Little Bear シリーズ

LITTLE%20BEAR.jpg

 3週間前から、リーデイング、キャンプなるものに、綾花を送り込んでいる。 これは、週1回、2時間にわたって行われる、読書に取り組むクラスだ。綾花の参加しているクラスでは、本を読み始めた子供用に設定されていて、ちょっと難しいフォニックス、ライム、初級者用の本を読む事に力を入れているのと同時に、親向けに、どのようにサポートすべきか、というような事も教えてくれる。そのため、クラスへの参加は、親(または、大人)の同伴が義務づけられている。何事にも、親がついていてあげるというのが、子供にとっては、一番の励みであると共に、何をしているのか、という目的を意識させるのも大切という事であろう。

 さて、このクラスでは、宿題も結構出される。内容は、受講者皆に配られる、テキストを数ページと、予め与えられた、本のリストから数冊選んで、その本を読んでくる事だ。本は、1冊を数回読んでもいいし、3、4冊でもいいし、それは、親の判断ということになっている。我が家では、毎週図書館に行くので、その時に、課題図書リストの中にある本で、綾花の興味のありそうなものを探し、内容が簡単なら数冊、難しそうなら1冊という風にしている。今週は、テレビでもおなじみの Little Bear シリーズを借りて来た。綾花にとっては、かなり馴染みのある内容で、キャラクターも知り尽くしているので、かなり読みやすい本でした。文章は、綾花には、ちょっと短い気もしたのと、使われている言葉も、ほとんど理解できるものだったので2冊借りてきました。 この物語は、森の動物の子供達の出来事を淡々と語り、イラストは、程よくシンプルで、私もとても気に入っています。 シリーズ全部で4冊ありますが、1冊は、綾花の図書コレクションにあるので、残り1冊。それは、来週の宿題に使う事にしたいと思います。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。