怪しいおまけ

%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%95%E3%82%99%E3%81%97.jpg
 
 今日は、朝からちょっとした用事で、クリーブランドまで出かけたついでに、アジアの食材店によって、トニー用のインスタント食品を買ってきました。(もうすぐ、私と綾花は、日本に行きまーす。ふふふ) そのお店は、中国語を話す店員さんばかりで、食材も、日本のものは、全体の比率からすると、かなり低いです。でも値段が安いし、他に買う所もないので、結構重宝しています。さて、いつもに比べたら、かなり少量の買い物をすまし、支払いのためのクレジットカードを用意しているすきに、レジの女性が、目にも留まらぬ早業を装った感じで(なんでしょうね?)、怪しい物を、私の買い物袋の中にいれたのを目撃。
「ちょっと、それ買ってないのよ、なんで、入れたの?」と聞いたら、「これ、甘くて酸っぱいフルーツののスナック。体にいいのよ」って、それは、おまけってこと? 一応、レシートを確認してみても、この怪しい品物は、カウントされていなかったので、「ありがとうね」と一言。私が、インスタント食品ばかり買ったので、健康に気を使ってくれたのか?

 しかし、この「山梅片」っていったい? 家に帰って、トニーに見せたら、「あーここに、日本語が書いてありますよ。読めないんですか?」(日本人と分かっていて、結婚したんだろうが!) 「読めるものなら、とっくに読んでいるよ」。というもの、実に怪しい日本語で、理解不可能。ちょっと、その日本語らしき文体を書いてみますと、「楽しじねぺ好の滋味すだぜへ?現有人享受すふ」(?部分は、検索できない漢字です) 私の推測では、何か漢文を無理矢理日本語にしたような感じがしないでもありませんが、なんなんでしょう?
 ところでこの謎の、健康な果物、それは、サンザシというものだそうです。英語で書かれていたHaw Pieceという言葉をたよりに、トニーが、ウキペデイアで調べてくれた所、Haw thorn(さんざし)という、バラ科の草木で、それにつく小さな実は、アメリカや中国、日本でも健康食品として使われているということです。(知りませんでした) そして、メキシコでは、クリスマス時期のお祝いで、ピニャータの中に、このフルーツで作ったキャンデイをいれるんだとか。
 健康な食べ物、ということは、分かったけど、なぜおまけでくれたのか、不明なので、なんだか怪しくて食べられません。と、思っていた所、近くに住む私の友人のブログにも、全く同じ話題が! なんだ、インスタント食品だけを買った、私の健康を気遣ってくれていた訳でもなく、なんかのキャンペーンなのか? まあ、試食は、友人の感想を聞いてから、ということにしよう。