流れ星

 今夜、綾花のお風呂が終わって、髪の毛をとかしていたら、「おかあさん、今日は、流れ星が沢山見えるんだよ」と、綾花に教えられました。昼間、トニーが、インターネットでニュースを読んでいた時に、何を読んでいるのか、根掘り葉掘り聞いていた時にゲットした情報らしい。さて、その情報が、本当であるのか、寝ているトニーを叩き起こし聞いてみたら、なんとかという流星群が来ていて、ここ1週間がピークだという。しかも、今夜の10時ごろには、1時間に50個程流れるという。それでは、早速、見なければ。
 
 綾花と私は、早速、ピクニック用の椅子を前庭に運び、空を眺めてみた。「流れ星を見るのには、辛抱して、一カ所を見続けるのがコツだよ」と綾花に教えた張本人の私の方が、そわそわ、きょろきょろ。一つ目は、綾花のみ見ることが出来ました。そして、綾花に「お母さん、お目目を動かしたらだめ」と逆にアドバイスを頂きました。結局、1時間程粘って、綾花は、3つ、私は、1つ見ることが出来ました。残念だったのは、月明かりが非常に強くって、流れ星も、なんだかぼやけていました。綾花は、流れ星が低い所に飛んで来たら、捕まえると張り切っていたので、とても捕まえられそうにない事に気がついて、駄々をこねるかと、ちょっと心配していましたが、切り替えがなかなか早く、1つ目の流れ星を見て、捕まえられないと分かったら、今度は、願い事を言ってました。彼女の場合、流れている間にお願いする、という概念がないので、流星の後、5分程、願い事の話を淡々と語っておりました。まあ、そんな話を聞いていれば、一向に流れない流れ星を探すのも、なかなか楽しいものです。

 結局、最後は、「私は、3つ見たけど、お母さんも1つ見れたから、まあ、公平だという事で、もうお家に入ろう!」と綾花に説得され、流れ星ヲっチングは、終了いたしました。なんと言うか、余りにも冷静で大人びていて、怖いです、我が娘。

注:この文章中の会話は、すべて英語でしたが、日本語に訳して紹介しております。

家族の肖像

threeofus.jpg

 今日は、トニーの弟の結婚式で、皆おめかししましたので、たまには、こんな写真もいいかと思い、載せてみました。写真を撮られるたびに、「口元、もっと自然に〜」なんて言われてばかりいたものの、なぜ?って感じでしたが、こうしてみると、やはり私の口元、不自然ですよね。
 綾花のドレスは、4日間程かけて、私がぬってみました。高価な、シルクシャンタンの布地を使うのは、はじめてでしたが、切った所から、どんどん糸が解けるので、縫い代の始末には、苦労しましたが、案外縫いやすかったです。こんな上等な布地を使ってしまったので、皆の注目を浴びてしまい、ちょっと恥ずかしいやら。でも、「これだったら、$200位で買うよ〜」といわれたりして、ちょっと商売気も出てしまいました。
 って、弟の結婚式なのに、自分たちのことばかりな失礼な私。弟が、日本語読めなくてよかった。

矯正1週間報告

 歯にブラケットを装着して1週間が経ちました。覚悟していた、頭痛は、思った程は、なく、頭痛薬も使いませんでした。装着後2、3日して上下の前歯がぐらついているのが、舌で触れただけで分かりましたが、歯と歯の間に隙間ができ、やはり、歯が動いたんだなあ、と実感。今でも、前歯数本は、ものを食べるときに痛みます。
 食生活は、お粥、リゾットを中心に食べています。お米は、噛むと、直にブラケットをつなぐワイヤーに詰まって、それが気になり、落ち着いて食べられません。他にも、麺類も、ワイヤーに引っかかるので、人前で食べる勇気は、ありません。そうそう、おやつは、ほとんど食べられないのですが、寒天で作ったゼリーを、時々食べています。あと、せっかくお庭になったキュウリも、噛めマシェーン(涙)。

 歯磨きに関しては、毎食後欠かさずしていますが、これが大変。まずは、普通の歯ブラシで磨いた後、ようじと、フロスで、歯間の汚れを取って、さらにプラクトという、先の尖ったブラシで、歯間のブラッシング、そして、普通の歯ブラシに歯磨き粉をつけて1本、1本念入りに磨く、といった感じです。矯正中は、虫歯になりやすいときくので、用心に越した事はありませんが、これは、なかなか大変な作業です。今、ウヲーター、ピックという、水圧で歯の汚れをとるものの購入を検討中です。

 それにしても、私が矯正を始めて以来、綾花は、矯正をしている人を見つけるのが上手になりました。綾花に、「お母さん、あの人も、ロボット、テイースだったよ」と言われる度に、矯正している人って、案外いるんだなあ、と実感。まあ、そのほとんどが、10代の子供達なのですが。

とうふこぞう

toufukozou.jpg
にほんの妖怪が色々登場する、「とうふこぞう」。ふでこぞう、ひとつめこぞう、かっぱこぞう、ちょうちんこぞう………ときて、さいごに てんじくのこぞうがきて おちとなります。 まだ、おちまでは、理解できないものの、綾花は、この本に登場する、色んな容姿のお化けには、大変興味があるようです。そういえば、去年、なみこちゃんが遊びに来た時(2005年9月、10月に日記があります)、彼女も、この本に見入っていました。

子育てっていうものは、……………….

 最近、綾花に赤ちゃんがえりっぽい症状が出て来ている。夏のアクテイビテイとして申し込んだ、バレエもジムも 教室に入って5分程すると、泣きながら戻ってくる。そしてそれ以上は、続けられない状態になってしまう。これまでは、楽しんで参加していたのに。おまけに、もうすぐ始まる学校で、新しいクラスに進級する事にも、既に大きな不安を持っている様子。学校の話になると、「新しいクラスには、知らない子たちばかりでいやだ」とか、よく口に出している。
 
 もともと綾花は、新しい環境に馴染むのが苦手な子供で、なかなかお友達の輪の中に入っていけない。私自身、そんな子供では、なかったので、こういう姿を見ていると、イライラして仕方なくなる。それが、私のストレスとなって、綾花にますますプレッシャーを与える、すると、綾花も余計に不安になる、という悪循環に陥ってしまう。それが、まさしく今の状況だ。それと反対に、トニーは、割と人見知りで、なかなか人を信用しない面があり、綾花の気持が非常に理解出来ている。こういう時は、まず不安を取り除いてやらなければ、綾花も、一歩前に出る勇気が持てなくなるという、彼のいい分は、頭では、理解出来るけど、なかなか行動に移せないのが、私の辛い所。今、私自身、このいらだちの対処の方法を手探りで探っている状態だ。
 
 思えば、今年に入って以来、綾花の遊ぶ環境は、大きく変化してきた。幼い頃から仲良くしていた友人が、どんどんいなくなり、今では、遊ぶお友達と言えば、公園や図書館で単発的に会ったお友達ばかり。しかも、30分とかその程度のこと。最近、暇さえあれば、イマジネーションフレンド(想像上の友達)としきりに会話しているのも、もっとじっくりおつきあいしたい友達を求めているからなのかな? ちなみに、最近お気に入りの、フリジア(またに、リジアになったりもする)という友達は、我が家へのお泊まり8日目に入っている。

 子育てというものは、親育てでもあるものだと実感。特に私は、もともと子供っぽい面があるので、余計に成長しなければいけないような気がする。この夏は、私たち母娘にとって、大きな成長のチャンスかも知れない。これまで歩いて来た道を、少し戻ってみる事にしてみよう。

人生最後のチャンス

 歯科矯正の、ブラケットを歯に装着して3日。舌で歯の裏側から押してみると、歯がぐらぐらして来ているのが、分かる。それに、歯と歯の隙間も見えてき始めている。この状態では、ご飯を食べても、相当痛む。よって今日も3食お粥でした。おまけに、お友達の家に行って、ケーキなど出されても食べられない。しかも、痛い歯の事と、食べた後の歯磨きの事を思うと、食べる気もしない。これって、もしかして、ダイエットのチャンス?これから2年間、間食しないでいたら、どんな事になるだろう? これは、人生最後のチャンスだ! 2年後には、歯並びもきれいになって、スリムな自分があると思うと、やりがいもある! よっしゃ、。矯正、万歳!!

矯正2日目

 ブラケット装着後、初の朝を迎える。(なんだか、ドラマテイックな言い方ですね)覚悟していた程の頭痛は、ないものの、体が非常にだるいです。それは、多分、空腹だから? ブラケットに食べ物が詰まってしまうのを恐れて、夕べは、お粥を食べました。今日の午後になる頃には、上下の前歯に、鈍い痛みが感じられ始められ、歯ブラシで磨いただけでも、かなり痛いっす。よって、私の食生活は、おかゆに頼らざるを得ない状態となりそうです。さっそく、しまい込んでいた、離乳食のレシピの本を出して来て、これからの私の食生活について考える事に。(こんな状態でも、やはり食べる事だけには、情熱を注いでしまう、愚か者の私です。)
 
 ところで、歯科矯正に関するサイトを、色々読んでいますが、日本でも、大人の歯科矯正というのは、余りまずらしくないようですね。しかも、裏側にブラケットを装着する方法や、透明のブラケットなどもあって、矯正していても、余り人目に触れなかったり出来るみたいですね。私も、もっと色々下調べすれば、そういうハイテクなものを使える医師を見つけられたかも、とちょっと後悔。でも、きっと、ケチな私の事だから、色んなオプションがあったとしても、一番安い、スタンダードな物を選んだだろうな。

前へ 過去の投稿 次へ 新しい投稿