日本の思い出、7:再会

 今回の日本滞在に於いては、国内を旅行することは、一切なく、ずっと甲府の実家にいた。そこで、私の実家を訪れてくれる方とのみ、会えるという条件にも関わらず、かなり多くの友人が、わざわざ会いに来てくれた。
 それにしても、私の歳を考えれば当然だけど、皆、子連れでの再会でした。うち、高校時代の友人は、実に7年ぶり、しかも子供達は、始めての顔合わせ、という事で、なかなかエキサイテイングな時間を過ごしました。綾花も、始めて会う子供達でも、すぐにとけ込んで仲良く遊んでいました。それにしても、高校時代の友人たちって、久々にあっても、ちっとも変わっていないのに、皆、親になっていて、笑っちゃいます。(って、一番笑われているのは、私かも)
 そうそう、今回の再会で、最も劇的だったのは、中学時代の友人Tちゃんかな。彼女とは、なんと20年ぶりの再会です。(中学卒業以来と言ったら、歳がばれますねえ) ところで、何が劇的かって? それは、Tちゃんは、一昨年まで、連絡も取り合っていなかった友人だったんです。が、たまたま、日本に来たときに、綾花と参加した「母と子のサークル」でTちゃんの幼なじみといっしょになって、Tちゃんの近況と連絡先を聞いたのがきっかけで、また連絡を取り合う様になりました。彼女は、1997年単身でカナダのグリーンカードを取得して、カナダに渡った勇敢な女性です。(1997年と言えば、私がアメリカに渡った年でもあります。)カナダといっても、彼女は、西海岸側に住んでいるので、なかなか会える機会がなかったのですが、今回、日本行きが彼女と重なった為、再会する事が出来た訳です。Tちゃんには、1歳半になる男の子がいて、子供の2カ国語教育については、結構、熱く語ってしまいました。今度は、北アメリカ大陸で、再会したいものです。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。