書き初め

%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%9D%E3%82%99%E3%82%8107.jpg

約2週間のクリスマス休暇も終わり、昨日から、綾花の学校が始まりました。今回も、綾花は、学校に行くのを嫌がりましたが、昨年の夏程ではなく、学校側でも、ほとんど問題ないと言ってくれているので、安心です。

意思が硬く、頑固者の綾花は、私が学校を去ると、教室の入り口に座り込んで、「今日は、ここにずっといる」と宣言したそうですが、10分もすると、学校のワーク(モンテソーリでは、勉強のことをワークと呼びます)に取り組んでいたそうです。そこで取り組んだのが、英語の文章。まあ、アメリカ風(綾花風)書き初めですね。内容は、というと
Momy has a pupy(puppy). He does not like baths(bath). He likes t (to) choo (chew) on my toys.
お母さんは、犬を飼っています。 彼は、お風呂が嫌いです。 彼は、私のおもちゃを噛むのが好きです。

全くをもって、その通り。 先日、綾花と一緒にブレイデイをお風呂に入れたのですが、お風呂の中で大暴れ。それに、綾花のおもちゃも、数えきれない程、ブレイデイに噛まれたことか。観察力に満ちた書き初めの内容に、感動です。

広告