やられました!

 昨年のクリスマスに、私の選んだ、リープパットという、知育(一応)ゲームの本体。これに、文章読解をのばすゲームや算数にちなんだゲームなど買いたし、この半年程は、綾花も自称ビデオゲームと読んで楽しく遊んでいました。これは、本をリープパッド本体を開いた状態の所にセットし、さらにカートリッジを差し込むと、その本のゲームで遊べます。よって、本体よりは、ゲームを買い足すのにお金がかかります。
 DSC08028.jpg

 最近綾花は、雑誌の広告で、プリンセスバージョンのゲームを見つけ、かなり長い間欲しがっていたので、キンダーガーテン(幼稚園最年長用)の算数版を買いました。(ちなみに、アマゾン、マーケットプレイスで新古品として、定価の1/3程の価格でした)
 早速、それが届いたので、カートリッジを差し込み、本をセットすると、「このゲームは、この本体では、使えません」と素っ気なく言われてしまいました。 「えええええ」買ったゲームをよく見るとLeap Pad Puls Writingと書かれていました。この言葉を、インターネットで検索すると、なんと、この種類のゲームは、別の本体でしか使えない事が判明。そんなああ、、、、、、クリスマスのリープパッドだって、ゲームは、まだ3種しかないのに、、、、

DSC08029.jpg

もうショックを通り越し放心状態です。 で、隣では、綾花が、「じゃあ新しいの買えばいいんじゃない?」 確かにね。そういうことなのよね。でも、「はい、はい、じゃあ、早速買い物にいこうか」なんて、なんかだまされているみたいで腑に落ちない。 しかも、この本体って、定価$75。そんなアホな。ひどくないっすか? $5で買ったゲームで遊ぶ為に、$75もの大金を使わなければいけないなんて。

それにしても、この会社のゲーム、違う本体で使用する物は、ちがうサイズにしてほしい。そうすれば、こういう間違えも少なく済むわけだし。まあ、売る方の立場からいったら、上手くだまされてくれって感じなんでしょうね。で、そんな鴨にされてしまった私です。さてさて、ものは、試しと、E-Bayのオークションで、この本体が出ていないか探してみる事に。すると、あるではないか、しかも$5から。物が増えるのは、かなりしゃくだけど、仕方なく、オークションで買ってしまいました。$5で本体とスポンジボブのゲーム付き(スポンジボブというのがいまいちだけど、仕方ない)、+送料$7。合計$12。まあ、$75出すよりは、ましか。しかし、やっぱり今でも、腑に落ちない。

Jeff君を求めて

 この世の中には、自分の要求を満たすため、人の迷惑を考えない、何とも自分勝手な人が存在します。まあ、私も、自分の気づかぬ所で、人に迷惑をかけていたりする可能性もあるので、ある程度の迷惑行為には、目をつぶっております。

 ところが、本日は、切れましたよ!本当に。この迷惑行為は、間違い電話によるものなんですが、これが常識を外れた迷惑振り。始まりは、昨日、午前2時半、草木も眠る丑三つ時。そんな時間に電話が。 ここ数日、ロシア支店とともに仕事をしているトニーは、またまたロシアのアントン、何とかさんが電話をかけてきたのかと、即受話器を取ると、「Are you Jeff?」と酔っぱらった女性の声、しかもお色気たっぷり。「間違い電話だよ」と電話を切って1分もしないうちに、またまた「Are you Jeff?」「だから、間違いだって」、それでもしつこく、その後3回。ついに、電話線抜きました。でも、トニーは、仕事上24時間電話を受けられる体制をとっておかなくては、いけません。しかしながら、「そんなこと、知った事か」おおお、いつもの冷静なトニーが、切れました。勿論私も。だって、その電話以降、眠れなくなってしまったんですもの。
 しかし、家には、この手の酔っぱらいの電話が多い。これは、憶測であるが、家の電話番号は、英語を話す人に取って、非常にゴロ合わせが良いらしい。そこで、バーなどで、酔っぱらった弾みに、「電話番号くれ」となって、デマカセで出てきやすいんだとか。この手の電話が特に多いのは、土曜の朝。金曜の夜バーで意気投合した人を求めて、渡された番号にかけてみたら、「間違いです」といわれ我に返るもの、昨晩のように、お色気たっぷりの声で相手の男の人を求めてくるもの、等など。まあ、人生いろいろですね。

 で、まあ、「夕べのあの人なんだったんだろう?」と、今夜冷静に考えるまでに至った私の怒りを呼び起こしたのが、更なる、この女性からの、Jeff君を求めた電話でした。今夜は、トニーが仕事でいないので、私は、綾花のベッドで本を読んでいました。すると、電話が。トニーの帰るコールかと思いきや、「I want to talk to Jeff」 (なにーーーー。また今夜も、迷惑行為かい、ねえちゃん!)←私の心の声 
まあ、落ち着きを取り戻し、「昨晩の電話には、参りましたよ。おかげで、今日は、寝不足です。家には、ジェフ君などおりません。」と出来る限り冷静に言いました。そしたら、「やはり、間違い電話は、本当でしたか。私、騙されているのかと思いました。もう、この番号は、携帯の記録から外します。」と丁寧に謝ってこられました。この人、トニーがジェフ君と思っていたのかな? きっと、バーで意気投合した兄ちゃんに、家の番号を教えてもらって携帯に記録したんだな。ある意味、かわいそうな、しかし、迷惑な人だ。
 そういえば、ちょっと前に、3回同じ人から電話があって、その人は、自分の息子宛に電話をかけていたのだけど、3度目の間違い電話の際、電話番号の確認をしたら、やはり家と同じ番号を、息子に渡されたって。実のお母さんにまで、嘘の番号渡すなんて、どんな息子なんだ! 
 こんな風に、間違い電話って、結構どこの家でもあるのかしら? ちょっと気になります。

進化する、絵本読み聞かせ

DSC08024.jpg

 昨今の育児書などで「絵本の読み聞かせ」の重要性を問いかけるものは、非常に多い。私も、子供達が幼いうちから、絵本の読み聞かせをする事には、大賛成だ。なんと言っても、私は、生後3日目から始めた。(誤解しないで頂きたいが、英才教育云々というよりは、単に、本を読んであげるのが好きだったから。) そして、綾花が言葉を発する様になってからは、その効果が手に取る様に分かった。まず、2、3歳代は、幼いながらも、文章の組み立て方が、しっかりできていた事。そして、身近にあるものの説明が、驚くほど論理的であること。身の回りの文字への興味が、非常に強い事、など。今では、文字を読む事(本を読む事)への積極的な取り組み、これもまた、絵本の読み聞かせの効果の様に思える。また、非常に興味深いのは、3歳くらいまでの読み聞かせは、80%が日本語の本であったにも関わらず、英語の伸びが非常に目立っている。これは、英語、日本語関係なく、単に、言葉を使う土台が、絵本読み聞かせから備わったものと理解している。
 
 このように、読み聞かせの重要性は、これまでの経験から、実感しているけど、だからといって単に本を読んでいてもいい訳でないような気もする。よく、相談を受けたりするケースで、読み聞かせがいいからといって、一般的に言われている、「良い本」というものを読んで見たけど、子供が全く興味を示さない、とか。 私が思うところ、読み聞かせも、10人10色だと思う。一般的に言われている良い本より、子供の興味のある本を選ぶ事、これは、一番大切な要素だと思う。本は、子供の興味の世界を広げるものと思えば、やはり、今、子供が好きなものにちなんだものを与えるのが、一番よい。 私の実兄がよい例だ。彼は、読書などとは、程遠い世界に生きていた少年だったけど、小学校6年の時、日本史の勉強に目覚めてからは、図書館に所蔵されている歴史ものの本は、ほぼ読み尽くす程の読書家になった。大人になった今では、政治、経済関連の本を非常に好んで読んでいる。

 さてさて、今日書きたい内容と、だんだんかけ離れた内容になって来たので、ここで心改めることに。我が家で続けている読み聞かせの本は、これまで、綾花の興味の対象物、学校や病院についてなどの、似たような状況物などを選んで読んで来ましたが、ここ1年で、本選びが変わって来ました。最近では、辞書、自然、科学ものなど、これまでの、感情、情緒を養う内容から、実用的な内容のもを読む様になりました。実際に読んでいる本は、かがくのとも、キンダーブックシリーズの”しぜん”、また、英語版では、Dr.SUESSコレクションから、科学、自然を対象とした物です。Dr.SUESSコレクションは、私自身、余り気に入っていなかったのですが、トニーが読んでくれるので、とりあえず買いそろえておきました。が、これが意外にも大きな効果を出している。英語物の、自然シリーズは、とにかく、論理的に書かれすぎていて、抽象主義の私には、読んでいるだけで吐き気が。。。。。しかし、これらの本の効果を認めざるを得ないのは、普段の会話で、「月は、実際には、光っていなくて、太陽の光が反射しているだけなんだよ。」とか、「海の水が蒸発して、空に沢山溜まったら、雨が降るんだ。」とかいう会話を普通にしていることです。まあ、詰め込み教育といわれればそうかもしれませんが、食卓で、のりが湿気ってしまったことを説明するのに、空気中に水分がある事が分かっていれば、説明も割と簡単に済むわけです。

 私事で恐縮ですが、私は、幼い頃から、「どうして」「なぜ」という疑問が非常に多く(子供は、誰でもそうですね)、それらを知りたくて、周りの大人に聞いてみたけど、満足できる答えを得られず非常にストレスに感じていました。答えの調べ方すら教えてもらえなかったので、いつの間にか、疑問を持ってもあまり追求しない人間になってしまったのです。だから、せめて自分の子供には、「なぜ」と思った事を教えてあげたいし、分からなければ、一緒に調べていきたいと、強く思っています。なので、これからも、我が家の絵本読み聞かせは、綾花の成長に応じて、どんどん変化して行く事とおもいます。それは、どんな風になるのか、予測も立てられないので、ある意味、楽しみでもあります。

ベイビーシッター

 綾花のフルデースクールも、ほぼ問題なく始まり、いきなり降って湧いた、私の自由時間。1日6時間半であるけど、いきなり一人で過ごすとなると、なんだか一気に気が抜けてしまいます。夏休みから新学期へのトランデイッションに、一番慣れないのは、私かもしれません。
 そこで、この自由時間を使って、週1回、友人の子供のベイビーシッターをする事になりました。お相手は、2歳半のいたずらと好奇心盛りの子供。この歳頃の子供は、見るもの見るものに興味を示して、何でも自分でやってみたい盛り。綾花がこの年頃の頃は、毎日、手を変え品を買えてのアクテイヴィテイ作りに追われていました。 今日やって来た子供達も、魚釣りのおもちゃ、形あわせパズル、粘度あそび、わなげ、積み木遊び、外遊び、絵本読み、、、、、、、次から次へと、興味の対象を変えて遊んでいました。その遊びの間の子供達の目の輝かせ様は、とある数学者が残した言葉、「人生は、発見の喜びで満ちあふれている」をそのまま物語っていました。この時期の子供達は、本当に遊びがいがあります。

学校始まりました

 6月上旬から始まった、長ーい夏休みも終わり、今日からまたまた、学校通いが始まりました。記念すべき、キンダーガーテン第一日目ということで、今日は、トニーも一緒に、親子3人で登校です。微笑ましいと言えば、微笑ましい光景なのですが、綾花は、トニーがいる時といない時では、態度に大きな差があり、トニーがいると、非常に甘えん坊になります。そんなわけで、私が特に懸念していたのは、親子3人の登校が、綾花の登校拒否に輪をかけないか?ということでした。。。。結果は、、、、、、まあ、たいしたことなかった。って感じでしょうか?
 
 実は、綾花は、昨晩から「学校に行くのが怖い」と何度も口にしていました。その言葉を、私もトニーも出来る限り、正面から受け止めてあげようというのが、今年の対策でした。本人が「怖い」というのに、「そんな事ない」と言った所で何の慰めにもならない事は、昨年の経験から嫌という程学んでおりましたので。その結果なのか、夏のボランテイアのためか、はたまた本人の成長か、まあ、教室に入る直前の抗議が、若干1分程で、あとは、問題なく、午後3時半までを過ごして来ました。そして、帰りの車の中では、引き算のコンセプトを話し始めました。どうやら、今日学んで来た様です。なには、ともあれ、よかった、よかった。

痛いっ! 痛すぎい。

 昨日は、矯正歯科に、矯正装置のしめ直しに出かけて来ました。下の歯の動きは、見事だったものの、上の歯は、全く変化なし。まあ、痛みもなかったので、予測は、ついていましたが。上の歯は、奥に生えている歯を引き出す事を試みているのですが、この手の治療は、先生も初に近い経験で、手法も試行錯誤しながらとのことは、聞いておりました。前回は、最も痛みの少ない方法を施してくれたのですが、効果がないという事で、今回は、かなりの強硬手段に出ました。(言葉での説明が苦手なので、後日写真をアップします)
 さて、さて、今回は、上の歯の対策についての会話が、先生と助手との間で盛んに行われていて、ほとんど注目を浴びていない下の歯ですが、問題は、この下の歯であります。かなりきれいに、整った下の歯ですが、なぜか、今回は、これまでで一番太いワイヤーをはめることになりました。これを装置に付けた途端、激痛が!!既に、歯がぐらついているのでは?と思う程です。私は、この激痛の為、すっかり、肝心な事を確認し忘れてしまいました。それは、ワイヤーの端の処理法です。ワイヤー取り付けは、助手の方が行うのですが、助手の方に寄って、処理法が若干異なり、処理法に寄っては、ワイヤーの端が、食べた時や、話したときに、口の内側に突き刺ささることもあり、いつもは、治療が終わった所で、この確認をして、ワイヤーの端の処理の調整を行ってもらいます。 普段は、助手の方も、「気になる点は、ありませんか?」と、最後に確認してくれるのですが、今回は、彼女も、私の上の歯の処理法が、余りに新テクニックを要した為か、その確認を忘れた模様。なんと、ワイヤーの端の処理が、全く行われていませんでした。 ペンチで切られたワイヤーの切れ端が、口の裏側を常に差している状態です。口を開けるたびに、そのワイヤーが、口の内幕に傷をつけ、一見しただけでも、すごい状態なのが分かります。その上、歯の動きの痛み。あああああ、これは、地獄です。
 それにしても、こんなひどい痛みなのに、ワイヤーの端の処理の事に気がついたのは、昨晩のことでした。昨日は、歯医者の予約の後、綾花の新しいバイオリンをレンタルする予約あり、本日の朝のレッスンまでの仕上げの練習ありで、自分の事など構っていられなかったのです。最悪なのは、この痛みの原因に気がついたのが、金曜の夜だという事。処置をし直してもらうにも、月曜の朝までまたなければいけません。あーこれからは、予約は、金曜に入れない様にしよう。

成長

DSC07997.jpg

 これまで、綾花の使っていたバイオリンは、1/16サイズのものでした。先週のレッスンの際、先生から、もうひとつ上のサイズに変えた方がいいかもしれないと、指摘された事もあって、ハートヴィルという小さな町にある、バイオリン工房に出かけて、もうひとつ大きいサイズのものをレンタルすることにしました。こちらの工房からは、私のバイオリンもレンタルしていて、時々、修理に出したりしています。
 さて、工房に着くと、バイオリン職人の、ミスター、スターンさんは、バイオリンでなく、変な形の棒を出して来た。それは、バイオリンのサイズを測る為の器具でした。その器具で、あごの下から、延ばした左手の平までの長さを測ることによって、サイズが分かるわけです。3ヶ月前にこの工房を訪れたときには、手持ちの1/16サイズで、しばらくは、大丈夫と言われていましたが、今日は、完全に1/10サイズに変えるべきと言われました。当初、新しいバイオリンの購入を考えたものの、1年以内には、次のサイズのに変わるだろうと言われた事もあり、綾花の成長がおさまるまでは、レンタルを利用する事にしました。(まあ、途中、止めてしまうかもしれないし。)
 明日は、夏休み最後のレッスンがあります。明日のレッスンで、先生に音の調節をしてもらってから、正式に、新しいバイオリンを使おうと思います。そして、明日からは、綾花に加わり、私も、同じ先生にレッスンを受ける事になりました。これからは、私も一緒に楽しむぞー。

前へ 過去の投稿