年度末

 日本の学生さんは、今の時期、五月病も治まり、そろそろ新しい環境に慣れて来た頃ですよね、きっと。個人的には、中間試験の勉強に泣かされていたような気もします。 しかし、アメリカで生活する我が娘にとっては、年度末。夏休み前という事で、なんだか、気もそぞろ、な時期であります。 
 本日は、先生との懇談会があり、トニーと2人で、朝から出かけて参りました。私は、普段から、綾花の教室には、かなり入り浸っている方なのですが、それでも、私の知らない綾花の一面(どころか、2、3面?)を、教えて頂き、感心したり、なるほどと思ったり、へええなんて思ったりもしました。 私にとっては、最も気になるのが、社交性です。普段から、一人遊び、または、その日に気のあった友達と交わっている姿は見るものの、特に誰と、決まった友達がいそうにない感じなので、ちょっと心配していました。が、先生曰く、「学力と同じよう、社交性にも個人差があって、他の子供と同じでなければ、社交性がない、なんて事は、ありません。綾花なりの社交性は、しっかり持っているので安心して下さい。」と言われ、なるほど、と思った次第です。そうですよね、皆が皆、同じなんて、大人の社会だって、あり得ないものね。
 本日の懇談会では、来年度進級する、同じ学校内のキンダーガーテンの内容についても、お話を聞かせて頂いた。綾花には、最近、少しずつ、今後の生活の変化について、話を始めたところだが、昨年、夏休み明けの学校生活に慣れるのに、相当時間のかかっので、夏休みの間、綾花を伴って、学校の掃除なり、事務なり、定期的にお手伝いさせて頂く事をお願いして来た。
 懇談会も終わって、学校終了まで2週間。その間、祭日あり、綾花のお誕生会もありで、慌ただしい日々が続きそうです。日本にいれば、まだまだ1学期の半分、と言った所。私の心に染み付いた季節感とは、相当違う日々であります。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。