アロハ〜!5(最終日)

 楽しいバカンスも今日でおしまい。といっても、フライトは、午後7時半なので、今日も結構遊べるのだ。8時頃起きて、サンドイッチやバナナを、ビーチ沿いのベンチに腰掛け食べていると、綾花は、海に入りたくてたまらないようだ。チェックアウトが12時という事もあるので、ひと泳ぎする事に。綾花とトニーがビーチで待っていて、私は、部屋に綾花の着替えを取りにいく事に。この間、ほんの数分なのに、綾花は、既にびしょぬれになっていた。
 私たちの遊んだビーチは、波よけの堤防があったので、ほとんど波がなく、しかもなかなかの遠浅なので、綾花も一人でよく遊んだ。でも、長時間水につかりすぎて、体が冷えてくるとタオルにくるまって、ミイラのように横になって、近くにいたお年寄り達に笑いをもたらしていた。ある程度体が温まると、こんどは、砂遊び。砂でつくった湖に、海の水を入れては、それを壊しての繰り返し。オハイオから持って来た、小さなバケツも大活躍でした。

aloha9.jpg

 さて、ハワイ旅行というと、日本では、買い物の代名詞みたいなものだけど、多くのアメリカ人にとっては、第二次世界大戦に攻撃された戦地を訪れるのが大きな目的となる。実際、真珠湾を訪れてみると、観光バスでやって来ているのは、ほとんどがアメリカ人。日本人観光客をよく見かける、ワイキキのショッピング街と同じ島にいる事が不思議に思えてしまう。 日本人の私としては、ここを訪れるのには、非常に違和感があったが、歴史好きなトニーの情熱を無視するのもかわいそうだったので、OKした。が、決め手となったのは、トニーのおばさんのお父さんが、ここ真珠湾に展示されている、戦争当時活躍したボウフィンという潜水艦の無線技師だったのだが、、私たちがハワイに行く事を知った叔母に、彼女の父親が座っていた椅子を写真に収めて来て欲しいという願いを託されたのだ。
 潜水艦内は、子供の立ち入りは禁止されたため、トニー一人で、カメラを抱えて行って来た。潜水艦内で、トニーが無線室を探していると、係員に「なんで無線室に興味があるの?」と聞かれたので、ここに来た理由を話すと、いきなりヴィップ対応になってしまったそうだ。「この方のおじさんは、国に尽くされた方だ!そこをどいてどいて」と係員が、トニーを無線室まで案内して、立ち入り禁止の部屋にも関わらず、部屋に入って、おじさんが座っていた椅子に座らせてもらい、写真まで撮ってくれた。その写真をインターネットに載せて、この係員がトラブルになるもの悪いので、ここでは、控えることにする。それにしても、トニーは、なんだか気恥ずかしかった、と言っていた。そうでしょうね、本人は、軍隊とは一切無縁なんだから。

aloha10.jpg

 真珠湾の後には、島の西にある、「エワビーチ」までドライブして、空港に向かった。朝から遊びほうけた綾花は、もうかなり疲れているようで、相当ぐずったけど、飛行機にのって1時間以内には、熟睡。その後、別の飛行機に乗り換える間も寝ていて、やっと起きたのは、ヒューストンークリーブランドの飛行機内で、綾花の足下にいた犬に、足をなめられた時だった。しかし、それも5分程度で、また熟睡。家に着いても、4時間程寝ていました。そして、目が覚めると、「お母さん、ハワイに行こうよ」と一言。また、いきたいねえ、と3人で顔見合わせました。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。