卒園式

%EF%BC%90%EF%BC%97%E5%8D%92%E5%9C%92.jpg
 学校終了まで 後2日あるものの、本日は、綾花の学校の卒園式、卒業式が行われた。
式では、全生徒への卒業少々授与、プリスクールからキンダーガーテンに上がる生徒へ、現キンダーの生徒からの、トーチの受け渡し。そして、キンダーガーテン、小学校(この学校は、3年生までしかありません)卒業生の、作文の発表が行われました。
 作文の発表では、学校で学んだこと、学校生活で楽しかったこと、これからどんな風になりたいか、など、それぞれ皆個性的な話を綴っていた。 中でも、特に印象に残ったのは、キンダーガーテンの男の子の作品だった。 彼は、「学校で、宇宙や星座の事を学べた事が、とても嬉しく、機会があるごとに、夜空を眺めて、星と星を線で繋げて見たり、先生と一緒に本で読んだ星を、夜空で探してみたりしている」と、生き生きと語っていた。 (紙に書かれた作文を読んでいるのにも関わらず、楽しそうに語っているのが、とても印象的だった。) 
 そんな立派な子供達の作文を聞いていて、感激したものの、「来年は、綾花もこういう事するんだ、出来るかな〜? 」なんて考えてみたりもしていました。 

 そうそう、私たちの住むこの地域では、満5歳から義務教育が始まります。綾花も、来年度のキンダーガーテンは、義務教育です。 9月からは、朝9時から、午後3時半まで学校で過ごす様になります。先日産まれたばかりかと思っていたのに、時の流れは、本当、あっという間ですね。こんな風に、考えさせられる機会があると、毎日毎日を、もっと大切に過ごさなくちゃ!と思います。こんな気持ちを、出来るだけ長く持ち続けられるよう、こうしてブログに書いておきましょう!
 

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。