日本体験

 日本に来て、6日目。 まだまだ時差ぼけが続いて、超早寝、早起きの生活実践中ということで、綾花は、まだ学校に行っていません。 学校といっても、近所の大学付属幼稚園が実施している、子育て支援保育という、幼稚園終了後、午後3時から6時まで預かってもらえるものです。 ここの施設は、なかなかユニークな内容のことをしていて、とても興味深いです。大学付属ということで、曜日別で、クラッシック音楽、大学教授、アメリカ人、中国人などの先生が入れ替わりで来て、子供たちに、専門のことをお話してくれるようです。
  
 今日は、参加しないまでも、この学校に挨拶に行ってきました。そして、春休み期間中の、特別支援保育の申し込み用紙をいただいてきました。 この時期は、幼稚園も春休みに入るので、来週からは、1日預かり保育があるのですが、予め、いつ参加するか伝えておく必要があるとの事。 通常の子育て支援保育は、午後3時からなので、この1日預かり保育は、私には、とても都合の良いものです。 綾花にとっても、よい経験となってくれるといいのですが。

 さて、今日、学校に挨拶に行った際、そこの幼稚園の子供たちが、園庭で遊んでいる姿をみて、「あれなに?あれなに?」って興味津々。 綾花の興味をそそったのは、マスクをしている子供だった。 「あれは、マスクといって、風邪を引いた子供がつけるもの」と説明をすると、早速、わざとらしい「ごほごほ」が始まった。 「綾花も風邪を引いたみたいだから、マスク買って」。 ということで、早速100円ショップに出かけ、マスクを買いました。そして、今日一日、マスクをして過ごしました。 ちゃんちゃん。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。