ラナンキュラス

ranuncuras1.jpg
今月初めに植えた、ラナンキュラスの芽が出て来た。上手くいけば、夏には、きれいな花を沢山つけてくれるはず。ちなみに、この花は、綾花が花屋さんで選んだものです。

指が5本

指.jpg
先週は、綾花の春休みだったので、毎日、綾花に違った遊びを提供して、なんとか時間をつぶした。

絵の具のペイントは、2歳半頃楽しんだ遊びだったけど、春の大掃除で、しまい込んだ絵の具を見つけたので、先週、久々に遊んだ。綾花を妊娠する前は、一応、美術学生の端くれだった私は、赤、青、黄色の三色で、何色をも(白、黒以外)作る勉強をしたので、綾花に買い与えた絵の具もこの3色のみ。これで、緑、橙色、紫を作るのは、綾花もしっかり学んでいる。

さて、久々に絵の具で遊んだ綾花は、昔の様に、しばらくの間は、色を混ぜて何色が出来るのか、実験活動のような事をしていた。がそのうち、木や花、人など描き始めた。とっても驚いたのが、人の手に指が5本描けていることだ。最近は、こういう、絵を滅多に描かなかったので、全然知らなかったけど、指が5本かけるというのは、大人にとっては、普通の事でも、この年頃の子供には、大きな進歩である。
毎日一緒にいても、子供の精神的な成長というのは、見逃し勝ちなものなんだなあ。

魚釣り

魚.jpg

綾花のいとこの男の子たちに誘われて、魚釣りへ出かけた。はじめての事なので、釣り竿を、wal-martで新調し、はりきって出かけたら、いきなり、大きな魚がつれました。綾花には、重すぎて、引き上げるのに、私もちょっと手伝いました。
私も、滅多に魚釣りは、しないけど、いきなりつれたので、とっても興奮してしまいました。でも、私たちの出かけた池は、子供しか釣っては行けない決まりなので、がまん、がまん。

アクロン動物園

ポニー.jpg
このところ、暖かな気温も安定状態で、余程の事がない限り、外で遊べない、という事もなくなった。
今週、綾花の学校は、春休み。1日3時間と言えども、学校に通っていると、それなりに私の時間も持てていたので、この春休みは、やはりきついものがある。なので、この春休みも、毎日、わずかだけど、予定を入れては、出来る限り外で遊ばせるよう、心がけている。

今日のアクテイヴィテイーは、ましろちゃんとアクロン動物園へ。昨年の今頃、ポニー乗りに自ら挑戦して、私とトニーを驚かせた綾花は、今日もポニー乗りを楽しみにしていたけ。しかし、ポニーは、トラックを歩いていただけで、まだポニー乗りのサービスは、始まっていなかった。残念。まあ、また次ぎにくるときに楽しみにしておこう。ところで、この動物園は、山の斜面にあるので、園内全体が激しい斜面となっている。それでも、子供達は、元気に走って駆け回っていた。やはり、子供は、外で遊ばせるのが何より。夜もぐっすり眠ってくれた。(綾花より、私の方が早く眠ってしまったけど。)

エッグハンテイング

綾花にとっては、もうかなり前から待ち望んでいた、この日。イースターの朝の、エッグハンテイングは、綾花のお気に入りのイベント。
昨晩は、興奮しすぎて「ウサギさん、綾花の卵、隠してくれたかなあ?」と1時頃目を覚ました。その後、30分程おしゃべりしていたのにも関わらず、今朝は、7時には、目を覚ました。
夕べ、綾花の寝るのを待って、3時に卵の準備をした私には、7時起きの娘につきあうのは無理の話。トニー曰く、綾花は、卵が目の前に見えているにも関わらず、「どこかなどこかな?」と分からない振りをして、卵探しを楽しんでいたそうだ。

ところで、今日の午後、家族とイースターパーテイーであったとき、子供達は、それぞれイースターバスケットを持って来て見せ合っていたけど、バスケットの中に、いろんなおもちゃのプレゼントがあった。これは、普通の事なのかな? 他のいとことの遊びに夢中になっていた綾花は、おもちゃの事には、気づかずにいてくれたので、良かったけど。

easter06.jpg

春です

spring06.jpg

今日は、暖かなよいお天気だったので、家族でお庭の大掃除をしました。芝の上に落ちている、木の枝や落ち葉を拾ったあとは、今年初の芝刈り。 綾花も、庭の至る所を見て回り、隅で咲いていたムスカリを発見。食いしん坊の綾花は、「これ、ぶどうなの?食べられる?」 たしかに、ムスカリは、別名「グレープヒヤシンス」とも呼ばれるんですよね。

The Grass Is Always Greener on the Other Side of the Fence

「隣の芝は、あおい」。日本でもよく使われる表現ですね。でも、昔私は、この表現を忘れて、「隣の家のみそ汁は、具が多い」とか言って、笑いのネタにされた覚えがあります。
さて、一昨日、庭の掃除をしていたら、裏隣のおばあさんが家の中から出て来て、今シーズン初の顔合わせとなった。そして一言。「お宅の芝は、青々としていていいわねえ、家のは、なんだか枯れているみたい」。家の状況が分からないから、そんな事が言えるんでしょうね。我が家の芝は、半分が雑草に覆われていて、手の付けようがなくなっているというのに。まさしく、これです。The Grass Is Always Greener on the Other Side of the Fence.

前へ 過去の投稿