天災は、忘れた頃にやってくる。

 今日は、朝から雷が鳴って、雨が降ったり止んだり、はっきりしない天気でした。雨の合間をぬって、食品の買い出しや、犬の散歩に出かけたりしているので、1日が予定通りすすまない!!極めつけが、夕食の準備の時間だ。この時間には、綾花は、ペーパードリルか読書をすることになっている。今日は、ひらがなの練習と、お友達への手紙を書くことにし、私は、今夜の夕食と、明日のカレー(私は、カレーは、2日がかりでつくりまーす。)の準備を開始! と思いきや、トニーから電話が。「今、トルネードが近くの街に発生したようで、家の方に向かっているらしいから、地下室に逃げて!」 「ええええ」 外を見ると、木の枝が大きく揺れ、雨もかなり激しく降っている。せっかく、お料理始めたのに。。。。仕方ないと、ひとまず避難する。普段、地下室に、犬を入れない決まりにしているものの、今日は、緊急事態という事で、犬も地下室に連れ込んだ。

 地下室に避難して、冷静に考えてみると、電話をくれたトニーは、帰宅途中の車からだった。トルネードが向かっているのに、車を走らせていていいのだろうか? インターネットでお天気情報を見ると、「トルネード警報」が発令されていた。隣町のバーバートンで、トルネードが確認されたという情報がある。やはり、トニーが、心配だ、と考え込んでいたら、周りがやけにうるさい。 綾花と,ブレイデイだ。綾花は、トルネードがなんだか分かっているのか、いないのか。「トルネードが来たら、このボールとこのボールを、ぽーんと投げて、なんたら、こうたら。。。。。。」永遠に話しているし、ブレイデイは、いつも禁止されている場所と、狭く囲まれた場所という事もあってか、やけに興奮気味。綾花のおもちゃを、端からあさっては、噛みまくり。わずか30分の避難時間に、5、6個のおもちゃが被害に遭いました。

 結局、トニーが帰宅したのを見計らって、地下室から出ると、嵐は、すっかりおさまっていました。その後、ニュースで被害状況を見ていたら、ロダイという、私の住んでいる町から、かなり西に行った町にトルネードが発生し、レストランとガソリンスタンドがかなりの被害にあったようです。インターネットに出ていた、バーバートンのトルネードは、実際の所、トルネードとまでは、いかなかったようで、特に大きな被害は、なかった様です。よかった。よかった。

 この地域では、滅多にないものの、今日の様にトルネードが発生する事も、まれにある。しかし、この夏は、6月に降ったあられ(ひょうかな?)の被害が、かなり大きくって、ご近所のほとんどが、屋根や外壁の修理をしています。我が家では、トニーが屋根のチェックをして大丈夫と判断していたのですが、最近、プロの人に見てもらったら、被害だらけで、正式に保険が下りる事になりました。そんな、こんなで、これから屋根の修理の業者をさがして、屋根修理です。
 
 

広告