古物処分

 私にとって、夏は、古物処分の季節です。一般的にアメリカでは、1年間の子供の学校書類の処分をしたり、文具などを買い替えたりする時期が夏という事もあってか、そんな雰囲気が、私の家の中一掃気分に拍車をかけるのだと思う。

 この夏は、綾花の着られなくなった洋服類、おもちゃ、1年間、学校で作って来た作品、絵本、私の洋服類などを中心に処分している。大人の洋服は、入れ替わりが少ないけど、子供の洋服は、成長が早いので、いらないものが、すぐにたまってしまう。+今は、二度としたくない、というバレエ、ジムのレオタード、タイツシューズなど。捨てるには、惜しいものばかり。そこで、この夏は、E-bayで売っています。ガレージセールも考えたものの、丸一日の時間を割かなければならないのと、価格設定が難しい。ガレージセールたるもの、安くしなければ、売れないからだ。

 ところで、E-bayとは、大抵の方は、ご存知かと思いますが、インターネットのオークションサイトであります。言ってしまえば、サイバーガレージセールみたいなもの。最近は、余り利用していなかったものの、利用歴6年であります。オークションで売るのは、実に1年ぶり。ファイルのアップロード法やオプションが、以前と比べ山ほど増え、はっきり言って驚きました。このオプションをすべて利用したら、手数料だけでも、5、6ドルは、軽く言ってしまう。これは、気をつけなければ!ちなみに、ただいま、5件のオークションの結果待ちであります。最近の消費者の傾向として、”スナイパー”という、最後の30秒で、買い納めるやり方が主流の為か、5日間の期間を設けても、動きのあるのは、最後の3分くらいです。売り手にとっては、厳しい世の中であります。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。