日本の思い出、5:自動販売機

%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E6%A9%9F.jpg

高校時代、日本に留学していたトニーは、「日本の素晴らしいもののひとつは、どこにでもある自動販売機だ」と言う程、自動販売機がお気に入りらしい。確かに、どこでも見かける。トニーは、以前、日本に来た時、綾花と2人で散歩に出かけるたびに、私には、内緒で 自動販売機でジュースを買って飲んでいたので、綾花は、自動販売機の事を、良ーく知っている。今回も、私と散歩に出かけるたびに、喉が渇いた、喉が渇いたと、自動販売機を通り過ぎるたびに訴える。毎回というわけではないが、今回も、何度か買わせてあげた。

ところで、綾花は、当初、自動販売機の事を「ジドウハンバイコウ」と、まるで、「マイコウ(富岡)」(古すぎ?)の様な呼び方をしていた。そこで、「自動販売機だよ」と何度も教えたものの、むきになって「ジドウハンバイコウ」と言い続けていた。が、滞在中に何度か参加した幼稚園で、お友達が「自動販売機」と言っているのを聞いて、自然に直っていた。やはり、友達の影響って大きいんだなあ。とこんな事で、感心してしまいました。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。