ご近所探索

cuyahogariver.jpg
 この週末は、シカゴにて、夜更かしと引っ越しのお手伝いで、かなりの体力を消耗して参りました。金曜から3日間、綾花は、お父さんと2人の生活でしたが、親戚が近所に多いのが幸いして、一晩は、義妹が所属する協会のムービーナイトに連れ出してくれたり、義姉さんが、食事に招待してくれたりと、当初予想されていた、2人の単調な生活とは、程遠いものだった様です。綾花も、いとこ達と、かなり遊びほうけた様子で、昨日、私が家に着くまで起きていると言っていたものの、夜11時半に家に着いたときには、さすがに、夢の中状態でした。
 
 さて、今日は、いきなり、バイオリンのレッスンがありました。週末、私のいない間の練習をトニーにお願いしていたのですが、内心余り期待していませんでした。が、課題の曲を弾いてみると、なかなか出来ているでは、ありませんか! 多少なりとも期待しなかったことに対し、反省です。
 レッスンの帰り、先生の家の近くにある川の散策用の道を歩いて、ちょっとだけ探検気分に浸ってみました。川は、ほとんど流れがなく、どんよりと濁った水でしたが、まあ楽しかったです。この散策の後、昨日の疲れが、どっとでて、私は、家に戻って爆睡状態でした。その間、綾花には、テレビを見せ放題。こういう事は、滅多にしないので、綾花は、一番組終わるたびに、「お母さん、まだ見ていていいの?」と困惑気味。「今日は、いいの、むにゃむにゃ」と寝言のようなことを言いながら、結局3時間近く寝てました。そして、綾花は、テレビを長時間見る事に不安を感じたのか、結局、自らテレビを消して、独り言をいいながら絵を書いていました。さすが、5歳。成長したなあ。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。