矯正報告

 今日は、いつもより早めだけど、矯正に行ってきました。それは、来週には、日本へ行ってしまうので、今日行かないと、2ヶ月以上も放っておくことになるからです。 
 今回は、先生の期待通りの動きがなかったらしく、先生は、「これは、ブラケットの角度を変えなければ」と捕手の人と、何やら話し込んでいる。そんなあ、ブラケットの装着をやり直すなんて、また、2時間ぐらい、口を開けたままの状態にされるのか?と焦っておりましたら、合計2個のみの変更だという事で、結局の所は、口を開けたままの状態は、20分程度でした。しかーし! 先生も、捕手の方も皆、レイテックスの手袋をはめての作業で、この手袋の周りについている粉が、私の顔の油分をどんどん吸収する!結果、肌が、かさかさ。歯医者さんを出る頃には、口の周りが、おばあさんおようにしわしわでした。(悲しすぎるぜ)
 そして、歯医者さんを出る頃に、もう一つ大変な出来事が。(っていつもの事だけど) 今回、特に強く締め付けられたワイヤーと、ブラケットの角度変更のためなのか、上下の歯が、ぐらぐらしているのが、既に感じられる。そして、急激な早さで、鈍い痛みが、歯茎からこめかみ、そしておでこの上まですすんで行く。今回は、これまでで、一番辛いかも。あ、あ、しばらく、お粥と寒天生活の再開だな。こうなると、皆の夕食、作りたくなくなっちゃうのよね。