独立記念日にて、芸術への試み(なんじゃ?)

 今日は、アメリカの独立記念日の祭日です。この日には、全国至る所で花火大会が行われます。(都市によっては、日をずらして行うので、先週末、シカゴから戻る時、夜の飛行機の中から、どこかの街で行われている花火大会を、上空から眺める事が出来ました。)
 私たちの住むアクロンでは、本日が花火大会です。まだまだ日没が9時過ぎのこの季節、花火大会は、上空が暗くなりかけてくる9時45分から行われます。夏休みに入って1ヶ月、夜更かしにすっかり慣れた綾花にしてみると、この時間は、まだまだ遊び盛りの時間なので、私たちも、ダウンタウンに出かけ花火を見て来ました。
 
 先週の花火大会では、カメラの電池の充電が足りなかったので、情けない写真でありましたが、今回は、しっかり充電を確認して行きました。私のデジカメには、花火撮影モードがついていて、花火もそこそこに写せますが、昔、一眼レフで写したときのような、満足のいくものは、写せません。そこで、今回は、花火の撮影を芸術的にアレンジする事にしました。
hanabi2.jpg

この写真(↓)が、それ。昔、理科の教科書で、星の動きを撮影した写真を記憶されている方も多いと思います。光が、線になって弧を描いているものです。あれは、カメラを固定して、シャッターを一定時間開いておいて撮影するのですが、私のデジカメの花火撮影プログラムは、約2秒程シャッターを開く設定となっている様です。そこで、この2秒間、カメラを固定して撮影すると上の様に、花火の形を写したものとなります。 が、この2秒間に、カメラを動かすと、こんな感じの写真が出来るわけです。この写真は、テクニックを教え込んだ、綾花によって撮影されたものです。いかがでしょう?『芸術は、爆発』って感じでしょう?
hanabi3.jpg

って、独立記念日に、我が家では、いったい何をやっているんでしょう?

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。