レイクエフェクトスノー

snow.JPG
 先週まで、外遊びできていた天気が一変。ここオハイオ北西部の冬が戻って来ました。この地域の降雪は、オハイオ北部に位置する、エリー湖(五大湖の一つ)に大きく影響される。エリー湖から蒸発した水分が、冷たい空気にさらされて雪が降る。これをレイクエフェクトと呼ぶ。通常だったら、このレイクエフェクトスノーは、11月12月でおしまいとなる。それ以降は、湖が凍ってしまうので、水分が蒸発しなくなるのだ。そのかわり、湖の氷にさらされて、空気が一気に冷やされる。しかし、今年は、例年にない暖冬のため、エリー湖は、まだまだ凍っていないので、2月になった今でも、レイクエフェクトスノー現象が起こっている。しかし、今日の雪は、すごかった。本日、友人宅から帰宅する際、余りの大雪+高速道路のコンデイションの悪さ+乗り馴れていない新車という条件が重なって、高速道路を、40マイル程度で走って帰って来た。いやあ、今年は、暖冬にすっかり慣れていましたが、ここは、雪が多く厳しい寒さの地域だって事を、改めて思い起こされました。
 ところで、私の新車のバックウインドウのワイパーって、どうやって動かすの?