クレジットカード詐欺;謎の$10引き落とし

 我が家では、インターネットで買い物する機会が、非常に多い。トニーの必要とするガジットなどは、断然ネットで探した方が、種類が豊富であるし、私の欲しいものも、この辺のお店では扱っていないものが多いからだ。アメリカは、大きな国なので、販売する側も、輸送費、在庫など考えると、ネットで売った方が効率が良いので、この辺にある、お店でさえ、ネットのみの販売という商品もかなり多い。
 ところで、インターネットが進化すると、本当に色んなものが、ネットで買える。例えば、ピッザの注文なんかも、ネットでオーダーして数分後にピックアプできたり、映画のチケットも、予めネットでオーダーし、映画館でチケットをピックアップできたり。驚く程のことが、実現できてしまう。そして、それらを利用するには、クレジットカード情報を提供する事が必須である。もちろん、これらの情報は、情報漏れがないのが前提である。それでも、時々ニュースで聞く様に、情報漏れというのは、頻繁に起こるのも現実だ。

 さて、前置きが長くなりましたが、今日のトピック、クレジットカード詐欺について、実は、先月気がついたのですが、我が家のカードのから、WLI*RESERVATIONREWARDS 800-7327031 CT という会社による、身に覚えのない引き落としが、毎回$10づつ、2ヶ月連続でありました。クレジットカード共有のバンクカードだったので、銀行に電話して、この引き落としについての調査を依頼しました。勿論、この会社に電話したものの、コンピューターによる回答で、結局、誰とも話す事が出来ない状態です。そして、今月、また、引き落としがあり、この時点で、カードをキャンセルすることにしました。

 このWLI*RESERVATIONREWARDS 800-7327031 CT という会社の引き落としは、ネットで調べる限り、多くの人が被害にあっています。我が家の情報の寄せ集めに寄ると、インターネットで買い物をした際に、「情報提供サービスを受信する」みたいな契約に、自動的にサインアップする仕組みが取り込まれ、知らないうちに、契約が成立しているケースがほとんどだ。クレームを出している被害者の多くは、Fundango.com で、映画のチケットを購入した後に、この引き落としが開始されている。他に、被害を報告している人が利用したサイトは、www.virtualcart.com、www.ebgames.com、www.skinstore.com.、www.deepdiscountdvd.com、 http://www.allposters.com、、、、ざっと調べただけでもこれだけのサイトが出て来ました。 
 
 ところで、我が家の引き落としについては、いったい何が原因なのか、未だに分かりません。先に記述したように、我が家では、ネットで買い物をするケースがかなり多い。上に示したサイトでも、2カ所から購入した事がある。しかし なぞなのは、引き落としされているクレジトッカードは、銀行の口座からお金を引き出す事にしか利用していない、ようは、お財布カードなのだ。夫婦共有口座なので、カードは、2枚あるものの、トニーは、暗証番号を知らないので、実質上、私のみが使用している。使用状況は、ネットでこれまでの明細を見られるけど、クレジットカ−ドとして使ったのは、日本のアマゾンのみ。あとは、デビットカードとして、サムズクラブという、倉庫型ショッピングセンターで2度使ったのみ。犯人は、アマゾンジャパンか、はたまたサムズクラブか? 

 ところで、このカードには、PAY PASSという機能がついている。この機能は、サービスを提供しているお店での支払いの際、カードを機械に通さなくても、ある程度の位置に近づけると、カード情報が読み取れるというものだ。ひょっとしたら、どこかで、このカードの情報を知らないうちに読み取られていたのか? この被害については、銀行と我が家と平行して調査中です。それにしても、世の中便利になると、詐欺する側も進化していくものですね。皆様も、今日あたりクレジットカードの明細、しっかりご確認なさっては、いかがでしょうか?

 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。