に変えた方がいいと言われた。まあ、足の成長も著しいけど、靴の傷み方も、それに伴うものなので、新しいものを買う事にしました。 今回購入したい靴の条件としては、ピンク系ひも靴、というものでした。 この靴屋さんは、デザインに限りがあるのと、在庫も然程多くなく、取り寄せもほぼしてもくれないので、ここ1、2年、ここで靴を買う事は、なかったのだが、綾花は、目の前に並ぶ、彼女の条件を満たす2、3種類の靴で満足気であったので、その中から、在庫に綾花のサイズのあるものを買うことにした。運良く、どれも在庫は あったが綾花の選んだのは、中でも一番安いもので、親としては、大変ありがたかった。

 さて、靴屋さんで早速靴を履き替え、靴ひもの結び方の練習を始めた。1年程前にも、挑戦したが、なかなか時間がかかるので、マジックテープの靴に買い替えてしまったのだ。(世の中便利で、いいのか、悪いのか?) 綾花が、最初に覚えた結び方は、トニーから受け継いだ、「うさぎの耳2つ」から始まるものだった。これがまた、結ぶのも難しければ、口頭での説明も難しい(かな?)。最初に、各紐に、長さ1/3位を使って輪を作ります。で、ひとつの輪を、もうひとつの輪の周りにまわして、穴にくぐらせて結ぶというもの。これは、両手で、輪を壊さない様にしたままの作業なので、子供には、かなり難しい。綾花にも、なんとかできるものの、かなりのストレスを蓄積する作業なので、私流の結び方を伝授する事に。私のは、日本では、一般的なものなので、皆さんご存知かと思います。
 
 ところで、綾花は、かなり論理的で、言葉を巧みに使うのが得意な性格なのですが、込み入った作業をするときには、それをいったん言葉に変えて覚えて行くという、私には、考えられない特質を兼ね備えております。 私が、結び方を説明するときには、「まずは、こうしてね、それから、ここをこうして、こんな風に、ぐるっと」なんて感じで、映像を見ていない人には、いったい何やっているんだか?と言うような、説明です。 で、私が、そんな感じで、デモンストレーションを開始すると、「A bunny goes around the tree. (1匹のうさぎが、木の周りを歩いていました。) Then she found the hole. (そして、穴を見つけました。)She gets into the hole, and she found the other one.(その穴に入ったら、もう一匹のうさぎを見つけたよ!)」(綾花の思考回路は、もう英語が完全に選考しています。) そういいながら、何度も何度も練習しているうちに、とても上手に、靴ひもが結べる様になりました。そして、早速お父さんに報告。「お母さんのやり方の方が、簡単でいいよ!」

DSC08257.jpg

 おかげさまで、本日を持って、靴ひも結びは、終了いたしました。

遠足同行、、、、、ちょっと後悔

 今日は、綾花の学校の遠足に付き添いという事で、クリーブランドまで出かけて来ました。 行き先は、歴史博物館に期間限定で展示されている、モンテソッリの歴史展。この展示、モンテソッリに興味のある大人には、かなり見応えのあるものだけど、5、6歳児には、どうか? と非常に疑問でした。そもそも、この遠足は、小学生たちだけの予定だったのが、急遽、綾花の学年も参加する事に。 教育方針については、文句はないものの、私の基準からみると、学校の運営にかなり欠陥のある学校なので、(子供が通ってる学校に対してのコメントとしては、好ましくないですね)何か事情があるんだと読んだ。
 
 まあ なには、ともあれ、綾花が、私にも来て欲しいとうるさいので、数少ない同伴者の一人として、お供する事に。 会場に着くと即席で、会場内で行動を共にする生徒を3人あてがわれた。それが、後から判明したのだが、一番扱いにくい生徒をあてがわれてしまった。 3人の中には、勿論綾花もいたけど、綾花とこの生徒、180度違うタイプで、私が、1秒でも目を離すと、視界から消えてしまうような子供なのでした。 よって、会場内では、展示物など見ている場合ではない、この子供の行方を追うか、展示物に触れさせない様、注意するか。(展示物に触れては、いけないと注意を聞いている瞬間に、手が触れてしまうような子供でした。)よって、綾花ともう一人の子供などは、無視せざるを得ない。こういう場合、綾花は、すぐにへそを曲げるそうな、厄介な性格で、これもまた、私を疲れさせた、大きな要因です。 この展示会場では、まさしく、魔の1時間を過ごしたわけです。

 学校に戻って、なぜか学校で留守番していた綾花の担任に、軽くクレームをつけると、「いったい、誰を面倒見たんだ?」と言うことになり、問題児の名前を挙げると、なぜその子を、父兄に面倒見させたのか?と 恐顔になっていたので、やはり、学校側でも問題児を承知のうえ、私にあてがってきたんだな、と確信した。 

 遠足から戻って、いったん綾花と学校で別れ、今度は、私のレッスンの為、ヴァイオリンの先生の家に。この先生は、綾花の学校で音楽を教えて下さっている方なので、今日は、綾花の学校の遠足だった事をご存知だった。 私は、遠足後、休む間もなく先生の家に出かけたので、レッスンの前に、ちょっとだけ、お茶を飲ませていただき その際、遠足の話となった。 そこで、私の苦労話を聞いてもらうと、先生が、誰を面倒見たのか当ててあげる、とおっしゃって、2人の名前を挙げられた。そのうち一人は、見事当たり。 関係者なら誰でも分かる手の焼ける子供、こういう子供を、遠足で、素人の父兄に任せては、いけませんよ、全く。 今週は、かなりストレス溜まっています。ああ、温泉につかってのんびりしたいなあ。

今日も朝から、、、、、

 余りの忙しさ(気ぜわしさ?)に、夕べは、9時半に寝てしまいました。しかし、夜中に、恐怖のベルの音。それは、ブレイデイが、私達が引き取る前にいた 救済団体に仕込まれた、「お外に出してくれー」の合図。ドアノブにかけたベルを、トイレにいきたくなると、鳴らすんです。で、時間を見たら1時半。ブレイデイを外の鎖に繋いで、即ベッドに戻りました。で、彼は、朝起きるまで、外にいてくれたので、それはそれで良かった。それとも、中に入れて欲しい合図を出しても(鳴くだけ)私が気がつかなかった?

 今朝は、 途中邪魔は、あったものの、快適な睡眠をとれたので、寝起きもさっぱり。 まずは、メールチェック。なんと今日は、珍しく5通ものメールが。 早速チェックしてみると、すべて同じ人物から。しかも、クレームのメール。順番を増すごとに、内容がひどいものになっていて、読んで行くうちに、げっそり。 こういうものは、朝から読むものでは、ないですね。 ところで、何のクレームかって? それは、E-BAYで売りに出していたラップトップコンピューターの購入決定に伴って、先週送ったはずの品物が届いてない!という、怒りの内容でした。 いやあ、確かに10日前に送ったのにね。 私は、E-BAYでコンピューター関連商品を頻繁に売りに出しますが、この手のクレームが結構多いんです。いわゆる、詐欺ってやつです。(特に、普通郵便で送ってしまった日には、郵送された証明が得られないので、足下みられます。)

 色んな経験があって、コンピューター関連商品を送る際には、必ずプライオリテイーメールと保険のセットを付けていますが、今回も例外では、ありません、、、、しかしっ。 プライオリテイーメールのトラッキングナンバーの書かれた用紙をどこかに!(こういう所が、お間抜けな私です) で、仕方なく、保険のレシートをスキャンして、メールで返信。 すると、(予測していたけど) 「保険のレシートじゃあ、トラック(商品がどこにあるか、ネットで検索する)出来ないんだよ〜」メールが速攻で届いた。 この対応の早さには、感心させられます。 そこで、「郵便局に行って、追跡調査を依頼してもらってくるから、もうちょっと待っててねえ」と返信したら、「そんな事言って、本当は、送りもしなかったんだろう!」 これには、かなり ”むかっ” と来たけど、本当に届いていなかったら、それくらい怒りたくもなるだろう($100近くの取引でしたので)と言う事で、グッとこらえました。

 このような場合、郵便局で どこまで協力してくれるか懐疑的でしたが、サービスの良さそうな、本局に出向いて、保険のレシートを見せ事情を話すと、「ちょっと待っててね、どうなったのか調べてくるから」と窓口から姿を消す事5分程。やがて、紙を片手に、「19日には、届いているわよ。 あなた、騙されてんじゃない?」 と、お届けの証明用紙を渡された。 「やはり!」。 早速家に戻って、証明用紙をスキャンしてメールした。その際の内容は、 相手を攻めたい気持ちを抑え、追い込まれた犯人に、逃げ場を与える気持ちで、(トニーからのアドバイス) 「あなたが、私を疑っている事にかなり失望しました。 そこで、郵便局に行って調べてもらった所、19日には、そちらの住所に届いているという事です。 その内容は、添付した用紙に記されています。 そちらは、ビジネスで、ラップトップコンピューターの売り買いが頻繁に行なわれているようなので、そちらの事務所のどこかに、置き忘れられているのでは、ないでしょうか? もう一度、よくお確かめになって下さい。 私に出来る事は、すべて行ないましたし、私のした行為に欠陥は、ないと主張出来ます。」と 最後に ”敬具” まで付けて、メールしてやりました。

 すると、それまで、私のメールの1分後には、即返信されてくるメールが送られて来ない。 私は、嫌みのつもりで、事務所内を探したら?と書いたのだけれど、本当に、探しているのか? そこで、1時間程、ブレイデイの散歩へ。戻ってきてメールを確認すると、来ていました。(今回は、どんな手で脅してくるのか?)と心の準備をしてメールを開くと、「心より、深くお詫び申し上げます。」から始まっていました。 かなり怪しい理由付けのようなきもするけど、隣の事務所に届けられていたと。で、中身は、E-BAYで説明した通り、破損もありませんでしたとの事。 しかし、19日からこれまで、だまって預かってくれるような人(または、会社)があるでしょうかね? この方は、私の予想通り、中古ラップトップコンピューターの売買を仕事にしていて、E-BAY上でのビジネスを行なっていらっしゃるようだけど、買ったはずの荷物が届かない事が、立て続けに起こっていたので、今回もその手の詐欺にあったのかと思ったという事です。だから、基本的にE-BAY上の人は信用しないんですと。(じゃあ、ビジネスやめなさい!) しかし、本当に申し訳なかったと3回も書かれてあって、早速、私のフィードバックに良いコメントを残しておいたとの事。(確認したら、信用に値する売り手だ、とありました)

 今回の一見は、かなりむっとしたけど、最後まで、相手の言う事が嘘かどうか分からないので、まあ結果が良ければ、、、という事にしておきます。 でも、この人との取引は、もう2度としません。ちなみに、最後のメールで、「信用を獲得するのは、非常に大変だけど、失うのは、簡単なものですねえ」とコメントさせて頂きました。(遠回しに、どんなに口で上手くいっても、あんたは、もう信用しないよ)という事です。 それにしても、昨日から本当に、私の貴重な時間が、どんどん消えて行く。 明日は、綾花の学校の遠足の付き添い。その後、バイオリンのレッスンが、、、、 明日の夕食は、そうめんに決めた!(今から、料理拒否の主張という事です)

またまたお医者さん

 先週は、綾花の体調不良のため、水曜から学校を休ませていました。昨日、やっと復帰出来たと思ったら、今度は、耳の痛みを訴えてきました。今朝、もう一度お医者さんに電話をして、本日午後に看てもらう事に。それまでは、学校で頑張ると本人が言うので、とりあえずは、学校に連れて行った。 

 今日は、これまでためていた、家の仕事にタックルしなければ! これ以上の用件をためると、私の精神衛生上かなり悪いことになるのは、間違いなし。(=ストレス溜まりすぎて、かなり感情的になります。)

 綾花を学校に送り届けた後は、トニーのお弁当を届けに、30分程ドライブ。そして、銀行、文具店、郵便局に回って、自宅へ。すると、来月からベビーシッターを頼まれている、お向かいさんのお孫さんが、ちょうど家にやってきているので、顔合わせしてくれ、と招かれ、かれこれ30分程、2歳児のやんちゃな男の子たち(双子)とふれあい。 その後は、我が家の2歳児のハイパー犬を1時間程歩かせ、その間、携帯で友人とお話。(失礼は承知の上、時間がなさ過ぎて、犬の散歩の時間を利用させていたただきました。) 家についてシャワーを浴び、お昼ご飯を食べたら、既に綾花の医者のアポイントの40分前。大急ぎで、綾花を迎えに行き、そのまま医者へ、、、、、、、で、医者のあと、もう1件用件を片付けたかったんだけど、綾花が爆睡状態。かなり粘っても起きないので、その用件は、明日にまわして、今日は、家に戻ってきたというわけです。 今、やっと落ち着いて座ることが出来ました。なんだか、今日は、夕食も作りたくないです。

 ああ、私の、一人で過ごす優雅な時間は、どこにいった?

海賊船迷路

 水曜の夜から続いた綾花の高熱は、今朝、やっと通常に戻りました。これまで、病気をしても、こんなに長引いた事がなかったので、今回は、久々にひやひやさせられました。しかし、まだ咳がでたりしていて、油断は、大敵です。 それでも、3日間のほとんどの時間を家の中で過ごすと、綾花も私もうんざり。 なので、午後から近場の牧場へ行って来ました。行った先は、kingsway pumpkin farm

 こちらの牧場では、今年は、海賊船の形をあしらった CORN MAIZE(トウモロコシ畑の迷路)が登場。私にとっては、アメリカにきて始めて、綾花は、生まれて始めての CORN MAIZEに挑戦です。
DSC08188_2_2.jpg
迷路に入る前に、海賊船で記念撮影。

この迷路、地図も何も渡されないので、入ったら、感を頼るほかありません。入り口のサインに 「子供が迷路内で迷った場合、特に助ける手段は、用意していないため、関係者、または、保護者が、迷路内に入って探す他ありません。なので、自力で出られる子供以外は、必ず大人が付き添って下さい」と書かれてありました。これを見て、ちょっと足がひきましたが、楽天的な父娘が、「俺らに任せておけば、大丈夫!」 「ウらああああ」(我が家では、海賊というと、こういううなり声をあげます)。

DSC08190.jpg

さてさて、迷路に入って、間もなく、袋小路や行き止まりにばかり遭遇。途中あった人たちは、ただ単に、ぐるぐるまわっているだけで、出口など見つからない、と、入り口を探し求めていました。この時点で私は、不安に、、、、 しかし、この迷路、出口探しの他、迷路内に宝と変えられる金貨も時折落ちているという事で、出口探しと同時に、金貨探しもするので、出口が簡単に見つからなくても、そう焦る事もなし。20分程歩いた時点で、金貨は、ひとつも見つけられず、綾花は、トウモロコシ狩りを楽しんでいました。途中すれ違った家族は、金貨を3つも手にしていてました。そこのお父さんが、「いやー出口までいったんだけど、金貨が3つしか見つからなくってね、家は、子供が4人だから、どうしてももうひとつ探すって、戻って来たんですよ」と余裕たっぷり。 そして、出口の方向まで教えて頂きました。私たちも、金貨探しをしようと思ったものの、迷路の中で45分も過ごしたので、「もういいか」と、宝探しを諦め、出口へ向かったのでありました。しかし、綾花の手には、トウモロコシが3本も。これも立派な、お宝です。(いいのかな)

迷路の後は、ファームアニマル展示会場へ。ラマ、アヒル、ヤギ、羊、牛、うさぎ、ぶたと、なかなかのレパートリーです。ここで、えさを買って、動物たちに餌付けをしたあと、バーンの中のコーンプールで遊び、親子3人、くたくたになって帰って参りました。 家に戻ってからは、我が家の飼い犬とのふれあいです。(特にふれあいたくもないけど) 今日半日、家でひとりぼっちにされていた、ブレイデイーは、私のジーンズの匂いを、かなり長い事嗅いでいました。多分、ファームアニマル展示会場でふれあった、アンゴラうさぎの匂いがしたんでしょうね。特に鼻の利く犬(ビーグル雑種)なので、タダモのではない匂いに、興味津々と言ったかんじです。 さあ、明日は、綾花も学校復帰できるか? 今日は、久々に体を動かしたので、早い時間に寝てしまいました。おやすみなサーイ。

Save The Baby Kitten

DSC08182.jpg

 我が家は、公園の隣にあります。公園との境に金網が張ってあるため、一見 公園は、我が家の裏庭の続きのようなもの。 このような環境に暮らすという事は、良きにしろ、悪きにしろ、多くの問題が生じるわけであります。 一番厄介なのは、枯れ葉の処理です。 公園と我が家の境に植えられた樫の木からは、秋になると どんぐりの実がいっぱい落ちて来て、それが一段落したら、今度は、枯れ葉の雨雨雨。 我が家には、落葉する木は、1本もないのに、秋は、枯れ葉掃除で、何週間もの週末の貴重な時間を費やさなければいけません。家を買うときには、こんな事まで考えておりませんでした。

 さて、さて今日は、これまでで一番の珍事件です。 木の枝に上った子猫が降りられなくなって鳴き続けているのです。 実は、夕べ公園の駐車場に停車してあった車に ポリスカーが近寄り、車内を懐中電灯で照らしていたので、トニーは、野次馬根性でフロントポーチから その様子を眺めていたそうです。(こちらは、車内でHをしていた模様) その時、猫が「みゃおみゃお」と鳴いているのを聞いたという。 そして、今朝、朝食を食べに出かける時、1本の木にからすが数羽集まって、「かあ、かあ」とかなり賑やかであった。その背景で、猫の鳴き声を聞いたような。 そして2時間程して、レストランから戻ってみると、カラスは、いなくなっていたけど、猫の鳴き声が 確かに聞こえます。 そこで、葉っぱの茂った枝をじっくり眺めると、まだまだ小さな子猫が、枝の上で 「みゃおみゃお」。

 こうなると 無視は、出来ません。 まずは、木の枝を揺らして猫に 自らジャンプさせようと思ったものの、子猫のいすわる枝は、高い位置にありすぎて届きません。 次に思いついたのは、はしごを使って枝まで行って、猫を助ける方法。 ここまで大事になると、公園で遊んでいる子供達は、自然に集まって来る。はしごに上るのをためらっていたトニーは、ここぞとばかり、近寄って来た子供に上ってもらう事に。しかし、彼は、はしごの一番先まで上ったものの、枝は、まだまだ先。いったいどうしたものの、、、、 で、子供の一人が、家に走ってハムをもってきた。昨夜からここにいるなら、相当お腹もすいているはずなので、はしごである程度の所まで上って、ハムでおびき寄せようと言う考えだ。なんと頭のいい! こういうとき、子供っていうのは、いい知恵を出すものだと、関心関心! そこで、トニー、ハムを片手に、はしごの一番高い所まで行き、猫にハムを向けると、おおおおおお。おそるおそる、足場を確認しながらやって来ました。トニーの手が届く所まできたら、トニーは、チャンス逃さず、子猫をキャッチ! 木の下で待ち構えていた子供は、我先に猫を奪いあい。「おーよかった、よかった」と大合唱。しかし、この子供達のエネジーが、猫を興奮させたのか、またまた木に登ろうとするではないか。

 さて、猫を飼う気はない我が家では、猫を囲んでわきあいいあいしている子供達に 子猫を任せ、そっとその場を立ち去ったわけです。誰かのお家にもらってもらえるといいねえ、猫ちゃん。でも、木登りする時は、しっかり後の事まで考えてからしましょうね!

前へ 過去の投稿