本日もまた……….

海辺.jpg

今日も朝から、ビーチです。昨日、乗った、足こぎボートが、綾花には、とても気に入ってしまったようで、今日もまた、私は、「あっち」「こっち」と綾花の言うがまま、ひたすら、ペタルを踏み続けたのでした。

ところで、グアムのビーチは、砂が結構荒く、ちょっと掘ると、珊瑚のかけらが、いっぱいでてくる。これらの珊瑚が、細かく砕かれて砂になっているんだなあ、と、砂浜の構造をする事も出来る。一応、綾花に説明してあげたけど、ナマコとダンゴムシの区別がつかないくらいだから、分かっていないんだろうな。

午後からは、タクシーでフィッシュアイに連れて行ってもらった。フィッシュアイは、珊瑚礁の海中に建物を沈め、その窓から、海の中の珊瑚礁を見るという趣旨の水族館。初心者向けダイビングのサービスも行なっていて、窓から海中を眺めていると、定期的にダイバーたちがやってくる。余裕のあるひとは、水族館内にいる私たちに向かって、手を振ってくれたりするので、この水族館にいる子供達は、魚よりも、ダイバーの出現に興味を示していた。それにしても、魚を眺めているのは、全く飽きない。私は、1日中、水族館にいられる自信がある。さて、タクシーの運転手さんを待たせて、1時間近くも水族館内にいたので、運転手さんは、水族館の入館口で、かなりそわそわしていた。よくよく考えれば、この待ち時間も、料金に加算されているのだった。結局、当初$70と言われていた料金が、メーターでは、$95になっていた。運転手さんは、申し訳なさそうに$80だけ請求して来た。さすが、アジア系(韓国からの移民でした)の運転手さん。でも、なんだか悪かったので、チップ込みで$100を払ったら、「こんなのもらい過ぎで、困ります」と言って、おつりを返してくれた。本当にそれで良かったのだろうか?

さて、グアムに来てから、綾花は、毎日夕方5時には、寝てしまう。なので、私たちの夕食、必然的に、コンビニで買って来たものを、お部屋で頂くことになってしまう。昨日までは、ホテル隣接のコンビニで、夕食を調達して来たけど、今日は、ホテルから5分程歩いた所にある、「コンビニ大阪」というお店で買った。お店のおばちゃんの主張する様に、おにぎりの味は、他のコンビにのものとは、格段の差であった。私の母曰く、2日前にABCストアーでかったのと同じ、お土産のチョコも、こちらの方が、断然安いといって、さらに10箱買っていた。(誰が、運ぶの?) ところで、ここのおばちゃん、韓国人だそうだが(旦那様は、日本人)日本語がとても上手、でもぶっきらぼうなんです。まあ、アメリカに長く住んでいる私には、この対応振りは、十分に理解出来る。でも、でも、綾花を見て、『ねえ、この子、あいの子?」と言ったのには、驚いた。確かに、グアムの至る所で、現地のひとに、「わあー、ミックすよね、絶対、日本人じゃないでしょ?」なんて言う事は、言われまくったけど、「あいの子」というのには、驚いた。でも、一昔前は、日本でも使われていたんだろうな、こんな言葉。グアムにて、日本の昔について、思う私でした。