トマトの花

tomato0507.jpg

約1ヶ月程前に植え付けたトマトに、花が咲きました。花の後は、勿論、実をつけてくれるはず。 後少ししたら、トマトの収穫が可能です!

ちなみに、私は、トマトを、毎年、種から育てています。といいますか、4年程前に、種から育てたのですが、毎年、食べきれないくらい実をならしてくれるので、半分程は、実らせっぱなしでいた所、翌年には、前年のこぼれ種が発芽して、、、という感じで、ここ3年トマトを育てていました。でも、種から育てると、実がなるのは、8月頃。収穫期を迎える頃には、気温が下がって、実はなったものの、赤くならず終いでした。 そこで、今年は、苗を買って来て、裏のおばちゃんが、「まだ早いんじゃないの?」という頃に、植え付けておきました。この地域では、5月下旬まで霜の可能性があるので、皆、その時期を過ぎたら、トマトなど植え付けるようだ。なので、ある意味、賭けに出ての、トマトの植え付け(大げさな)でしたが、運良く、霜の被害は、ないどころか、ぐんぐん育っております。今年の夏の食卓は、トマト三昧かな?

花の季節

 ガーデナーにとっては、たまらなーい季節がやってきました!! お庭の宿根草類の花が咲期始める季節です!! この季節は、1日に何度も庭に出ては、変化を見るのが楽しみであります。

tamora0507.jpg

庭に植えてから5年程立つ、タモラという、アプリコット色の美しい、イングリッシュローズ。ここ2年程、いまいち花付きが良くありませんでしたが、今年は、6個の健康そうな莟をつけている。そのひとつが、今日、ほころび始めています。このバラの色は、何年みても飽きません。私が死んだときには、この色のバラで棺桶を埋め尽くしてくれと、花屋を経営する義弟に、先オーダーしてあるくらい、この色が好きです!

peony0507.jpg
この時期、半日陰のお庭を明るく沸き立たせてくれるのが、ピオニー(しゃくやく)。ご近所の日向に植えてある物は、もう5日程前から咲き始めているけど、我が家のは、本日やっと咲き始めました。ピオニーは、イングリッシュローズみたいで大好きなのですが、あっという間に、花が散ってしまうのが残念。

我が家のお庭の様子、これからどんどんアップしてゆきまーす。

ほうれん草

spinach.jpg
今日は、少ないながらも、ほうれん草の収穫です。エビガーリック、スパゲテイーに入れて頂きました。味は勿論ながら、調理した後の、色の鮮やかさは、見事な物でした。自然の恵に感謝です。

バーベキュー

memorial07.jpg

今日は、アメリカでは、貴重な祭日、メモリアルデーということで、我が家でも、貴重な休暇を、一家でのんびりと楽しみました。 今週は、なんと言っても、金曜の夜から土曜の夕方まで、一家で一番、落ち着きのない、綾花のいとこが遊びに来ていて、我が家の生活のペースがかなり乱れての週末の幕開けであった。昨日は、只今集中プロジェクトという事で、トニーは、午前中、仕事に行ってきました。なので、今日は、3連休中、唯一、一家でゆっくり休めるチャンスという事で、特に何も予定を入れず、テキトーな1日を過ごす事に!!

ところで、季節が良くなると、アメリカ人は、バーベキューをする人がとても多い。我が家の様に、近所が密集して住むような住宅地では、外に出ると、どこからともなく、バーベキューの匂いが漂って来る。我が家は、もともと余りバーベキューをしない家庭ですが、肉食から魚中心の食事に変えてからは、尚いっそうの事。そんな我が家でも、今日は、今年初のバーベキューを実施した。メニューは、ステーキサラダ、トウモロコシ、ベイクドポテト、グリーンビーンズ、ニンニク焼き飯、そしてスイカ。 ステーキサラダでは、お肉の量を通常の6割程度にしても満足できるので、余り食べ過ぎる事もない。メニューは、ともかく、この季節、外での食事は、かなり心地よい。 久々に大量のお肉を食したので、食後は、やっぱり眠くなった! 余談であるが、お肉の消化は、魚類よりかなり時間がかかるのと、腸が消化している間は、人間は、眠くなるということで、我が家では、魚類を多く取るよう心がけているのだ。(食後眠くならないということは、その分、時間が有効に使えるという事だ。)

さてさて、私同様にお肉を食した、我が家のメンバーは、食後、私程眠気を訴えず、皿洗いを済ました後、公園に出かけてしまった。1時間程して戻ってくると、今度は、嫌がる私と犬を無理矢理車に乗せ、近くの森までハイキングへ。最初は、かなりふてくされていた私ですが、森の空気を吸って、自然に囲まれていたら、「ああ、あのままカウチで眠りほうけなくって良かった」と心から思うのでした。本日は、なんだかとても良い1日でした♡。

落ち着きの無い子供

 子育て中の親であれば、一度くらいは、耳にした事があるだろう「ADD症候群」。日本語では、注意欠陥過多症候群、とかそんな言い方をすると思う。アメリカでは、昨今、学校側で、学校側の勝手な基準(そうでない所もあると思うけど)で、ADDの子供達には、医師から処方される、気持ちを落ち着かせる薬を飲ませないと、登校を認めないという規則を作り、多少ADDっ気があるだけで、この規則を親に押し付けるケースが非常に多いらしい。
 
 確かに、さっと周りを見ても、落ち着きの無い子供と言うのは、結構いる。私自身、本の読み聞かせを、自主的にしている経験もあるのですが、こういう場でも、落ち着きの無い子は、その場を乱しまくる。そんな状況が、学校で起これば、先生方も勉強を教えるどころでは、なくなり、薬の処方を押し付けるのも、多少納得せざるを得ない。しかし、こういう子供を、ひとくくりにADDといってしまうのには、かなり問題があると思う。ADDと診断された親の中には、なんとか家で解決しようと考慮する人も入れば、「うちの子は、ADDなので、おおめに見て下さい」と、問題を放置するだけの親もかなり多いからだ。こうなれば、もう世の中は、悪循環になっていくばかりである。

 さて、さて、なんで私がこんなに、ADDについて考えているかというと、綾花のいとこの女の子が、かなり落ち着きが無く、来年から公立の小学校に通うものの、ADDと診断されてもおかしくないからだ。まあ、人の家の子供なので、放っておいてもいいのだけれど、ついつい色々観察して、考えてしまう。
 彼女の場合は、ADDというよりは、むしろ落ち着きが全くない子供に思う。もうすぐ7歳になるのに、遊んだものの方付けが出来ない、食卓でコップの水を何度もこぼす、カステラなど与えれば、食べながら歩きまわり、半分は、こぼしている、等など例を挙げればきりがない。この落ち着きの無さは、いったいどこから来るのだろう。ここ数ヶ月、私なりに色々要因を探ってみた。 まず、彼女の家では、規則というものを全く作っていない。学校も、ホームスクールを行なっているので、夜は、好きなだけ起きていて、1日は、午前10時ごろ、シリアルを食べて始まる。一時、週1度、彼女に日本語を教えていた時も、レッスン開始時刻10時に行くと、起きたてで、シリアルを食べている様な有様だった。 
 
 これまでに、私の読んだ幼児心理学や子育て系の本では、すべての本が、家庭での規則正しい生活の重要性を訴えている。ようは、家庭での規則は、社会の規則を守るための練習なのだ。そして、なぜ規則が大切なのか? それは、子供に安心感を与えるためだという。 例えば、絵を描くとき、「紙の上ならいいけど、床にまで描いてしまうのはいけない」という規則を与えることによって、子供達は、与えられた紙の中で、のびのびと自分の描きたい絵を描ける。それが、規則も教えられず、紙だけを渡され「さあ、お絵描きしなさい」といわれ、紙の外にまで描いてしまった結果、「なんで、床にまで描くの!」と怒られても、なぜ怒られたのか、分からない。子供には、床の上と紙の上に描く事の違いがなんなのか、まだ分かっていないからだ。その結果、絵を描いていても、規則を与えられなかった子供は、また怒られるのでは、ないか? とびくびくしてしまい、落ち着いてお絵描きする事ができなくなる。こういった規則を与えられる=自由を与えられることなのだ。そして、一見自由と考えられる、なんの規則も与えられない状況は、実は、放任というものなのだ。 
 私が思うところ、この自由と放任の区別がつかない大人が、結構いる。「子供は、自由に延び延びと」育てたつもりが、実は、全くの放任で、その結果、子供は、落ち着きが無く、何か失敗する度に怒られてばかりということになる。子供にとっては、意味の分からない説教への不快感が蓄積され、それが限界になると、反抗という形で爆発してしまう。

 長々と書いてしまいましたが、落ち着きの無い綾花のいとこには、家庭での規則正しい生活が不足しているのでは、ないかというのが、要因の様に思える。 しかし、要因が分かった所で、解決するのは、もっと難しい。なんと言っても親自体が、規則正しい生活をしていないからだ。私には、そこまで訴える権利は無いので、せめて、家に来たときだけは、家の規則を守らせるようにして行きたいと思っている。 

サラダ、いただきました!

SALADAG.jpg

 先月の終わり頃に巻いた、コンテナのサラダガーデンが、見事に収穫の時期を迎えました。
分かりにくいかもしれませんが、手前から、30日大根(こちらは、まだ収穫不可)、レタスガーデン、水菜ガーデンです。今日は、レタスガーデンと水菜ガーデンからの収穫を、夕食時に楽しみました。とれたて、無農薬のサラダ、美味しかったです。これからの季節は、庭で収穫した野菜が食べられるので、経済的にも、健康的にも嬉しいですね。

panera

 おそらく、アメリカの大抵の都市には、”panera”というパン屋さんがあると思う。 ペイストリー、ブレッド、ベーグルの他、スープやサラダランチなど、店内のカフェでも食する事が出来る所だ。
 昨日、先生との懇談会の後、綾花と買い物に出かけた。途中、お腹がすいたので、通りかかったpaneraに立ち寄る事に決定。 
「綾花、パネラで何か食べようか?」

「Are we going to Panela?」

「うん、ほらもう着いたよ」

(綾花:お店の看板を見て)「Ah〜. You mean Panera!  I was wondering what is panela.」 

その後、私、しばし無言。。。。。。。

4歳といえども、やはり、ネイテイヴの耳というのは、鋭い! 私は、paneraを パネラと Lの発音で言っていたので、綾花には、全く聞いた事のない言葉だったのだ。しかし、これを、パネルア(ルアを巻き舌で、早く言う)というと、paneraになるのだ。トニーは、文章の前後、そのときの状況から判断して、私が、Lの発音を言わんとしているのか、Rの発音を言わんとしているのか、判断してくれるけど、子供ってきびしー! 昨年は、BとVを結構指摘されましたが、これから文法など、どんどん指摘されるんだろうな。まあ、無料の家庭教師みたいで、ある意味、特な話だけど。
  

前へ 過去の投稿